発信のターゲットは「ちょっと前の自分」

「発信するときのターゲットの決め方ってありますか?」、と聞かれることがよくあります。

その質問に対する僕の答えは、

・ちょっと前の自分

です。

 

自分が知りたかったことを、次に知りたい誰かに伝える意識

自分がある行動を起こした後に、

・これもっと早く知っておきたかったな

とか

・こういう情報がまとまっていると便利だったな

と思うことってあるじゃないですか。

僕はそういう「ちょっと前の自分」が知ったら喜ぶであろうことを発信しています。

 

日記にならないように、1つでも役に立つポイントを入れる

そういう発信をする時に、

やぎぺー
ラーメン屋に行ったよ!美味しかった!いぇいいぇい!

では誰の役にも立たない。

 

けれど、

やぎぺー

ここのラーメン屋は、平日の昼の時間帯なら並ばずに入れて、大盛りはかなり多いから初めての人は普通盛りがおすすめで、クレジットカードは使えないから現金の用意が必要だよ。

と書けば、次に行く人の役に立つ情報になります。

自分が欲しかった情報を、役に立つ形で発信するということ。

 

「ちょっと前の自分」に向けて書いてあげれば、その情報は誰かの役に立つ

発信するのに最も大事な意識はこの「誰かに役立つかな?」という視点。

この視点を持つために簡単なのが「ちょっと前の自分」が知りたかったことを盛り込むこと。

 

1つでも役立つ情報が入れられてると思ったらOK。

 

細かいターゲットとかは書いている内に勝手に定まってくるから、まずは自分のメモ+αな感覚で発信していけば良い。

自分にとってのメモを、ちょっとだけ頑張って誰かにとって役立つようにしてあげる。

誰かの役に立つから、お金にも信頼にも繋がる。

僕はこんな感じで発信してます。

やりたいこと探しを終わらせる、無料オンライン個別相談に参加しませんか?

夢中になれる働き方を作りたいあなたへ

オンラインで気軽に相談してみませんか?

無料オンライン相談会では、
あなたの現状の課題を客観的に分析させていただき、
自己理解を通じて自分のやりたいことに夢中になるまでのプロセスを解説します。

自己理解プログラムに興味のある方は、ぜひ気軽にご相談ください。

▼詳細はこちら
https://www.jimpei.net/jikorikaiprogram

▼日程一覧はこちら
https://form.os7.biz/f/650318b5/