やぎぺー(八木仁平)のプロフィール

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ
八木仁平の写真

 

 

八木仁平の簡単な経歴

データー_827

旅するプロブロガー。

月間70万人に読まれる個人メディア「やぎろぐ」を運営。

高校時代に都会に憧れて高知から上京したけれど、サークルでバドミントンをするだけの高校までと変わらない日々を過ごしていることに気づき「もっとチャレンジングな人生に変えたい!」と強く思いヒッチハイク西日本一周に挑戦。

コミュ症がなのにヒッチハイクをしてしまったので車内での会話が盛り上がらなかったり、なかなか声をかけられなかったりと大変なことだらけでしたが、なんとか100人以上の人の力を借りて無事成功。

当時ヒッチハイクをしながら書いていたブログが人気爆発し、情報発信することの楽しさに目覚める。八木仁平覚醒!!

その後この”やぎろぐ”を始め、現在では毎月70万回以上読まれ、ブログでの収益は月100万円を超えるまでになりました。

現在は個人が情報発信する価値を伝えたいと思い、初心者向けのブログ学校「ブログカレッジ」の代表をしています。

ブログで稼ぎたい人200人以上をサポート中。

ブログカレッジについてはこちらから

 

大学3年から周りの大学生と同じように就職活動を開始。

無事IT企業に内定をもらったものの、就職することに違和感を感じて直前で内定を辞退し新卒フリーランスに。

現在は個人でメディアを運営し生計を立てています。

【新卒フリーランス】早稲田を卒業したのでキャンピングカー生活始めます 

 

そして2016年6月よりキャンピングカー生活をスタートさせました。

>> 早稲田大学卒23歳のプロブロガー、キャンピングカーでの車上生活をスタート

旅をしながら好きな仕事をして生きています。

 

これまでのメディア掲載履歴はこちらにまとめています。

メディア掲載履歴

 

\ 八木仁平をフォローする /
twitter facebook instagram

ぼくが大事にしている価値観「小さな挑戦」

f:id:jimpeipei:20150928165942j:plain

まずは価値観を知ってもらうのが手っ取り早い気がします。

好きな言葉は”小さな挑戦”。

まだ体験したことがなかったり、試したことがないことをするのが大好きです。

未知のことに挑んでいるときに内側から溢れ出るエネルギーを感じている瞬間が最も幸せ。自分が変化してないと退屈で死にそうになる。

ヒッチハイクって本当に出来るの!?

ブログで稼ぐのって可能なの!?

フリーハグやったら面白いんじゃね!?

そう思いついた瞬間、もう試してみたい衝動が止まらなくなります。このエネルギーがあれば何でも出来る。

 

この内側からのエネルギーを生む魔法の言葉が”小さな挑戦”

“小さな挑戦”さえあれば人間のエネルギーはどこまでも突き抜けていくと思ってます。だから挑戦している人が好きだし、背中を押すのが好きです。

やぎろぐにぼく自身の挑戦の記録を残すことで、読んでくれた人の中に「すごい!やってみよう!」というエネルギーが生まれれば最高です!

そんなぼくの”小さな挑戦”をまとめたのがこちら。

「プロフィールはもういいから記事を読ませろ!」という方は読んで欲しい厳選記事を10個まとめているのでこちらからどうぞ!

初訪問の方に!「やぎろぐ」で読んで欲しい記事10選

 

