八木仁平オフィシャルブログ

発信力を鍛えて、好き勝手生きる

フリーランスは甘い。限界に挑まなければ犬生き状態になってしまう

こんにちは、やぎぺーです。

大学卒業後そのままフリーランスになって、今月で1年目が終わります。

最後の1ヶ月に何をしようかと考えていたところ、こんな記事に出会って、首がもげるほどうなづいた。

フリーランスで稼ぐのは、簡単だ。手に職がある人であれば、今の給与の2-3倍は稼げるだろう。まぁ実は会社はかなり色々費用負担しているので、実質それでトントンの人もいるだろうが。ただ、お金よりも大きなリスクがフリーランスにはあると思う。それは、成長が止まること。フリーランスというのは、現在のスキルやリソースの切り売り以上、何物でもないから。

今、経営者になって色々発注するようになって初めて気がついたが、フリーは現在のスキル・リソースの切り売りだ。それ以上も以下も期待されない。ぶっちゃけリスクが伴う仕事は責任を取れる会社に発注するし、期待したことが出来ないようであれば取引を中止するだけだ。(実際は納品まではしてもらうけど次発注することはない)

ジャンプすれば届くかなというボールは投げない。でも一度でもボールをキャッチし損ねたら終わり。しかしそれはフリーにはわからない。発注主は自分たちの経験の糧にはするが、わざわざ伝えないのだ。育てる義務はない。お金を払っているから期待して色々言うのではなく、お金を払っているからこそ何も言わないのだ。残酷な話だけど。

<中略>

気がつけば、自分の正面に投げられたボールをキャッチしてばかりになる。案件的にベストかどうかではなく、やりやすいという理由から身近なリソースを借りる。一度上がった収入は下げられないから、そうやって仕事を回すことばかりが上手くなる。その姿は、大企業にいる少し偉いおじさんと同じだ。

引用元:誰も教えてくれなかった「フリーランスは厳しい」ではなく「甘い」という真実。 | Messages from NEWPEACE Inc.

 

これを読んで、まさに今の自分の状況だと感じた。

フリーランスになって自由っぽく生きているものの、持っている手札はいつまでも同じだったこの1年間。

うっすらと感じていた危機感の正体がやっと分かった。

 

「今の実力で何が出来るか?」を考えてしまっている

最近何をするにしてもまず、「今の実力で出来るかな?」という問いが頭をかすめてしまうんです。

今持っているスキルの切り売りで、人から羨ましがられるくらいは稼げてるんだけど、これではダメだと感覚的に分かっている今。

 

がむしゃらだった学生時代は、やってみたいことが先に来て「どうすればこれが出来るだろうか?」という思考で動けていたから、今のこの状態は停滞以外の何物でもない。

 

収入が得られなくなることよりも、停滞している実感が何よりも怖い

多分1番怖いのは収入が得られなくなることではなく、自分が前に進んでいないことに気づいてしまうこと。

岡本太郎さんが言っていた犬生き状態だ。

つまらない生き方でだらだらと生きているのが犬生きさ。

でも今は、ほとんどの人間がそうだよ。

カッコよく生きているといわれている連中だって、犬生きしているにすぎないのが多い。

引用元:壁を破る言葉

全力で生きたいから、犬生きしたくないから、フリーランスになったのに、いつの間にか犬生きしてしまってる今。

 

何か変化を起こさなければこのままダメになってしまいそう。

過去にも2回こういう状態になった時にブログを書いたことがありました。

悔しさは社長が壇上でスピーチをしているときにやってきた。

社長は人間的な魅力にあふれていて、スピーチをすればその場にいる全員を惹きつける。ぼくも完全に惹きつけられていた。

なぜか、ふと自分を客観視する瞬間がやってきた。社長に惹きつけられているその他大勢の内の1人でしかない自分に気付いてしまった。

引用元:悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい

 

おそらく自分でお金を稼いでいる大人から見て、ぼくみたいな学生の発言なんてほんとただの戯言だと思います。

自分が生きていくお金を他人に依存して生かしてもらっている状態なのに人生について語るなんてアホか、と思うでしょう。

ぼくはそれに気づいていなかった。というよりも忘れていました。ある尊敬している方に、「お金を稼ぐのがどれくらい大変か理解してないよね?」と言われてハッとしました。

引用元:自立していない学生が言うことには何の説得力もない | やぎろぐ

 

 

このまま犬生きして、プライドだけが高いカッコ悪い大人にはなりたくない。

またここから次のステージに進むために、死ぬほど生きるよ。

見てろよ今の俺。

Return Top