「好きなことが分からない人」が答えるべき10の質問

好きなことを見つける

お知らせ:本が売れています

「自己理解メソッド」が本になりました。
発売3ヶ月で世界累計5万6000部突破!
Amazonレビューも150件を超えています。

八木
自己理解の専門会社を経営している八木仁平です。

年間200人が受講する、3か月・10STEPでやりたいこと探しを終わらせる自己理解プログラムを運営しています。

 

 

今回は好きなことを見つけるための10の質問を紹介します。

 

そもそも好きなことって何かというと、自分が興味を感じること、情熱を感じることです。

自分の好きなことを仕事にすると、その対象に対してもっと理解したい、もっと近づきたというモチベーションが自然と湧いてきます。

 

僕は自己理解を仕事にしていますが、自己理解自体に興味があり好きだから、無理がなく楽しく仕事ができています。

あなたもぜひ、この10の質問で好きなことを見つけてください。

 

同じ内容をYouTube動画でも話しているので、動画がお好きな方は以下からどうぞ。何度も繰り返し見るのがおすすめです。

「好きなこと」が見つかる10の質問

(1)あなたがSNSでフォローしているのは、どんな分野の人たちですか?

(1)あなたがSNSでフォローしているのは、どんな分野の人たちですか?

継続的に集めている情報の中に、あなたが強く興味を惹かれている分野があります。

それはSNSでフォローしている人からも分かります。

 

僕もSNSをやっていますが、仕事として関わっている心理系、哲学系の人たちはもちろん、趣味としてファッション系、デザイン系の人も多くフォローしています。

それから、どうやって自分のやりたいことを仕事にしていくかというマーケティングやブランディングなど、ビジネス的なものを扱ってる人も結構好きです。

 

あなたがSNSでフォローしている人って、どんな分野の人が多いですか?

 

(2)これまで読んできた本は、どんなジャンルのものが多いですか?

(2)これまで読んできた本は、どんなジャンルのものが多いですか?

僕が好きなのはマーケティング系やブランディング系の本で、仕事の進め方や、自分をどうやって表現して社会に認知してもらうかを勉強しています。

もちろん自己理解は自分の仕事の中心であり大好きなことですから、心理学系や目標達成の本は本当にたくさん読んでいます。

 

今あなたは学ぶ側にいると思いますが、自分がお金を払ってでも勉強したいと思ってることなら、それを仕事にしてしまうことを絶対におすすめします。

好きなことを仕事にすれば無限に勉強できるようになりますし、趣味でやっているよりもずっと速いスピードで成長していけるんです。

 

ぜひあなたが読んできた本の中から、自分の好きなことを見つけてください。

 

(3)これまで生きてきた中で、お礼を言いたい仕事は何ですか?

(3)これまで生きてきた中で、お礼を言いたい仕事は何ですか?

僕は、お世話になってきた先生にお礼を言いたいです。

 

高校生の時に全然英語の授業についていけなくなったんですが、その時に中1レベルの基礎から丁寧に教えてくれた塾の先生がいるんです。

あの人がいなければ英語ができるようにならなかったし、大学入って今に至るっていう、その後の人生も変わってしまっていたと思います。

 

それから僕の自己理解メソッドのもとになっている考え方を教えてくださった、精神科医の泉谷閑示先生でにも非常に感謝しています。

 

僕は教育の分野に非常に興味があって、ゆくゆくは自己理解を学校教育に取り入れたいと思っています。

今の学校教育って、自分が学びたいから学ぶのではなく、学ばなくてはいけないから学ぶため、モチベーションも湧かないし面白くない。

自分のやりたいことを決めて、それに必要な知識を学んでいくのが本来の楽しい勉強だと思っていて、それを当たり前にしていきたんです。

 

これが僕のもう1つの好きなこと、教育です。

あなたにとって「これのおかげで今の自分があるんだ」と、お礼を言いたい仕事はありますか?

 

(4)あなたは普段、どんなことに興味を持っていますか?

(4)あなたは普段、どんなことに興味を持っていますか?

これは第三者になったつもりで考えてみてください。

 

自分の好きなこと=当たり前なこと

普段から当たり前に触れてるからこそ好きなんです。

 

その当たり前に気づくためには、普段の自分の行動や考えを第三者の目線で見て、「この人は何が好きだと感じてるんだろう?」と考えてみることをおすすめします。

 

僕の場合も考えてみたんですが、僕がいつもこだわっているのは思考を整理することだったり、物事や考え方をシンプルにするっていうことで、多分周りの人からもそう見えてるんだろうなって思います。

あなたが自分を客観的に見た時、どんなことに興味がありそうだと感じるでしょうか?

 

(5)これまで勉強してきた中で、面白かったものは何ですか?

(5)これまで勉強してきた中で、面白かったものは何ですか?

僕が勉強してきて面白かったのは、高校生の時の倫理です。めちゃくちゃ面白くて、全く頑張らなくても点数が伸びていきました。

 

それからマーケティングやブランディング。自分の持っている商品の見せ方を変えて、どうやったら上手く社会に広めていけるかを考える分野ですが、それも勉強して面白かったです。

 

ほかには、大学卒業してから始めたデザインも面白く学ぶことができました。

 

僕の場合は1つ目に挙げた倫理から派生して、今は自己理解という仕事をしています。

自分が学んでいて面白いと感じる分野はそもそも興味があることなので、それが仕事になると上手くいきやすくなります。

 

(6)好きなテレビ番組は何でしょうか?

