「別に稼げなくても死なないしな」って思ったところから本当の人生が始まる

SPONSORED LINK

こんにちは、焼き鳥大好きやぎぺーです。

前回は「何円あれば幸せに生きられるの?東京一人暮らしのミニマル・ライフコストを計算してみた」という記事で、最低限どれくらい稼げば幸せに生きられるのか計算してみました。

結果は約26万円。26万なら無理しなくても普通に稼げるので安心した反面、やっぱ高いですよね。

でも、もっと最悪の場合を想定しておいた方がいいように感じます。つまり「どこへ行っても、何があっても別に大丈夫だな」と心の底から理解できてる状態になっておくということ。

今持っているものを失うのは想像するだけで震えるほど怖いけれど、多分、そういうタイミングは人生で必ずやってくる。あと80年近く生きるんだから絶対来る。

でもそれをビビって色んなリスクを避けていては、何だかこじんまりとしたつまらない人生になってしまいそうな気がする。だから想定しておきます。

何らかの理由で仕事がなくなったり、出来なくなったりしてお金が0になったとしたら、生きていけるんでしょうか。

 

もしお金がなくなったら、誰かに頼ればいいや

先週見に行った、駒沢大学公園の桜がとても綺麗でした

「どこへ行っても、何があっても別に大丈夫だな」という状態に最も簡単にその状態に達する方法は、SNSを駆使して絶対に死なない自分ネットワークを構築すること。

ブログで自分のことを包み隠さずに発信続けていれば、いつの間にか自分のことを信用してくれる人の数が増えて行きます。

実際に僕はフリーランスになってから1ヶ月間家のない時期があり、知らない人の家に泊めてもらいまくってました。

 

この経験から実感したんですよ「あ、俺どうなっても死なないな」と。

話で聞くのと実際にやってみるのとでは天と地ほどの差があります。

試してみたい人はぜひ一度「今日泊まる場所がないので、誰か泊めてくれませんか?」とTwitterでつぶやいてみてください。

以下のボタンをポチッとすれば呟けるようにしておきましたよ。さぁ。

↓↓↓

 

誰かが泊めてくれるようなら、あなたは大丈夫です。安心して攻めきりましょう。

 

誰にでも出来るから、ヒッチハイクもやってみればいい

これは大学1年のときに初めて1人でヒッチハイクした時の写真。奢ってもらったビッグマックセットが最高に美味しかったのをずっと覚えてる。

知らない人に泊めてもらう経験よりも「何があっても大丈夫」だという自信をつけられたのは100回のヒッチハイク経験でした。

人の少ないサービスエリアで3時間待ちぼうけしたことも何度もありますが、最終的には素晴らしい人との出会いがあって何とかなりました。

僕のヒッチハイク経験をまとめたバイブルもあります。これを読めばヒッチハイクの不安が全部吹っ飛ぶと評判です。

 

以下のボタンをポチッとすれば呟けるようにしておきましたよ。さぁ。

↓↓↓

 

1人じゃ不安だという人のために仲間集め用のボタンも作りました。さぁ。

↓↓↓

 

ヒッチハイクを通して、「別に金がない状態でも誰かに助けてもらえるな」って気づいてきてください。

 

人間の脳は一定量以上のリスクを取れない

人間の脳は一定量以上のリスクを取れないようにできてるから、「大丈夫、死なない、なんとかなる。」そうやって腹の底で理解できて初めて、本当の人生が始まる気がする。

本当の人生が始まるとは、つまり、本当に生きたい生き方と向き合い始められるということ。

まずは最悪の場合の線引をする。どうなっても大丈夫だと確認しておく。どん底を把握しておく。

なんとなく無難な攻めきれない日々を過ごしてる人に足りないのはこれなんじゃないかな。

 

情報発信術が専門のブロガーです。
新卒で独立し、これまで300人以上に好き勝手生きるための発信術を教えてきました。
早稲田大学時代にミニストップのバイトを2ヶ月でクビになったことがきっかけで、もう好きなことしかやらないと決意。
マイペースやで。
>>詳しいプロフィール

Twitter➝

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

情報発信術が専門のブロガーです。
新卒で独立し、これまで300人以上に好き勝手生きるための発信術を教えてきました。
早稲田大学時代にミニストップのバイトを2ヶ月でクビになったことがきっかけで、もう好きなことしかやらないと決意。
マイペースやで。 >>詳しいプロフィール