【自己理解事例:S様】やりたいこと探しを終え、自己実現の具体的なビジョンを描くことができた

ビジョンが明確になったので迷わずに進むことができる ジコリカイ卒業生の声

お知らせ:本が売れています

「自己理解メソッド」が本になりました。
世界累計6万9000部突破!
Amazonレビューも200件を超えています。

やりたいこと探しを終わらせて夢中な人生を作り出す。そのための3ヶ月10STEPの自己理解プログラム。今回は、自己理解プログラムを受講し、やりたいことを見つけ出したSさんと、担当コンサルタントの八木に、受講のきっかけや受講中の取り組み、受講後の変化などについて伺いました。

 

将来への漠然とした不安の中でやりたいことを模索していた

将来への漠然とした不安の中でやりたいことを模索していた

八木

まず、今どんな仕事をされているのか自己紹介をお願いします。

Sさん

今は製造職で、主に食品関係を扱う仕事をしております。

 

八木

自己理解プログラムを受講する前ってどういう悩みがあったのですか?

Sさん

今までの生活を続けていていいのかっていう漠然とした疑問がありました。

本当にやりたいことを見つけたいけど、そのやり方が分からないという状態だったんです。

 

八木

今やっている製造業のお仕事は、そんなにやりたいことではなかったのですか?

Sさん

人間関係はいいんですが、自分の中で「何かもっとやりたいことがあるのかな」というモヤモヤがありました。

 

八木

それっていつ頃から考えられていたんですか?

Sさん

2~3ヶ月前ぐらいからそのモヤモヤを感じていました。

 

自己流にやるだけでは納得感が得られなかった

自己流にやるだけでは納得感が得られなかった

八木

その悩みを解決するためにどのようなことをされていたんですか?

Sさん

YouTubeで色々な方の自己理解の動画を見て、自己流で質問に答えていたっていう形ですね。

 

八木

それだけでは「やりたいことはこれだ」っていう方向は決まらなかったのですか?

Sさん

自己流でフィードバックもない状況だったので、この自己理解が本当に正しいのか不安がありました。

 

八木

時間はかけていたけれども「これだ」っていう確信を持てるまでには至っていなかったんですね。

Sさん

そうですね。

 

八木

自己分析以外にされていたことってありましたか?

Sさん

僕は体を動かすのが好きなので筋トレなんかを趣味でやってました。

 

八木

いいですね、筋トレすれば大体の悩みは解決しそうですよね(笑)。

 

ゴールと過程が具体的なので、安心して受講を決めることができた

ゴールと過程が具体的なので、安心して受講を決めることができた

八木

そんな中で、どのようにして自己理解プログラムに出会ったんですか?

Sさん

YouTubeで色々な自己理解の動画を見ていた際に、八木さんの自己理解プログラムの動画を見て興味を持ちました。

 

動画の中でもワークがあるんですが、そのワークを自分なりにやってみて一番しっくり感があったんです。

そこで、プログラムに参加して3ヶ月でやりたいこと探しを終えたいと考えて受講を決めました。

 

八木

「目の前の課題をさっさと突破したい」という気持ちが強かったんですね?

Sさん

早くこのモヤモヤした気持ちを、何か1つのものに取り組む熱量に変えたいっていう気持ちでした。

 

八木

自己理解プログラムは「3ヶ月10ステップで終わらせる」とゴールが明示してあります。

そのことがSさんには響いたのでしょうか?

Sさん

はい、あらかじめ目的とそこまでの過程が具体的に設定されているので、安心してプログラムに参加できました。

 

学んだことは絶対になくならないという自信が得られるプログラム

学んだことは絶対になくならないという自信が得られるプログラム

八木

今、自己理解プログラムの3ヶ月を終えられたところなんですが、どんな変化があったか教えていただけますか?

Sさん

やりたいことが納得感をもって見つかったことが大きな変化だと思います。

 

過去を掘り下げていくことにより外発的ではない、自分が心からやりたいと思えることを発見できました。

そして、ステップを進めていくことによって自分なりの武器を見つけることもできました。

 

プログラムを終えた後の自己実現までのビジョンを考えることができたのも大きな自信につながりました。

 

今後壁にぶつかっても、ここで学んだことを振り返ってアップデートして対応できると思っています。

学んだことって絶対になくなりませんから。

 

八木

素晴らしいですね。

「筋肉は裏切らない」みたいな感じで、「自己理解は裏切らない」ってことですね(笑)。

 

Sさんは見つけたことに対して、実際に仕事に応募するという行動をすでに起こされていますよね。

Sさん

見つかったものに対して、しっかりと自分で行動するというところまで今は進めています。

それもプログラムを進めていく中で質問や疑問点を解決できたからだと思ってます。

 

ボリュームのあるプログラムを集中して進めることで自分と向き合える

ボリュームのあるプログラムを集中して進めることで自分と向き合える

八木

プログラムで良かった点を具体的に教えていただけますか?

