【自己理解事例:大場様】ビジョンが明確になって、やりたいことが成果につながるようになった

本当に必要な情報や行動を、自分軸で取捨選択できるようになった ジコリカイ卒業生の声

お知らせ:本が売れています

「自己理解メソッド」が本になりました。
世界累計9万9500部突破!
Amazonレビューも300件を超えています。

やりたいこと探しを終わらせて夢中な人生を作り出す。そのための3ヶ月10STEPの自己理解プログラム。今回は、自己理解プログラムを受講し、やりたいことを見つけ出した大場さんと、担当コンサルタントの八木に、受講のきっかけや受講中の取り組み、受講後の変化などについて伺いました。

 

目標もなく毎日を過ごしていて、漠然とした不安があった

目標もなく毎日を過ごしていて、漠然とした不安があった

八木

まず最初に自己紹介をお願いします

大場さん

大場と申します。

職業はアパレルショップで働いています。

 

八木

自己理解プログラム受講前にはどういう課題や悩みがあったんですか?

大場さん

やりたいことや好きなことが明確にないまま何となく毎日を過ごし、人生に漠然とした不安や焦りがありました。

職場の異動もあって、役職や仕事内容、人間関係など日常生活が大きく変わってしまいました。

 

そのことで精神的にきつくなったことが自分と真剣に向き合うきっかけになりました。

 

八木

焦りとか不安、人間関係の問題が結構あったんですね。

不安っていうのはどういう不安だったんですか?

大場さん

人生このままでいいのか、このままだと人生がつまらなくなりそうだなっていう思いがずっとありました。

 

八木

このままいくとヤバい、でもどうしていいか分かんないっていう感じなんですね。

 

自分なりの答えをどう活かせばいいか分からなかった

自分なりの答えをどう活かせばいいか分からなかった

八木

そういう漠然とした悩みを持っている方って結構多いと思います。

その悩みを解決するために、自己理解プログラムの受講前に何かやっていたことってありましたか?

大場さん

自分に足りないと感じることについて書いてある本を読んで、共感した考えを抜粋してまとめたりもしていました。

あとは、自分なりにやってみたいこと、やりたくないこと、好きなこと、嫌いなことを書き出したりもしました。

 

八木

それをやったけど問題解決にはつながらなかったんですか?

大場さん

そうですね。全然しっくりきませんでした。

 

八木

なぜ悩みや不安をなくすことにつながらなかったんでしょうか?

大場さん

好きなことややってみたいことをどう自分の人生に活かせばいいか、どう行動すればいいかが全然分らなかったんです。

「好きなことは大体これかな」程度に分かったぐらいで、具体的なアクションまでは理解できませんでした。

 

八木

プログラム受講前から、ぼんやりと好きなこと、やりたいことは分かっていたっていうことなんですね。

大場さん

何となく分かってはいたけど、それをどう行動に移せばいいのか分からなかったんです。

 

動画をみた瞬間、「俺が求めてたのはこれだ」と感じた

動画をみた瞬間、「俺が求めてたのはこれだ」と感じた

八木

世の中には色んな学びの講座がありますが、その中から自己理解プログラムを選ばれた決め手は何ですか?

大場さん

色々と勉強をしてて休憩がてらにYouTubeを見ていたら、八木さんの動画があったんです。

 

それは「好きなことを見つける10の質問」で、好きなことがパっと明確に思い浮かぶ感覚がありました。

それを見て「俺が求めてたのはこれだ!」って思ったんです。

 

本やブログ、YouTubeで「好きなように生きろ」「やりたいことやれ」っていうのは散々見てきたんです。

でも「好きなことの見つけ方」を教えてくれる情報って見たことがなくて。

 

これは良さそうだなと思って、動画を見たその日に受講を申し込みました。

 

八木

確かに「好きなことやれ」っていう情報はあるけど、具体的に分解して考えて説明してる人って少ないですよね。

大場さん

僕は出会ったことがありませんでした。

 

八木

大場さんはどちらかと言うとじっくり考えてから行動したいっていうタイプだと思うんです。

そういう人には「とりあえず好きなことやれ!」っていう形はあんまり響かなそうですよね。

大場さん

そうですね。「じゃあどうしたらいいの?」っていう感じでした。

「具体的にどんな行動をすればいいのか教えてくれよ」みたいな。

 

本当に必要な情報や行動を、自分軸で取捨選択できるようになった

本当に必要な情報や行動を、自分軸で取捨選択できるようになった

八木

実際に自己理解プログラムを終えてみて、どんな変化がありましたか?