(6)好きなテレビ番組は何でしょうか?

僕はテレビをほぼ見ませんが、昔好きだったのは『カンブリア宮殿』や『プロフェッショナル仕事の流儀』で、やはりビジネスの回し方を取り上げた番組を面白く感じていました。

人が仕事にどういうこだわりを持っているか、働き方や売り方、仕事の仕組みにも非常に興味があります。

 

今の仕事も、その人の好きなことと社会をつなげてどうやってお金に変えていくかという部分のサポートをしているので、自分の好きなことを仕事にできているっていうことだと思います。

 

このように、あなたの好きなテレビ番組からも好きな分野が見えてきますよ。

 

(7)これに出会えて救われたと感じるものは何でしょうか?

(7)これに出会えて救われたと感じるものは何でしょうか?

僕の場合は間違いなく自己理解です。

 

僕はずっと人見知りで悩んでいて、それを解消するため大学時代にヒッチハイクを100回やったんですが、やはり人見知りは改善しませんでした。

自分はダメな人間だと落ち込んでいた時に出会ったのが、自己理解だったんです。

 

人間は内向型と外向型に分かれていること、内向型の性格は人との関わりを求めず1人で本読んだり、頭の中で考えたりするのが好きということ。

これらを知った時に、人見知りははただの性質だから悩まなくていいんだと気づいたんです。

それからは、1人でじっくりと文章を書き、何か伝えたいことを考えることで人を動かせる才能を持ってるんだというふうに見方が変わりました。

 

そんな経験をもとに、今では自己理解を仕事にして、かつての僕と同じように悩んでいる皆さんにそれを伝えているのです。

 

「これに出会えて救われた。これのおかげで人生が良くなった」と言えるものはあなたの好きなことである可能性が高く、またあなたはそれを届ける価値を知っているわけです。

 

だからそれを仕事にすると毎日がすごく楽しく、仕事も上手くいきやすくなります。

あなたが「救われた」と感じるものは何でしょうか?

 

(8)自分がどんな分野に興味がありそうか聞いてみてください

(8)自分がどんな分野に興味がありそうか聞いてみてください

例えば自分の顔を見る時には鏡を使います。

同じように自分の好きなこと、つまり自分の内側を見る時にも周りの人に鏡になってもらって「自分は何が好きかな?」って聞いてみたらいいと思います。

 

僕は最近、妻から「ファッションめっちゃ好きだよね」って言われます。

決して自分がおしゃれっていうわけではないんですが、服を見てるとわくわくするんです。

確かに、仕事にするほどではないけど結構好きだなと思います。

 

ぜひあなたも家族や仲のいい人に、「自分ってどんな分野に興味がありそう?」と聞いてみてください。

そこで新しい発見があると思います。

 

(9)「なんで?」「どうすれば?」と疑問を感じることは何ですか?

(9)「なんで?」「どうすれば?」と疑問を感じることは何ですか?

繰り返しますが、好きなことというのは、「もっと知りたい」「もっと近づきたい」と思うものです。

それを好奇心と言い換えてもいいと思います。

 

僕の場合、「なんでみんな好きなことで生きられないのかな?社会の仕組みがダメなのかな?」とか、「言い訳が多くて全然行動できない人の脳みそってどうなってるんだろう?」っていうことが気になったりします。

これはもちろん、「自分はどうやったらもっと成長していけるだろう?」という疑問でもあります。

 

自己理解プログラムのクライアントに対しては「この人がどうやったら一歩踏み出せるのかな?」と気になります。

このように僕は生き方という分野にすごく興味があるわけです。

 

あなたも日頃から「なんでこうなんだろう?」と感じることはありませんか?

 

料理が好きな人なら「どうすれば美味しい料理が作れるんだろう」と日々思っているはずで、そうじゃないと料理を仕事にするのはめちゃくちゃ難しいと思います。

また接客を仕事にしてる人なら「どうやったらお客さんが気持ち良く喜んでくれるかな?」と考えているはずです。

 

つまり、「どうすれば?」「なんで?」と感じる部分というのは自分の好きな分野なのです。

 

(10)今あなたは何について学んだり勉強したりしていますか?

(10)今あなたは何について学んだり勉強したりしていますか?

僕の場合、会社を大きくしていきたいなと思ってるので経営について学んでます。

もちろんコーチングや心理のこもはずっと学び続けています。

 

やはり僕が好きなのは、自分のやりたいことを見つけるという自己理解の分野と、それをどうやって広げていくかというマーケティングやビジネスの分野なんだなと感じています。

 

あなたも何か勉強していることがありますか?

もしかしたら、今自己理解について学んでくださってるかもしれませんし、他にもお金や時間をかけて勉強してることがあるのかもしれません。

 

それがあなたの好きなことである可能性はめちゃくちゃ高いのです。

ぜひ、今あなたが勉強していることから自分の好きなことを考えてみてください。

 

好きなことを仕事にして、最高に楽しい人生を送りましょう

好きなことを仕事にして、最高に楽しい人生を送りましょう

好きなことを仕事にするのって、とても楽しいんです。

自分の好きなことを仕事にして人に喜んでもらい、そのことでお金を得て、そのお金でまた好きなことを勉強していく。このサイクルを回していくのは最高に楽しい人生だなと思います。

 

そのサイクルの中心にあるのが「好きなこと」というわけです。

ぜひあなたも今回の10の質問を回答しながら、好きなことを見つけて楽しい人生を送ってください。

 

[9月22日まで]全員に動画3本プレゼントの書評キャンペーン中