自分の異常さに気付くのが自己理解

自己理解メソッド

お知らせ:本が売れています

「自己理解メソッド」が本になりました。
発売3ヶ月で世界累計5万6000部突破!
Amazonレビューも150件を超えています。

ボードゲームをしているときに、いつも面白いことを言おうとしている友人がいました。

何でそんなに常に面白いことを言えるんだろうと気になって、聞いて見ました。

「いつも面白いことを言おうとしてるんですか?」と。

 

その出来事を友人がツイートしてくれたのがこれ。

 

これは僕からしたら異常です。

 

人を笑わせようと考えることがそもそもありません。

友人にとっては当たり前すぎて、初めて異常だということに気づいたようです。

 

この「自分にとっては当たり前だけれど、他人にとっては異常なことに気づく」のが自己理解です。

自分にとっては当たり前すぎて普通に生活していると気づくことができないから、あえて時間をとって向き合う必要があります。

 

僕は興味のあることを徹底的に突き詰めることに異常にこだわります。

90点じゃなくて120点を目指して学びまくるのが当たり前。

 

妻は言いたいことを分かりやすく伝えることに異常にこだわります。

何かを説明するときに例え話が多くて分かりやすい。

 

何で自分の異常さに気づいた方が良いのか。

「他人にとっても普通だよね」と思い込んだままでいると、意識的に使って磨こうとしないので宝の持ち腐れになってしまうからです。

 

異常さに気づいて、その異常さが活躍できる舞台を与えてあげる。

使えば使うほど磨かれていき、自分が生きていくための武器になる。

 

あなたはどんな異常さを持っていますか?

 

PS.

自分の異常さに気づくために「ストレングスファインダー」という診断があるので、まだ自分の異常さにピンと来てない方はどうぞ!

 

動画でも同じ内容を話しているので、動画が好きな方は以下からどうぞ!

[9月22日まで]全員に動画3本プレゼントの書評キャンペーン中