「大学に入ったらブログ始めようと思います」というA君。権力に許可を求めて、人生を無駄遣いする思考について

SPONSORED LINK

つい先日、

A君
大学生になったらブログ始めたいので、そのために思考力をつける方法を教えてください

と高校生AくんからLINE@で連絡が来ました。

 

それに対して

やぎぺー
思考力なんていらないので、今からブログを始めてください

と返信しました。

 

今からブログを始めれば必ず失敗する。それでもやる

この僕のアドバイスに従えば必ず失敗します。

最初から上手くいくことは自分が既に出来るレベルのことなので、挑戦する価値はありません。

新しく始めれば必ず何回か失敗した上で、最終的に必ず成功します。

 

ちなみに今はブログで食えている僕もこれまで5回ブログを変えてます。そして今でも失敗しまくってます。

上手くいっているように見える人でも皆そう。

 

好きな女の子がいたら告白しちゃって、さっさと振られて自分に足りないものを見つけたほうが早いよね。

 

始めないと本当に必要なことは分からない。いつまで陸でクロールの練習を続けるの?

A君は「ブログで成功するためには思考力が必要」だと思っているようですが、本当にそうでしょうか?

まだブログを始めてすらないA君が考える必要な能力は、本当に必要な能力なんでしょうか?

 

おそらくその思考だと、永遠にブログを始められません。

始められたとしても、無限に自分に必要に思える能力が見つかって途中でブログをやめてしまいます。

 

走り出す前にうんうん頭をひねっている時間は、人生の無駄遣いでしかありません。

だって今あなたが必死に身につけようとしているその能力、そんなに重要じゃないんですもん。

陸で必死にクロールの練習している人がいたら「それ意味ないよ」って教えてあげますよね?

 

権力からの許可を求めるな。自分の行動に許可を出せるのは自分だけ

おそらくA君は有名ブロガーの僕からの許可を求めてたんだと思います。

「八木さんに言われた思考力をつける方法をマスターすれば自分はブログを始めて良い」みたいな。

そんな思考だと「誰かに認められた証としての資格を得るため」にお金と時間を使い続けてしまいます。

何かを始めるのに権力からの許可はいらないんだよ。自分で自分の背中を押すしかない。

 

まだ高校生なのにという思考には全く意味がない

余談ですが、この話をFacebookでしたところ以下のようなコメントをもらいました。

まだ高校生なのにその行動に至ったことがすごいと思う

 

でもですね、僕は思うんですよ。

「A君はまだ高校生なのにすごいね。」「A君は大学生なのにすごいね。」という発言に全く意味はないです。

むしろ言われた人にとっては、その言葉は今頑張らなくてもいい理由になりうるので、害にすらなると感じます。

一緒に生まれてても能力に差があるのは当然で、人生は同世代と競うものではない。年齢で勝負するものでもない。

常に昨日の自分との勝負です。同世代がどうとかは関係ありません。

 

ちなみにその高校生にも「八木さんはいつからブログを始めたんですか?」と聞かれたんですよ。

僕がブログを本格的に始めたのは大学3年です。はい、高校生にとって今やらない理由ができちゃいました。

南無。

大学生になったからブログを始めるってのも、大学という権力への盲従でしかない。

 

A君を反面教師にする

と言っている自分もA君と全く同じで、「プログラミングのスキルがあったら、このサービス作りたいのにな〜」とか、「法律関係が分からないからまだこれは出来ないな」とかまさに連絡をもらった時に考えてました。

なので、A君を反面教師にして記事を書かせてもらいました。

 

今です今。

権力からの許可を待っている時間は無駄でしかありません。

陸でクロールの練習してる場合じゃないですよ!

早く飛び込んじゃいましょうよ。


Twitter➝
直接話せるLINE➝友だち追加

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ書いて飯食ってます。大学時代にミニストップのバイトを2ヶ月でクビになったのがきっかけで、好きなことしかやらないと決意しました。
その時から、自分の得意なことだけやって生きていく方法を模索して今に至ります。

■目指していること
誰もが得意なことを仕事にした社会を目指しています。 現在は得意なことで収入を得る1つの手段としてのブログ運営のプロとして活動中。