[家も捨てた]最強のミニマリストが教える徹底的に断捨離をする方法

SPONSORED LINK

断舎離していった結果住んでいるキャンピングカーの車内

断舎離していった結果住んでいるキャンピングカーの車内

家まで断舎離し、最強のミニマリスト生活を送っている八木仁平です。

現在はキャンピングカーで旅をしながら生活をしています。所有品は車に載る分だけ。

 

ぼくは物が溢れかえる家庭で育ちました。

裕福で沢山の物が買えるけれど、いろんな物を手に入れすぎてどれが本当に大切なのか分からない。そんな状況の家庭で育ちました。

大学時代に東京で一人暮らしを始めてからは、物で溢れた環境で育った反動から物の少ない生活を追求し、いつのまにか家すら持たない究極のミニマリストへと変貌を遂げたのです。

18年間物が多い家で暮らして、物が多いことが当たり前になっていたぼくが、どうやって断捨離的な考えを身につけミニマリストになれたのか。

ここまで断捨離を進めていくにあたって実践してきた考え方と行動をまとめました。

 

 

多くの服は必要ない。気に入った物だけを着続ける

愛用している無印良品のポロシャツ

愛用している無印良品のポロシャツ

断捨離したいものの代表格でありながら、なかなか捨てるのが難しい服。

最もシンプルな原則は着ていて嬉しい物だけ残すこと。

高かった、安かったに関わらず「これを着たい!」と思えるものだけクローゼットに残しましょう。

今着たいと思わない服は、未来永劫に着ません。これまでの経験から分かるでしょ?

 

特にファッションに興味がない場合は、定番の物を買い揃えておけば大丈夫。

ファッションの基本は男女それぞれ以下の本を読んで学びましょう。

▼男性向け(ぼくのファッションのバイブル)

▼女性向け

 

もちろん、ファッションが好きな場合は沢山の服を持って拘るのもOKです。

一番ダメなのは周りになんとなく良く見られたいから無駄に服を買ってお金を使ってしまうこと。

すっきりさっぱりしていれば誰も文句は言わないし、モテます。毎日勝負服だけ着ましょう。

 

そうは言っても「いろんな服を着たい」という方はファッションレンタルサービスを使いましょう。

 

 

 

本は基本的に全て捨てる。半年に一度以上読み返したいものだけ所有しておく

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

服の次は、本。

一度買った本は捨てずらく、どこの家でも本棚はパンパンになりがちです。

 

本は基本的に全て捨てましょう。もしくは売りましょう。

一度読んだ本はもう一度読み返すことが極端に少ないからです。

半年以内にもう一度開く確信が持てないものは捨ててしまって問題ありません。

 

いつか読むだろうからといって本棚のスペースを無駄にして置いておくことよりも、

本棚にある読んでいない本から受ける「買ったのに本を読まないお前はダメな人間だ」というプレッシャーから解放されることのほうがずっと価値があります。

物が発する声を聞くことは最小限にすべき。

 

ぼくはKindleを使っているので、欲しい本はKindleで購入します。Kindle版がない場合は仕方なく紙の本を購入します。

宝物だった2冊の本も、紙の本は捨ててKindleで買い戻しました。

参考:Kindleのメリットが多すぎて、いつの間にか紙の本が読めなくなっていた

 

Kindleの購入前には、「Amazonプライム」に登録しておくのがおすすめです。(学生の場合は「Amazon Student」)

あまり知られていませんが登録すると、Kindle本体も割引になり毎月対象のKindle本が1冊無料で読めます。お得すぎますよね。

ぼくはほとんどの本をKindleで読んでいます。

 

本を断捨離する際にブック・オフに持って行くのが面倒であれば、宅配買取を頼んで一気に売ったりましょう!どちらにせよそんなにお金になりません。

 

財布は物が入らないように小さくする

20160315155626

誰もが毎日持ち歩く、財布。

  • お札
  • 小銭
  • カード

この3つが入れば十分ですよね。

無駄に大きいサイズの財布を持ち歩くために、無駄に大きいバッグを持つのってものすごく非効率。毎日持ち歩く財布は軽く小さくして身軽になりましょう。

 

男性におすすめの財布はアブラサスの薄い財布

男性向けだとぼくが愛用しているアブラサスの薄い財布が文句なしのおすすめ製品。ポケットにすっぽりと入ります。

参考:【レビュー】abrAsusの薄い財布を1年半使った感想

 

