2種類の楽しさ「快楽」と「達成感」のバランスをどう取るか

自分の中でまだ答えが出ていないことを書く。

楽しさ(幸せ)には2種類あると思っていて、それが「快楽」と「達成感」だ。

 

この2種類のバランスをいかに上手く取るかが重要だと感じている。

昔、「漫画やボードゲームをする時間は無駄じゃないか」と思って、完全に絶ってしまっていたことがあった。

その時期は仕事をしてしまくっていてお金もたくさん稼いでいた。

けれど壊滅的につまらなかった。

人生から色が失われてしまった感覚があった。

 

ただ、快楽だけに寄ってしまってもつまらない。

1日中漫画を読んでいてもそんなに幸せではないし、1日中ボードゲームをしているのもなんか違う。

 

 

今は読みたい漫画はお金を気にせずになんでも買って良いというルールの元で生きている。

漫画を読んでいる時間は最高で、漫画を躊躇なく買い続けられるためにずっと稼ぎ続けてやろうとも思う。

 

 

そして意外なことに漫画を読んでいると、仕事に役に立つことも得られたりする。

漫画のキャラクターが言ったセリフから、ブログに書くアイディアが思い浮かんできたりする。

 

 

快楽ばかり追い求めていると、世界に対して何も影響を与えられていない自分の小ささが嫌になってくる。

達成感ばかり追い求めていると、自分の作り出す仕事からは人間味が失われて退屈になってくる。

「○○さえあれば幸せ!」と結論づけてしまう人が多いように感じるのだけれど、僕にとっては「これさえあれば幸せ!」と言えるようなものは存在していない気がする。

 

仕事の合間にウサギを愛でる

 

この2つを最適な配分でミックスした時に、「あぁ、生きててよかったなぁ」と感じられる1日が完成する。

朝起きてブログを書き、散歩して、朝ごはんを食べ、動画を撮影し、仕事の合間にペットを愛でて、おやつを食べて、好きな本や漫画を読み、夕方からボードゲームをする。

そんな感じの生活が僕は好きだ。

この最高の人生のレシピは人によってもちろん違う。僕も自分自身の最高のレシピにはまだ辿り着いていない。

自分にとって最適な配分を常に模索しながら生きている。

 

 

やりたいこと探しを終わらせる、無料オンライン個別相談に参加しませんか?

夢中になれる働き方を作りたいあなたへ

オンラインで気軽に相談してみませんか?

無料オンライン相談会では、
あなたの現状の課題を客観的に分析させていただき、
自己理解を通じて自分のやりたいことに夢中になるまでのプロセスを解説します。

自己理解プログラムに興味のある方は、ぜひ気軽にご相談ください。

▼詳細はこちら
https://www.jimpei.net/jikorikaiprogram

▼日程一覧はこちら
https://form.os7.biz/f/650318b5/