ぼくの家族について

高知県で生まれました。

両親と、兄、ぼく、弟の3人兄弟。

ぼくは次男です。

父は美容室の経営。

母は養護学校の先生。

兄にはずっと憧れていました。

関連記事:ぼくはお兄ちゃんに憧れていた

弟は運動神経がない代わりに、勉強を頑張ってぼくと同じ早稲田大学に入りました。

関連記事:弟が東大に落ちて、早稲田へくることになった

ここからはこれまでの人生をより詳しく紹介しています。

生まれてからこれまでどういう人生を歩んで来たのか

誕生〜小学校

f:id:jimpeipei:20160408225305p:plain

高知県という超田舎で生まれました。

早生まれで身長が高く(小学6年で168センチ)、勉強もできたのでクラスでもかなり目立つ方でした。

親が甘やかして欲しいゲームを何でも買ってくれたので、一瞬で眼が悪くなり小学2年からメガネをかけていました。

カッコ悪い!と思ってすごく嫌でした。

小学6年の時にやった応援団長で上手く応援団をまとめることが出来ずにすごいコンプレックスを抱きました。

今でも自分がリーダーをやる場面になると少し足が竦んでしまいます。

小学4年生から塾に通って中学受験をして、見事土佐高校に合格!

 

中学高校ではバドミントンに夢中に

中高一貫私立で過ごしました。

中学受験勉めちゃくちゃ頑張ったので、入学当時は頭が良かったのに勉強しないせいどドンドン馬鹿に…。

自由がウリの学校だったけれど、周りの皆も高校にエスカレーター式で上がれるのをいいことに勉強してないので馬鹿ばっかでした。

ぼくも勉強せずにバドミントンしかしていない中学高校時代。

 

結果を出せず、未だにトラウマになっているインターハイ予選

バドミントンが大好きだったのでそこそこ強かったんです。

県のダブルス大会で一度優勝したこともあります。

でも、チームの目標となっていたインターハイ出場を決める大会である「インターハイ予選」でぼくは全く力を出し切れませんでした。

チームを引っ張るキャプテンという立場の重圧に耐え切れずに、心が押しつぶされてしまいました。

団体戦ではチームのメンバーが強かったので優勝しインターハイ行きを決めたもののぼくは周りが全く見えないほどに緊張してまともな試合ができませんでした。

その後、一度優勝したことのあるダブルスでは2回戦で敗退。

シングルスでは1回戦敗退。

今でもその当時のチームメンバーの顔を見るとインターハイ予選の後悔を思い出してしまう。

大舞台に弱い自分が大嫌い。

そんな自分を変えたいと思い、大学入学後は色んなことに挑戦しました。

 

高3の8月にバドミントン部を引退し鬼の受験勉強スタート

中学高校とバドミントンをして、高3の8月にバドミントン部を引退し、受験勉強開始。

受験勉強を初めだ時はクソ馬鹿でした。同じ高校の同期250人中200人くらいの位置に。

アホだったけれど、1つのことに集中する力だけはバドミントンで培えていたので、毎日12時間の勉強を続けることでセンター試験の本番では7科目平均92%を取ることができました。

この成績は学年250人中なんと5位。学校中の先生を驚かして超快感。

そう、ぼくは先生のいうことを全く聞かない問題児だったんです。笑

センター試験で92%を取れたので第一志望の神戸大学に合格。

そして、なぜか上京したくなり早稲田大学に進学。

 

大学入学(早稲田大学商学部での4年間)〜

f:id:jimpeipei:20150812164455j:plain

受験太りで気付いたら顔がパンパンになっていました。デブ。

そして大学に入ったら色々挑戦しようと意気込んで5このサークルを兼サー。

すぐに無理だと気付き、某意識高い系団体とバドミントンサークルの2つを続けました。

9月には某意識高い系団体を辞めバドミントンサークルだけに。

勉強は無難にこなし、バドミントンをするという高校時代と全く変わらない日常を過ごしました。バカか俺は。

大学生になったらやりたいことが出来る!と意気込んでいたのは入学した4月だけでした。

 

大学時代の転機(ヒッチハイクで西日本一周)

f:id:jimpeipei:20141208134028j:plain

そんな中で転機になったのが「ヒッチハイク」です。

何か他人に自慢できることをやりたいなーと思って調子に乗り、ヒッチハイクに挑戦。

初めは友達と2人で名古屋へ。初めてのヒッチハイクはなぜか大成功!!