女性におすすめの財布はm+のミレッフォッリエ

アブラサスは女性的なデザインではないので、女性にはm+(エムピウ)のミレッフォッリエがおすすめです。

これまで彼女と友人、母親の3人にプレゼントしてきて、みんな気に入って愛用してくれています。

参考:【レビュー】「m+(エムピウ)」の財布ミッレフォッリエは、使う人のことを考え抜いた神財布

 

必要ないガジェット類は売りまくる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぼくはブロガーという仕事上、MacやiPhoneなどの機械が大好きです。

2年ごとくらいに買い換えるので、油断すると家には「いつか売ろう」と考えているものがどんどん溜まっていきます。

 

「高く売れなかったら損だな…一番高く売れる方法をいつか調べよう…」

そうやって考えている内にモノの価値はどんどん下がります。いつか売るものはさっさと売りましょう。

おすすめの方法は2パターンあります。

 

1.手軽に高く売りたいなら「ヒカカク!」

ヒカカク

めんどくさがり屋のあなたはヒカカクで。情報を入力するだけで一発でどのお店の買取価格が高いかが一目瞭然になるサービス。

PCやスマホだけでなく腕時計・家電類・自転車・フィギュアなどなど様々な物の買取価格を比較できます。

参考:話題の買取価格比較サイト「ヒカカク!」を使ってMacBookとiPhoneを最も高く売ってみた

 

2.手間をかけても高く売りたいなら「メルカリ」

スクリーンショット 2016-09-02 17.08.24

ちょっと手間をかけてでも高く売りたいならフリマアプリのメルカリで。

業者に頼むよりは大変ですが、個人間の売買なので高く売れる傾向があります。

 

ただし、売る前にデータの消去は以下の記事を読んで必ずやっておきましょう。

参考1:Mac を売却または譲渡する前に – Apple サポート

参考2:iPhoneを売る前に! iOS端末を完全に初期化するテク

 

コード類は出来るだけまとめる

Collage_Fotor-2-1024x768

細かいテクニックになりますが、所有するコードは最低限にしましょう。

iPhoneの充電コードも、Kindleの充電コードも、Wi-Fiのコードも別で持っているとゴチャゴチャになりイライラの原因になります。

以下のような1本で2役以上をこなせるコードを購入し、最小限にしましょう!

参考:Lightningケーブルはこれ買っとけ。microUSB両用ケーブルが荷物を減らしたいミニマリストの心に刺さる

 

人間関係を断舎離する

物の断捨離以上に、人間関係の断捨離は重要です。

必要のない人間関係は、お金と時間を奪ってストレスを運んでくるだけ。一例を挙げます。

  • (無駄①)無駄な人の目を気にするから服を増やして着飾る
  • (無駄②)気は合わないけど繋がり続けている友達がいるから、Facebookで投稿が流れてきたらいいね!を押す
  • (無駄③)定期的に付き合いの飲み会があるから、乗り気ではないけどなんとなくお金と時間を消費する

自分が好きな人とだけ。もっと言えば自分にとってメリットがある人とだけ付き合えばいいんです。

別にそれで何も困りません。嫌いな人の顔を伺うよりも、好きな人を喜ばせるために時間を使ったほうが幸せに決まってます。

 

Twitterとinstagramの投稿は解除していいし、Facebookは友達でも投稿が流れてこないように設定ができます。

自分のiPhoneなんだから自分が幸せを感じられる情報だけ受け取りましょ!

素直になって、人間関係を断舎離しましょう。

周りの目を気にせずに本音で生きていきたいあなたには、この本をおすすめします。

 

捨てられないのは、過去に執着してる証拠だ

ここまで、ぼくがどうやって徹底的な断捨離を実行してきたか説明してきました。

「そうは言われても簡単には捨てられない」という方も多いと思います。ぼくも昔はそう思ってました。

でも、物や人間関係が捨てられないのは過去に執着している証拠です。

なぜなら捨てたくない物自体が今の自分の支えになってしまっているから。

目の前の今に集中していれば、物も人間関係もそんなに必要ないんです。

 

表面的な断捨離の本はたくさんあるけれど、結局は根本的な考え方から変えていかなければ断捨離をしてもまた別のことで悩むだけになってしまいます。

根本的な考え方を学びたい方は”捨てる”ということについて考えた以下の本を読んでください。

20代向けに書かれていますが断捨離の考え方を学ぶのにとてもおすすめの本です。ぼくは10回以上読み返しました。

 

皆さんが断捨離に成功し、目の前を楽しんで生きられますように!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で