八木仁平オフィシャルブログ

発信力を鍛えて、好き勝手遊ぶ

考えすぎてしまって行動できない人へのアドバイス

オンラインサロン内のライブ配信で、以下のような質問をもらいました。

ブログに関して、色んな情報を調べすぎて結局結局どうすればいいか分からなくなってしまいました。

こうやって手が止まってしまうのは、こういう風に育てていきたいというような、ブログの方向性が決まってないからなのでしょうか?

 

この質問に対する僕の答えを、同じように悩んでいる人のためにブログにもまとめておきます。

 

—以下答え—

 

色々知識を入れすぎて、自分がどう動いて良いのか分からなくなってる人ってかなり多いです。

僕も時々そういう状態になります。

 

その根本的な原因は「完璧な答えがどこかにあると思っていること」です。

 

完璧な答えがあると思っていると、手が止まってしまう

世の中にある情報をインプットしまくっていると、いつの間にか「このまま知識をインプットし続ければ、自分にとって完璧な答えが見つかるかもしれない」という幻想にとらわれることがあります。

考えてみれば当たり前ですが、学校のテスト以外に完璧な答えなんてありません。

 

答え探しをしていると、一時的にそれっぽい答えが見つかっても「やっぱり違うかも」と途中で足が止まってしまう。

じゃあどうすればいいか。

今持っている情報でひとまず仮決定しましょう。

 

方向性もやりたいことも仮決定で良い

実は、今上手くいっているように見える人も99%が「これが最高の答えだ」とは考えてなくて「今はこれかな」という仮決定をしています。

  • 選択肢①
  • 選択肢②
  • 選択肢③
  • 選択肢④

たくさんある選択肢の中から、今の時点で一番良さそうなものを選択して行動しています。

実は一番ダメなのは、どれも選択せずにいつまで経ってもその場で選択肢を吟味し続けること。

動けば動くほど、失敗と成功からたくさんの原体験を学べます。

けれど、選択肢を眺めながら情報収集していても生の情報は入ってきません。

 

これは「やりたいことが分からない」と言う人も同じ。

人生を賭けてこれをやりたいんだ!なんてことに出会える確率はめちゃめちゃ低いので、まずは持ってる選択肢で一番良さそうなものを選択してやってみればいいんです。

BESTじゃなくてBETTERな選択肢を選びましょう。

 

走りながら考えることを習慣にしよう

8割の力を行動に注いで、残り2割で情報収集する。

走りながら考える。

もちろん途中でもっと良い選択肢があれば、そっちへの乗り換えは何度でもOK。

 

考えすぎてしまって行動できない人へのアドバイス

  • 完璧な答えはどこにもない
  • 今ある選択肢からBETTERな物を選ぶ
  • 一番ダメなのは、立ち止まってしまうこと
  • 8割の力で走りながら、残りの2割で考える

頭を使いすぎて、行動がにぶっちゃってる人はぜひ参考にして下さい。

まずは今ある選択肢を書き出して、仮決定するところからですね。

Return Top