八木仁平オフィシャルブログ

発信力を鍛えて、好き勝手生きる

独立して稼ぐのは余裕。しかし、やりがいのある仕事をするのは難しい

大学卒業後そのまま独立してから1年2ヶ月が経ちました。

ありがたいことに、収入面では不自由することはありませんでした。

ですが、思ったよりも精神的にキツい部分があることを知りました。

独立して仕事をしている方、これから独立を考えている方の参考になるかと思います。

 

フリーランスはお金を稼ぐのが厳しいと思っていた

僕の場合は独立する大学卒業前には既に稼げていましたが、これからもその収入が続くのか不安しかありませんでした。

でもその不安は杞憂で、自分で収入を得ていくのはそんなに難しくないことがだんだん分かってきました。

むしろ1年間独立してやってこれたという自信がつき、「お金のことは何とかなるだろう」という感覚が徐々に湧いてきました。

これは独立しなければ得られなかったことだと思うので、とても嬉しいです。

関連記事

 

独立してフリーランスになる厳しさとは

正直、金銭面での厳しさを感じていません。むしろ自信がつきました。

けれど、別の精神的な厳しさと最近は直面しています。

それは「自分で解決するべき問題を見つけて、答えを作っていかなければいけない」という厳しさです。

具体的に説明します。

関連記事フリーランスは甘い。限界に挑まなければ犬生き状態になってしまう

 

会社に入れば、誰かの立てた問いに向き合うことが出来る

既にある会社に入れば、その会社が取り組んでいる問題があります。

会社が立ててくれた問題に共感して、その問題を解決することに全力で取り組むのが会社に所属している人がする仕事でしょう。

そこに熱中していれば、お金もやりがいも得られます。

向いてる人には向いてる生き方だし、凄く素敵だと思います。

 

けれど独立した人間には、“取り組まなければいけない問題”がありません。

自分で解決するべき問題を見つける必要があります。

「自分は今何をするべきなのか?」と社会と自分に問いかけなければ、やりがいのある仕事は出来ないということに気づきました。

言い換えるなら、誰かに与えられた”作業”ではなくほんとうの意味での”仕事”を作っていかなきゃいけない。

関連記事作業と仕事の違いを知ったので、収入を上げるために仕事をする人間になろうと思った話

 

独立すると自分が何をするべきか、常に自分に問い続けなければいけないのがキツい。しんどい。

この「自分は今何をするべきなのか?」という問い続けるのがキツい。しんどい。

独立してからずっと「これか?これか?」と色んな問題意識と向き合ってます。けれど、まだ自分を100%投じられるような問題には出会えてません。

昨日の夜も布団の中で考えてたら寝れなくなった。

でもこの思考からは一度向き合い始めたら、絶対に逃げられないように思う。逃げたらずっと後悔しそうな気がします。

楽しく生きるだけなら必要ないと思うんだけど、やっぱり生きてるには自分の意味を感じたいから。

 

独立して生きていくのは簡単だけど、やりがいのある仕事をするのは難しい

今はランサーズとか、クラウドワークスとか、ココナラとか、ワオミーとか、ストリートアカデミーとか、稼ぐ手段がいくらでもあります。

だから、ある程度のスキルがあれば独立して生きていくのは余裕でしょう。生活コストを下げればどこでも楽しく生きられる。

 

でも独立しちゃったら、やっぱり自分が生きてる意味を感じたいですよね。

周りの人を幸せにして、さらにそれを広げていって、「いてくれてよかった」って言われたい。

自分が向き合うべき問題を見つけます。それで必死に向き合って行きます。やる。

 

Twitterで情報発信術についてつぶやいているのでフォローよろしくお願いします。

Return Top