八木仁平オフィシャルブログ

発信力を鍛えて、好き勝手生きる

成長したいなら、アウトプット前提の行動をしなければいけない理由

こんにちは、やぎぺーです。

ブログに書いたように昨日から1ヶ月間のデザインレッスンを受け始めました。

 

昨日は8時間のPhotoshopレッスンを受講。

たった1日ですが、バナーを作ったり、肌のシミを消したり、乳を大きく出来るようになりました。

その勉強を通じて、改めて自分の成長方法を確認できたので書いておきます。

 

勉強のための勉強は面白くない。アウトプット先があるから面白い

僕は勉強が好きではありません。

ですが、目的のある勉強は楽しめます。

デザインを学ぶにしても、何かしら作りたいものがあって初めて勉強する気が起きます。

「こんなロゴを作るためにはどうすればいいんだろう?」「かっこいいバナーの作り方が知りたい」

という具合に、具体的なやりたいことが先にあってこそ勉強は価値を持ちます。

 

いくら知識を入れても単なる自己満足で1円にもなりません。

勉強のための勉強は面白くないし、もちろんやる気も出ない。

心から湧いてくるモチベーションがないと、学ぶスピードも遅くなります。

かっこよくなりたい・お金を稼ぎたい・女の子にモテたいという直接的なモチベーションであればあるほど成長スピードは早くなります。

そういうゲスっぽい欲望って、自分の中に押し込めてしまいがちなのですがとても役に立つものなのでぜひ解放してあげてください。

 

勉強する前から仕事を貰うべき

実際に僕は勉強する前から友達に直接声をかけて5件、Twitterで募集して6件の仕事もらいました。

  • バナー5件
  • Kindle本の表紙1件
  • ロゴ4件
  • 名刺1件

今は手一杯になってしまったので、また手が空いたら仕事の募集をさせていただきますのでよろしくお願いします。

 

 

これくらい仕事をもらっていれば、それをこなしている内に勝手に成長していきますよね。

お金をもらった以上、全力で仕事をするので目的なく勉強しているよりも10倍は早く身に付く。

正直その時点でクオリティの高い物が出来るかは分かりません。

けれど、「プロになってから仕事もらおう」と考える多くの人よりは100倍早く成長できて、提供できるもののレベルも上がっていきます。

仕事をもらうのにスキルは関係ない。

どれだけ自分のスキルが上がっても上には上がいますしね。仕事をもらうのに実力を基準にしていればいつまでも前に進めないっす。

 

素人がデザインを1日学んで作ったバナーの成果

デザイン勉強2日目の僕の作品はこちら。

友人に仕事として貰い、LINE@バナーを1つ作りました。

 

そして、自分のブログに掲載するバナーも作成。

 

昨日まではPhotoshopすらまともに使ったことがなかったので、自分的には驚くほどの成長です。そして楽しい。

こうやってアウトプット先を用意しての勉強は速度が違いました。楽しい。

これからもアウトプットファーストでお金をもらいながら成長していこうと思います。

ではでは。

 

Return Top