これだけ読んどけ!ブログで稼ぎたい人が読むべきおすすめ本7選

SPONSORED LINK

f:id:jimpeipei:20160102091007j:plain

 

2015年、ぼくの中で一番大きな変化は間違いなく「ブログで稼げるようになったこと」です。

そのお陰で嫌すぎたバイトを辞めることができました。

沢山のブログや、書籍を参考にさせていただき自分のブログに活かしてきました。

今回はその中で、来年はブログで稼いでやるぜ!という方に読んでほしい本をまとめました。

上から簡単なものから並べました。

ちなみにブログの超入門書的な本はいいものを読んだことがないのでぼくが書いた記事を読んでください。超まとめてます。

>> ブログを始めて1年で毎月9万円稼げるようになった超具体的な方法

 

全部読めばブログで稼ぐということの全体像と、自分なりにどうやっていけばいいかということが分かるようになりますよ。

どれも間違いのない本なのでまとめてどうぞ! 

 

 

1.「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記/ちきりん

Chikirinの日記」を書かれているちきりんさんのブログ運営術が惜しみなく書かれている1冊。

ちきりんさんは沢山本を出しているけれどそれは全て「ブログの読者を増やすため」だと言っています。

ぼくはブログから外へ出て行くのが理想の流れだと思っていたので、かなり驚きました。

 

2.ブログ起業/かん吉

わかったブログ」のかん吉さんが自身のブログの良記事をまとめられた電子書籍。

わかったブログ」を読んでぼくは「ブログをお金になる資産と考え、行動を全てブログに記録してまたその資産を成長させる」というブログの根本となる考えを身につけました。

この思考はブログを書く人なら誰もが出来るだけ早くから身につけるべき。

 

3.武器としての書く技術/イケダハヤト

皆さんご存知プロブロガーイケダハヤトさんの本。

学校の国語で習うような文章と、ウェブで読まれる文章って全く違うんですよねー。ほんと。

ウェブでウケる文章の書き方について、かなり上手くまとめられています。

まずはこの本に書かれている文章テクニックを抑えましょう!相当レベル上がります。

 

4.人を操る禁断の文章術/メンタリストDaigo

ブログの文章術についてもう1冊読んでおいて欲しいのがこの本。

イケダハヤトさんの「武器としての書く技術」が読んでもらうための文章術。

Daigoさんの「人を操る禁断の文章術」は読んでもらって人を行動させる(購買行動を取ってもらう)ための文章術。

同じ文章術でも全く意味が違います。

ブログに極端な文章術はいりません。

この2冊で「読まれて」「売れる」文章術を身に付けておけばブログの文章はOKです!

 

5.金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ/永江一石

この本ほんと素晴らしい。永江一石さんのブログ「More Access! More Fun!」の良記事がまとめられた本。

最近読んで、「それそれそれそれ〜!!」とめちゃくちゃ納得した。

ブログに関して書かれている、一章・二章・三章・最終章を読んでみてください!相当いいこと書かれてます。

 

6.ノンデザイナーズ・デザインブック

この本で読むべきは第一章「デザインの基本原則」

「ブログとデザインってどういう関係があるの!?」と最初もぼくは思ってました。

デザインとは見た人にとって気持ちのいい物を作る力です。

視覚的に読みやすい文章を作ることは、最後まで読んでもらえる記事に直結します。

今はブログをぱっと見るだけで、それを書いた人がデザイン的な観点を持っているかどうかがすぐに分かるようになりました。

必読です。

 

7.カリスマ論/岡田斗司夫

正直言って、この本は相当レベルが高いです。

現時点でぼくが考えるメディアを使ったマネタイズの方法で最強だと思う「カリスマ的な生き方」について提唱したもの。

おそらくプロブロガーのイケダハヤトさんはこの本に書いてあるような考え方を自然と身につけて今の状態になってるんじゃないかなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

経験を価値に変える「ブログカレッジ」開校中

f:id:jimpeipei:20160229152514p:plain

「ブログを使って個人の経験を価値に変える」というコンセプトの元に、ブログで収益を上げる方法を教えるコミュニティを運営しています。

ブログという自分メディアを使ってワガママに生きてみませんか?