【自己理解事例:高畑様】ネガティブな自分を肯定して、生き方を変えることができた

自分の弱みを強みとして活かすことができるようになった ジコリカイ卒業生の声

お知らせ:本が売れています

「自己理解メソッド」が本になりました。
世界累計9万9500部突破!
Amazonレビューも300件を超えています。

やりたいこと探しを終わらせて夢中な人生を作り出す。そのための3ヶ月10STEPの自己理解プログラム。今回は、自己理解プログラムを受講し、やりたいことを見つけ出した高畑さんと、担当コンサルタントの八木に、受講のきっかけや受講中の取り組み、受講後の変化などについて伺いました。

 

仕事を変えても、生き方は変わらなかった

仕事を変えても、生き方は変わらなかった

八木

まずは、自己紹介をお願いします。

高畑さん

高畑と申します。今年29歳になります。

システムエンジニアから貿易事務へ転職して3年目です。

 

八木

自己理解プログラムを受講される前はどういう悩みがあったのでしょうか?

高畑さん

今の生き方を続けていて自分の得たい未来に近づくのかと考えた時に、常に漠然とした不安やモヤモヤがあった状態でした。

その結果、自分はなんてダメなんだろうと落ち込んでしまっていました。

 

八木

自分に自信がなくて、周りの人と比べて自分はダメだと自己否定してるという状態だったんですね。

そもそも未来に対してワクワクできない状態だったと思うんですが、転職しても解消されなかったということですか?

高畑さん

仕事内容がきつくて転職したんですが、仕事内容を変えたからといって生き方自体が変わるわけじゃないということが分かったんです。

 

月曜日から金曜日、1日最低でも8時間は縛られるわけで、基本的な生き方自体は変わらないんですよね。

それで、自分はどうやって生きたいのかを考えるようになったんです。

 

八木

ある意味「逃げの転職」をしたけれども状況は変わらなかったということですね。

高畑さん

根本的な問題解決にはなりませんでした。

 

自分に向き合わず、負のループに入っていた

自分に向き合わず、負のループに入っていた

八木

プログラムに参加される前、その悩みを解決するためにやっていたことってありましたか?

高畑さん

ひたすら図書館で自己啓発系やビジネス関連の本を読んだり、ビジネスセミナーに通ってみたりしていました。

それから、成功しているフリーランスや経営者の話を聞いたりということもやっていました。

 

八木

すごい勉強して知識をインプットしてきたんだと思うのですが、悩みは解決されなかったんですか?

高畑さん

自分自身と向き合うこともなくモヤモヤを抱えたまま行動するので、どんどん自分に自信がなくなっていました。

それでもやらなきゃ人生変わらないしと思うんですが、結局またモヤモヤしてしまう負のループに入っていたんです。

 

八木

自分の内側を見ずに外ばかり見ていたけど、しっくりくる感じがないっていうことですね。

例えばどういうことに挑戦されたのですか?

高畑さん

僕が通っていたセミナーだと「月収100万目指そう」みたいな感じでお金が目的になっていたんです。

そのためには手段は選ばない、やりたくない仕事でも目的を達成できるならいいよねっていう考え方でした。

 

でも僕はその考え方に共感できなかったんです。

 

八木

自己理解プログラムとは価値観としては真逆な感じですね。

「手段を選ばずに稼ぐ」というのは価値観の一つですが、それは高畑さんには合わなかったんですね。

 

諦めかけていた中で、最後のチャンスに賭けてみようと決心した

諦めかけていた中で、最後のチャンスに賭けてみようと決心した

八木

そんな中で、自己理解プログラムを選ぼうと思った決め手というのは何だったのですか?

高畑さん

八木さんのTwitterで自己理解プログラムを知ったことがきっかけです。

 

当時、色々な本を読んだりセミナーに行ったりしてたんですがそれが全部裏目に出ていました。

何度も失敗を繰り返して、結局僕は何も行動しない方がマシなんじゃないかと落ち込んでいた時期でした(笑)。

 

そこで八木さんの存在を知って、これは最後のチャンスだと思って賭けてみようと考えました。

 

八木

そうだったんですね。

高畑さん

八木さんの動画はそれまでのセミナーで聞いていた内容とは真逆だったんです。

夢中になって生きるということが目的になっていて、何よりそこに惹かれたんです。

 

「それ、僕のやりたかったことじゃん!」って思ったので受講を決めました。

 

八木

自分の価値観に響いたことが決め手だったんですね。

 

自分の弱みを強みとして活かすことができるようになった

自分の弱みを強みとして活かすことができるようになった

八木

人生の先が見えないという悩みを持って参加されましたが、プログラムを終えてその悩みは解消しましたか?

高畑さん

今までは、リスクばかり考えたり自分の足りない部分に目が行ってしまうことが自分の弱みだと思っていたんです。

 

プログラムに参加したことによって、これは強みでもあることが分かって、自分に自信が持てるようになりました。

自分の特徴をどう強みとして活かそうかという、前向きな思考に切り替わったことがとても大きな変化でした。

 

八木

なぜそんな変化が起きたんですか?気付いたきっかけは?

高畑さん

ストレングスファインダーで自分の才能を知って、それを日々の生活の行動ベースに落とし込んでみました。

その時に、いつも弱みだと思っていたことが実は強みだったということに気付いたんです。

 

八木

色々な経験を振り返ってみると、意外と強みとしても出てるなっていうことがありますよね。

 

確かに、慎重だとかネガティブに考えることって自分のダメなところだって否定する人が多いと思うんです。

でも高畑さんはその使い方を見つけたっていうことですね。

 

お金になるかならないかではなく、好きか嫌いかで考える

お金になるかならないかではなく、好きか嫌いかで考える

八木

他にも何か変化はありましたか?