名古屋へのヒッチハイクが上手く行きすぎて、調子乗って春休みに西日本一周!!西日本一周をした2週間で色んなことを経験し、なんとか東京に帰還。

今思えば人生で一番長い2週間だった気がする。コミュニケーション能力がちょっとだけつきました。あとトラックのおじさんは怖くないんだと分かりました笑

 

バドミントンサークルでは副幹事長をやってました

f:id:jimpeipei:20141208133300j:plain

センターの金髪がぼくです。一生に一度の金髪でした。

大学2年の夏から1年間はバドミントンサークルの副幹事長として飲み会を企画し続けました。

いわゆる飲みサーってやつで、年に50回以上飲み会の幹事をしました。

飲み会の幹事だけは得意です。

 

アルバイトが本当に続かない

f:id:jimpeipei:20160106181636j:plain

ぼくはよく「仕事出来そう!」と言われるんですが、実際はマジで仕事出来ません。

使いものにならないです。そんなぼくのバイト歴を紹介。

となかなかダメなぼくです。

お金稼がなきゃいけないのはわかってるけどお願いすれば親に頼れるし、バイト先の人間関係に入っていくのも怖い。

「このままで社会人になれるのか?」と思っていたところで就職活動が始まりました。

ブログを本格的に始めたのも就職活動と同時期です。

 

その後、ブログで稼ぐようになる

f:id:jimpeipei:20151203154805j:plain

バイトが続かなすぎたので、時給以外で稼げる方法を探そうと模索しまくりました。

1年くらいいろんなことをやりまくって沢山失敗をした結果ブログがすごいうまくいきました。

多分性にあってたんだと思います。このブログですね。

学生の内に月40万近くブログで稼げるようになったのであのときに嫌々アルバイトを続けなくてよかったなと心の底から思っています。

嫌なことからは逃げたほうがいい、という価値観がここでぼくの中に生まれました。

得意なこと、好きなことだけやればいいんです。

 

就職活動をしてIT企業のエンジニアに!

f:id:jimpeipei:20160408183412j:plain

ぼくはバリバリの文系学生で、営業職に憧れていたんです。

会話で人を魅了し商品を売るって超かっこいいじゃないですか?

だからこそ大学時代にヒッチハイクを通してコミュニケーション能力をのばそうと思ったんですね。

そして半年間くらいの就職活動!

色々な選択肢を考えた結果、IT企業でエンジニアをすることになりました。

以下のようなことを考えてエンジニアになることを決意したんです。

総合職からキャリアを始めるか、技術職でキャリアをスタートさせるか、ぼくの未来は全く違ったものになると思います。なる。

ぼくの大好きな自分削り理論で考えました。

「今周りにいる社交的な学生よりも営業職について結果が出せる自信があるか?いや、ない!」

この瞬間営業職でキャリアをスタートさせるという選択肢は消えました。営業にもいろんなタイプがあって、その強さにも色んなタイプがあることもしっかり調べました。どのタイプにも自分はあてはまりませんでした。

一度技術を学んでからその優位性を活かして総合職に戻るにせよ、そのまま続けるにせよ、これから働いていく中で大学時代に物を売ることを学んできた自分が技術を使いこなせるようになることは間違いなく価値のあることだと確信したんです。

そう確信して決めた時に、もがもがもがいていた大学での経験やらが一気に意味のあるものになったように思えました。

そういう感じで来年からは渋谷のITべンチャーでエンジニアをやります。

ヒッチハイク100回やったことのあるエンジニアっているのかな?

 

と思っていたんですが、大学卒業後就職せずにフリーランスになりました

f:id:jimpeipei:20160325195913j:plain

エンジニアになろうと決意したのですが、入社前の研修を受けている前に

「向いてねぇわ」

と理解し内定を辞退。

ぼくの人生は嫌なことから逃げまくりですが、それでいいんです。

色々試してみて好きなことを見つけるのが成功への一番の近道だから。

 

内定を辞退し新卒で就職するのをやめてフリーランスになりました!

