【自己理解事例:春田直樹様】これまでバラバラに見えていた自分の行動に、一貫した理想や願望を見出すことができた

自分の理想や願望を言語化できた ジコリカイ卒業生の声

お知らせ:本が売れています

「自己理解メソッド」が本になりました。
世界累計6万9000部突破!
Amazonレビューも200件を超えています。

やりたいこと探しを終わらせて夢中な人生を作り出す。そのための3ヶ月10STEPの自己理解プログラム。今回は、自己理解プログラムを受講し、やりたいことを見つけ出した春田さんと、担当コンサルタントの八木に、受講のきっかけや受講中の取り組み、受講後の変化などについて伺いました。

 

現状に不満はないが、未来がはっきりと見えていなかった

現状に不満はないが、未来がはっきりと見えていなかった

八木

まずは自己紹介をお願いします。

春田さん

今までは地方のメーカーで海外営業や生産管理の管理職をやっていました。

今月転職して、経営戦略などをやっていく予定です。

 

八木

自己理解プログラムを受講される前、どういう悩みを抱えていましたか?

春田さん

自分が納得できるテーマや目標を見つけようと、数年間色々と行動していました。

でもそれがなかなか見つからず、そろそろ今後のキャリアのためにもはっきり見つけたいと思っていたんです。

 

八木

当時のキャリアには納得感がなかったということですか?

春田さん

その時点でのキャリアには納得してるんですが、将来を見据えてこれをやっていこうというものがはっきり目に見えていなかったんです。

それを明確にできる方法ってないのかなって思っていました。

 

興味の方向が分散していて、フォーカスできていなかった

興味の方向が分散していて、フォーカスできていなかった

八木

その悩みを解決するためにどういうことをされていたんでしょうか?

春田さん

ストレングスファインダーや中小企業診断士の講座、フリーランスの養成講座などを受けてみました。

とりあえず興味が湧いて面白いかもと思ったら何でもやっていたような感じです。

 

八木

すごいすね。

その結果はどうでしたか、「これかもな」というものは見つからなかったんですか?

春田さん

それぞれ将来性があって面白いんですが、自分自身が将来も興味を持ち続けていられるのかは確信がない感じで。

それで原点に戻って自分に向いてることや好きなことを整理したいなと思っていました。

 

ストレングスファインダーを通じてプログラムに出会った

ストレングスファインダーを通じてプログラムに出会った

八木

それを整理するために色々探していたら自己理解プログラムに出会ったということですか?

春田さん

最初のきっかけはストレングスファインダーなんです。

 

自分でやったり、会社の若い子たちに本をプレゼントしてやってもらってました。

自分を理解するきっかけにもなるし、部下のキャリアや適性を見極めるためにも結構いいなと思っていました。

 

そしてストレングスファインダーの良い点・悪い点を調べている時に、八木さんのプログラムに出会ったんです。

 

それはストレングスファインダーを出発点に各行動に落とし込んでいく流れでした。

「これって自分にぴったりじゃん!」って思って申し込んだんです。

 

自分の理想や願望を言語化できた

自分の理想や願望を言語化できた

八木

実際に自己理解プログラムを受講して、何か良い変化ってありましたか?

春田さん

一見バラバラに見える行動の中に一貫してある、自分の理想や願望を言葉で理解できたことが一番大きいと思ってます。

 

八木

バラバラだったものがつながったという変化は、どういうタイミングで起きましたか?

春田さん

結論から言うと、診断と作業の違いみたいなものがあると思うんです。

 

ストレングスファインダーだと入力して、結果として「あなたそうですよ」っていう診断結果みたいなもんですよね。

八木さんのプログラムの場合は、作業そのものを提供されてるところがあると思うんです。

 

自分で色々考えてやって、それにフィードバックをもらってやり直してみたいな作業が3ヶ月ずっと続きました。

そこで見つけたものなので納得感があります。

 

深堀りとフィードバックの繰り返しで理解が深まる

深堀りとフィードバックの繰り返しで理解が深まる

八木

自己分析って1人でやるというか、自分とじっくり向き合う形が多いと思います。

それでも、わざわざプログラムを受講するメリットってありましたか?

春田さん

ネットで探せば似たようなものは出てきますよね。

でも人によってどこでつまずくかがバラバラで、自力でやろうとすると難しくてほぼ不可能じゃないでしょうか(笑)。

 

だからみんな人生の中で後回しにしちゃうんだと思うんです。

やっぱりフィードバックをくれる人がいるサイクルの中じゃないとなかなか難しいと思います。

 

八木

春田さんはめちゃくちゃ内省をお持ちじゃないですか。

プログラムの中ですごい量を書いて、それに僕がフィードバックするというループを繰り返しましたよね。

春田さん

1回書いただけでは自力では深まらないという実感がありました。

 

第3者がいて、書き直しては指摘されるということを繰り返して、やっと納得出来るような気がします。

自力ではなく、こういうプログラムだったからこそやりきれたんだと思います。

 

若い人だけではなく、人生の経験値の多い年齢層の人たちにもおすすめします

若い人だけではなく、人生の経験値の多い年齢層の人たちにもおすすめします

八木

このプログラム、春田さんから見てどんな方におすすめできますか?

春田さん

これまでに色々行動してみたけども、しっくりくる大きな目標が見つけられない人にはとてもおすすめです。

 

八木

その理由は何でしょうか?

春田さん

こういうプログラムは若い人向けのイメージ強いじゃないですか。

でも自分がある程度行動して、あれは良かった、悪かったという振り返りができる状況で進めていくと腑に落ちることが多いと思います。

 

ですから、行動した量が多い年齢層が上の人でも納得できるプログラムだと思います。

 

八木

確かに20歳の時点でと40歳の時点では過去の経験を振り返って見つける共通点って違いますもんね。

ボリュームが違うから、見つけた時の納得感は全然違うと思います。

 

今後は春田さんのビジョンの実現が始まると思うので、これからも応援しています!