八木仁平オフィシャルブログ

発信力を鍛えて、好き勝手生きる

何円あれば幸せに生きられるの?東京一人暮らしのミニマル・ライフコストを計算してみた

こんにちは、やぎぺーです。

あなたは自分のミニマル・ライフコストを認識していますか?

 

ミニマルライフコストとは「自分や家族が健康的に生活するために必要な最低限のお金」のこと。

僕が多大な影響を受けている、アーティストインキュベーターの四角大輔さんが提唱した概念。

出典:四角大輔|プロフィール | 4dsk.co

 

これまで20回以上読んだ『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』とか、

 

つい最近出版された『モバイルボヘミアン』の中で説明されているものです。

 

東京生活でのミニマル・ライフコストはいくらなんだろう?

今回はね、僕の東京生活のミニマル・ライフコストを計算していこうと思います。

ミニマル・ライフコストが分かると「最低限これくらい稼げば幸せに生きていける」という自分なりのお金の基準が出来ます。

「とりあえず収入を増やしたい」と考えている人多くないですか?

僕もフリーランス1年目はそう考えて過ごして、すぐに月商100万円行ったのですが全く幸せを感じられませんでした。

自分で実際に稼いで実験してみて初めて分かりましたが、お金は稼ぐ金額よりもそれをどう使うかの方が重要です。

そんな使い方の面で「自分が幸せに生きれる最低限の金額」がミニマル・ライフコスト。

ミニマル・ライフコストを把握せずにお金を稼ぐことを目的にするのは、穴の空いたバケツに水を入れ続けるようなものでしょう。

 

さっそく日々かかっているお金を計算していきます。

 

東京生活でのミニマル・ライフコスト

固定費(月額)

  • 家賃:80,000円
  • 水道光熱費:15,000円
  • Wi-Fi(詳しくはこちら):3,411円
  • スマホ(詳しくはこちら):1,690円
  • illustrator・Photoshop:3,000円
  • LINE@:5,400円
  • AmazonPrime:325円
  • コンタクトレンズ:2,500円
  • 合計:111,326円

 

変動費(月額)

  • 消耗品:8,000円
  • 洋服:10,000円
  • 移動費(家〜渋谷まで)×20回:6,300円
  • 書籍代:10,000
  • 食費:70,000円
  • 交際費(飲み会):50,000円
  • 合計:154,300円

 

総計:265,626円

 

やぎぺー
高ぇ!!!

俺幸せに生きるのにこんなお金かかるのかよ。

東京でも月20万円くらいでおさまると思ってたのでかなりビックリしました。自分ってこんなにお金使ってるのか、と。

1人でご飯食べる時の金額を「食費」としましたが、月70,000円って使いすぎじゃない? 誰か自炊をせずに食費を下げる方法を教えてください…。

ちなみにキャンピングカー生活をしていた時のミニマル・ライフコストが21万円だったので若干上がってます。

 

ミニマル・ライフコストを認識すれば、お金の基準と安心感が生まれる

今の自分であれば月26万ちょい稼げば楽しく生きていけることが分かりました。

月26万ならどれだけ事業が失敗しても稼げるので、どうなっても生きていけますね。

ちなみに月26万円必要な場合、貯金しておくべき金額は300万円です。その貯金をしても残ったお金は全て自己投資に使ってしまいましょう。

計算方法については以下のページで解説しています。

あわせて読みたい

 

あなたのミニマル・ライフコストはいくらか把握していますか?

ぜひ一度計算してみてください。

Return Top