キャンピングカーを購入し、家を捨てた車上生活をスタートさせます。

以下はフリーランスになることを決意した時に書いた文章。

「まずは新卒で入社してから3年働け」

ごく普通の大学生活を送ってきたぼくは、社会で言われているそんな”常識”を信じこんで就職活動を始めました。

就職活動の軸は「自分に能力がついていずれ独立につながること」

就職活動では約40社の選考を受けました。

そうやって沢山の会社・職業を知っていく中で、

ぼくはつぶしの効きそうな選択肢だと考え、最初のキャリアをエンジニアとしてスタートさせることに。

引用:【新卒フリーランス】早稲田を卒業したのでキャンピングカー生活始めます

 

2016年6月1日「キャンピングカーを購入し、移動生活スタート!」

f:id:jimpeipei:20160615193808j:plain

キャンピングカー買っちゃいました。

早稲田大学卒23歳のプロブロガー、キャンピングカーでの車上生活をスタート

軽自動車のキャンピングカーなので350万円とキャンピングカーの中では安い方。

現在はキャンピングカーで旅をしながら、好きな仕事をして生きています。

 

これまでの実績

2015年9月〜初心者向けブログ塾「ブログカレッジ」でブログを指導

f:id:jimpeipei:20160305170632p:plain

ブログ初心者から、月間10万人に読まれるブログを作ることを目標とした「ブログカレッジ」を設立。

約150名に継続してブログ指導を行っています。

>>ブログカレッジについてはこちらから

 

ストレングスファインダーで診断した5つの強み

f:id:jimpeipei:20150415182114p:plain

めちゃくちゃ当たると噂の強み診断「ストレングスファインダー」で出たぼくの5つの強みです。

自分でも気持ち悪いほど当たっているのがわかるのでこれを見てもらえればぼくがどういう人間かある程度わかってもらえるんじゃないでしょうか。

目標がないと頑張れなくて、パソコンが好きだけど実は活発で、頂点まで登りつめてやるという意識高い系です。

自分の強みが知りたい人はぜひやってみてください!

ストレングスファインダーはお金がかかるので、無料で同じような診断を受けたいなら「リクナビNEXT」に登録してグッドポイント診断「を受けるのがおすすめ!さすがリクルートこちらもかなり詳しく結果が出ます。

自分の強みを5つ答えられる?言えないあなたはいますぐ「グッドポイント診断」

 

好きな女の子のタイプ

f:id:jimpeipei:20150720202124j:plain

引用:http://web.hakohako.info/131

何人かの女の子と付き合ってきて、自分の趣味が分かってきたので、まとめておきます。

  1. 身長160センチ以下
  2. 丸顔
  3. よく笑う
  4. 依存してこない
  5. でもこっちから話さなくても話題を振ってくれる
  6. おっ◯いも少々
  7. 何かに熱中していても不機嫌にならない

 

好きなアーティスト

f:id:jimpeipei:20160305170442j:plain

引用:高橋優「今、そこにある明滅と群生」インタビュー (1/5) – 音楽ナタリー Power Push

  • 高橋優
  • サンボマスター
  • マキシマム・ザ・ホルモン
  • KREVA

高橋優さんが好きすぎて似たメガネを買いました。笑

f:id:jimpeipei:20160427221819j:plain

 

好きな食べ物

f:id:jimpeipei:20150812164638j:plain
  • 豚カツ
  • お好み焼き
  • たこ焼き
  • ラーメン
  • 鶏肉

何故かひとつだけ食材が混じっているのはご愛嬌。

ここに書かれているものを食べてればとりあえず幸せです。

 

趣味

f:id:jimpeipei:20160427222012j:plain
  • ボードゲーム(10個くらい持ってます)
  • ヒッチハイク(100回くらいやってます)
  • ブログ(これで暮らしてます)
  • バドミントン(インターハイに出て日本ランキングをもらったことがあります)

 

SNSはこちら

Jimpei Yagi | バナーを作成

*「やぎろぐ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で