Sさん

3ヶ月っていう限られた期間で集中して自分と向き合えたことだと思います。

ボリュームのあるプログラムを、サポートも受けながら自分自身で終えられて自信にもつながりました。

 

八木

毎日のように取り組まれていたんですか?

Sさん

ステップの前半はかなりボリュームがあって、価値観を見つけるまでにはすごく時間がかかりました。

毎日30分以上は自分と向き合うようにしていました。

 

受講中のモヤモヤを解決するためのサポートがあった

受講中のモヤモヤを解決するためのサポートがあった

八木

僕がすごく印象的なのは、好きなことを見つけるところで「あ、これか!」みたいに壁を越えたじゃないですか。

そこについてお話聞かせていただけますか?

Sさん

私自身、好きなことがちょっとモヤモヤしていて「これでいいのかな?」っていう疑問があったんです。

それをQAセミナーで色々な質問をして解決することができたっていうのが大きかったんです。

 

具体的には、好きなことに対して外発的なモチベーションがすごく僕自身の頭を覆っていました。

でも、そのモヤモヤを払拭できる機会をもらえたことで、そこから1つ壁を越えることができたのかなと思います。

 

八木

外発的というのは、好きなことを決める時に「周りからどう思われるだろう?」という気持ちだったんですか?

Sさん

まさにそれですね。

「こっちの方を仕事にした方が周りからよく見られるんじゃないか?」って思い込んでしまっていたんです。

 

価値観としっかり向き合うことでブレイクスルーできた

価値観としっかり向き合うことでブレイクスルーできた

八木

そういう悩みを持ってる人ってすごく多いんじゃないかなって思うんです。

 

1段階ブレイクスルーというか、壁を越えられたのはなぜですか?

簡単にはその壁を越えられないと思うのですが…

Sさん

やはりプログラムを順調に自分で納得感を持って進められたから、壁を越えることができたのかなって思います。

価値観と得意なことがカチッとはまっていた状態になって、自分の好きなことはこれでいいんだと思えたんです。

 

八木

いきなり「好きなことを見つけよう」って言われても、なかなか難しいと思いますか?

Sさん

そうですね。

前のフェーズを飛ばして好きなことを見つけても、「それでいいのか?」っていう疑問が生まれると思うんです。

 

たとえ自分でそれを選んだとしても「周りからよく見られる」っていう、外発的なものが入っている気がします。

その結果、決して壁を越えることはできなかったと追います。

 

八木

価値観と向き合った上で、これにしっかりフィットした好きなことが見つかるっていう流れが必要だったんですね。

Sさん

まさにそうです。

 

八木

僕もあのブレイクスルーはとても素晴らしいと思いますし、印象的でした。

 

やりたいことや目的が見つけられずにモヤモヤしている人におすすめします

やりたいことや目的が見つけられずにモヤモヤしている人におすすめします

八木

Sさんから見て、このプログラムってどんな方におすすめできますか?

Sさん

やりたいことや目的が見つけられずにモヤモヤしている人におすすめだと思います。

プログラムはボリュームがあるんですが、必ずゴールできるようになってるので安心して受講してほしいです。

 

八木

今の働き方にモヤモヤを持ってしまっている人におすすめということですね。

 

ビジョンが明確になったので迷わずに進むことができる

ビジョンが明確になったので迷わずに進むことができる

八木

最後に、Sさんが今後どんなやりたいことをやっていかれるのか教えていただいてもいいでしょうか?

Sさん

このプログラムで僕が見つけた、好きなこと・得意なこと・価値観を生かして、成長する喜びを伝えたいです。

これからも自分自身が立てたビジョンを達成するために、日々取り組んでいきたいと思ってます。

 

八木

思えば、結構リアリティを持ってビジョンを描きましたよね。

Sさん

八木さんと面談していただいた時に、細かく細分化して具体的なビジョンを描くことができました。

進むべき方向が見えているからこそ、受講後も迷わずにビジョンに向かっていくことができています。

 

八木

僕も一緒にビジョンを描いたので覚えています。

僕の頭にも画として思い浮かんでいて、きっとこれは達成されるんだろうなって思っています。

 

ぜひ、やりたいことから導きだしたビジョンを実現していってください!

Sさん

はい、頑張ります!