大場さん

まず、好きなこととやりたいことが明確になりました。

それから、世間一般の常識にとらわれず、自分軸で物事を考えて判断ができるようになりました。

 

八木

自分軸で考えられるようになったというのは、例えばどういうことですか?

大場さん

以前は、「自分はこう思うけど一般的にはこうだよな」と判断が流れてしまっていました。

今は自分の得意な行動と環境のパターンが分かっていますから、判断の基準がブレることがなくなったんです。

 

八木

1個1個の行動を自分の考えで選択していけるようになったんですね。

今でも悩みを解決するための本を読んだりしてるんですか?

大場さん

たまに読んだりしますけど、ちゃんと情報を取捨選択して自分に置き換えて吸収できるようになりました。

 

八木

そのほか、実際の生活でも何か変化はありましたか?

大場さん

これまでは「これやってみようかな」とか「これ好きなのかな」と、お金や時間が分散していました。

やりたいことや好きなことが明確になって、自分のリソースをそこに集中させることができるようになりました。

 

八木

人生や時間の有限性が分かって、フォーカスできるようになったんですね。

いろんな方向に視点が散らばってたのが、今は自分のビジョンに向いているっていうのはすごい変化ですね。

 

苦手なことを得意なやり方に変換できるようになった

苦手なことを得意なやり方に変換できるようになっ

八木

そのような変化を起こしたきっかけとして、プログラムの中で良かった点はありますか?

大場さん

自分の得意な行動と環境のパターンと、苦手な行動と環境のパターンを1個1個書き出すワークがありました。

得意なことと苦手なことを自分に落とし込み、それを判断基準として行動できるようになったことが一番大きいです。

 

八木

ステップだと4・5のところですね。

大場さん

それで、苦手なことも自分の得意なやり方に置き換えようという意識を持つことができるようになったんです。

 

八木

素晴らしいですね。

元々大場さんは自分が苦手なやり方をやって疲弊して苦しまれてましたもんね。

 

人生に漠然とした不安がある方におすすめします

人生に漠然とした不安がある方におすすめします

八木

大場さんから見て、このプログラムはどんな方におすすめできますか?

大場さん

かつての僕と同じ、明確にやりたいことや好きなことがなく、人生に対して漠然とした不安がある方ですね。

あと、苦手な環境にいてどうにかしたいけど何をやったらいいか分からない人にもおすすめします。

 

自分の個性を偽らずに生きることができる人を増やしたい

自分の個性を偽らずに生きることができる人を増やしたい

八木

最後に、大場さん自身が今後どんなことを実現されていきたいか教えていただいてもいいでしょうか?

大場さん

僕は音楽が大好きで、世間の流行に流されず自分の作りたい音楽を追求してる方から大きな影響を受けてきました。

 

ですから、僕も音楽を通じて偽らずに自分自身を表現していこうと考えています。

それに触れた人が「自分でいることが、こんなに個性や魅力が出て生き生きするのか」と感じてほしいんです。

 

その結果「自分も自分自身で生きてみよう」って思う人が少しでも増えたらいいなと思います。

 

八木

いや、素晴らしい。

実際に、今それがお金につながったりし始めてますもんね。

 

自己理解プログラムの受講中に結構成果が出たりとかしてましたよね。

これからは、その成果をどんどん大きくしていくフェーズですね。

大場さん

そうですね。今はそういう段階ですね。

 

八木

僕と大場さんって、ビジョンを一緒にリアリティをもって描いたじゃないですか。

ここがすごく明確になったので、あとは実行していくだけだなって感じています。

 

僕はもう、大場さんがこの部屋でこんなふうに曲を作ってるっていう姿がイメージできるレベルなんですよ(笑)。

ぜひそのビジョンを実現してほしいと思っているので応援しています!

 

▼大場様 活動実績
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCnpzA5ajAkPusTE02Be9O2g

Instagram
https://www.instagram.com/roif___/

SoundCloud
https://soundcloud.com/roif00