高畑さん

やりたいことが見つかったということがすごく大きな変化だと思います。

 

今まで自分の好きなことなんてないと思っていたんです。

でもそれって結局、自分に自信がないから自分の気持に蓋をしていたということだったんですね。

 

興味があることを書き出すワークの中で、自分が今やりたいことを見つけられたのが本当に良かったです。

 

八木

なるほど。

高畑さん

それから、好きなことはお金にならなきゃ意味がないっていう思い込みもあったんです。

でも八木さんとお話する中で、実はお金ではなく好きか嫌いかが大事なんだっていうことに気付きました。

 

八木

好きだからどうやって仕事にしていこうかと考えるっていう、順番が逆転した感じですね。

 

それめちゃくちゃ大事ですよね。

お金になるかならないかという基準だと、絶対にやりたいことが見つからないんですよ。

 

それは素晴らしい変化ですね。

 

自分と向き合うことでしかやりたいことは見つからない

自分と向き合うことでしかやりたいことは見つからない

八木

これまで色々な行動を繰り返したけど結局分からない、負のループという状態だったと伺いました。

そこから抜け出せたのは、自己理解プログラムの何が良かったからだと感じていますか?

高畑さん

今までは自分自身にきちんと向き合うことをせず、外側にやりたいことを見つけようとしていました。

例えば、Twitterのフォロワー数の多い人をかっこいいなと思ったりしていたんです。

 

このプログラムでは他人との比較じゃなくて、自分自身の内側と向き合うことを繰り返すことができました。

それによって自分の心に対してようやく素直になれるようになったんです。

 

八木

今までは憧れをベースとして行動していたために、本当にやりたいことが見つからなかった状況だったんですね。

それが自分の内側と3ヶ月徹底的に向き合ってるうちに、間違いなくこれだ!というものが見つかったわけですね。

 

他人を否定せず、高めあえる環境

他人を否定せず、高めあえる環境

八木

ビフォーアフターで見ると、高畑さんには大きな変化が起きているように思えます。

プログラムの中でここが良かったというところを教えていただけますか?

高畑さん

モチベーショングラフを書いて人生の棚卸しするというワークが、僕の中では一番良かったと思っています。

未来の不安ばかりに囚われてしまっていて、今までどんな時に幸せだったのかを忘れてしまっていたんです。

 

このワークを通して自分自身と向き合うことで、それを思い出すことができました。

 

八木

自分の中にある過去を振り返っていくうちに、自分が楽しく感じる時の共通点が明確になったということですね。

他にも良かった点はありますか?

高畑さん

環境が良かったなと思います。

 

こういうふうに生きたいとかこういう夢があるんだってことは、なかなか大きな声では言いにくいと思うんです。

現実は厳しいよとか、そんな綺麗事じゃ上手くいかないよとか言われそうで。

 

でも八木さんのプログラムに参加されてる方はみなさん自分の人生にきちんと向き合っている方たちばかりなんです。

他人のことを否定することなく、応援して高めあえる環境が自分にはとても合っていました。

 

八木

確かに、みんなお金を払って本気で参加してるから、他人のことを否定するような人はいませんよね(笑)。

自分自身とも真剣に向き合うし、他人に対してもポジティブな方が多いコミュニティだなっていう感じはします。

 

やりたいことの実現まで背中を押してもらえるプログラム

やりたいことの実現まで背中を押してもらえるプログラム

八木

自己分析って例えばモチベーショングラフを書いて過去を振り返ることは1人でやろうと思えばできると思うんです。

それをわざわざプログラムを受講してまで自分と向き合うメリットって何かありましたか?

高畑さん

僕自身、色々な本を見ながら実践してみた経験は何度かあるんです。

でも結局やっただけで終わってしまい、それを実現するためにはどうすればいいのかは分かりませんでした。

 

ここでは八木さんにいくらでも相談でき、実現までフォローしてもらえるというのが大きな違いだと思います。

 

八木

1人でやっていても、なかなか自分の思考の範囲でしか進められませんよね。

このプログラムではフィードバックがあったりして、背中を押してもらえる環境があったということでしょうか?

高畑さん

そうですね。諦めずに続けることができる環境が揃っていました。

やりたいことを実現するためのアドバイスをもらえて行動ベースに落とし込むことができました。

 

それは1人では絶対にできないことだと思います。

 

八木

確かに、1人で本のワークをやってみても結局何も行動が変わらなかったみたいなことはよく聞きますよね。

でもこのプログラムなら実現まできちんとフォローされるっていうことですね。

 

自分に自信がなく、生き方を変えたいという方におすすめします

自分に自信がなく、生き方を変えたいという方におすすめします

八木

高畑さんから見て、どういう方にこのプログラムをおすすめできますか?

高畑さん

僕はワークを通して自己効力感を身に付けることができて、自分に自信を持てるようになりました。

ですから、かつての僕のように自分に自信が持てない方におすすめします。

 

それから、今の生活にモヤモヤを感じているけど自分1人では生き方を変えられないという方にもおすすめします。

 

八木

やりたいことが分からなくて自信が持てない方、やりたいことを仕事にする自信がない方におすすめということですね。

高畑さん

自分に自信がないっていう方はめちゃくちゃ多いと思うので、そういう方に受けてほしいです。

 

八木

高畑さんは自己理解が終わって、ここからは自分のビジョンを現実に変えていく自己実現のフェーズに入っていくと思います。

ぜひガンガン行動していって、見つけたものを現実に変えていきましょう!