壊したらどうしようと心配してしまう物は、所有しないほうが良い

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ
14712971_1133132630100947_3096681918966052374_o

キャンピングカーを買って旅をしているとき、

やぎぺー
あんな大金出して買ったのにどこかにぶつけたらどうしよう……
やぎぺー
駐車している間に傷つけられたらどうしよう……

という思考が頭の中をずっとグルグルしてました。

 

楽しむために買ったはずが、いつのまにかキャンピングカーに縛られていく思考

やぎぺー
これ何かおかしいぞ?

と、購入してすぐに気づきました。

キャンピングカーを使うことで日々を楽しくするはずだったのに、ぼくの思考は所有しているキャンピングカーに縛られている。

 

「傷つけたり、失くしたり、壊したりしたらどうしよう」という考えが止まらない。

まぁ、ガッツリ自分でぶつけたんですけどね。

img_0182

 

身の丈に合わない物を所有すると、それ自体が目的化してしまう

ぼくは移動手段としてキャンピングカーを購入しました。

すると、移動にはキャンピングカーを使わなければいけないという思考が必然的に出てきます。

 

例えば、

やぎぺー
明後日の北海道のこのイベント行きたい!

と考えたとすると、そこからキャンピングカーと脳内で相談が始まります。

キャンピングカー
やぎぺーくん、2日で北海道まで行ける……?
やぎぺー
いや、さすがに行けないか、今回はやめとこう

みたいな。

 

「いやいやいや、飛行機で行けよ!」と今のぼくからしたらツッコミ待ったなしですが、そのときは本当にそう考えていました。

キャンピングカーで行っても高速道路代とガソリン代はかかるので、キャンピングカーで行くのが時間的に厳しいなら飛行機で行けば良いわけです。

そんな風に、手段であるはずのキャンピングカーが、いつの間にか目的になっていました。

人生を楽しくするために買ったものが、結果的に思考を縛ってしまって、人生をつまらなくしちゃうという本末転倒。

 

所有して良い物は自分の身の丈によって決まる

例えば、ぼくが資産1億円あれば軽自動車のキャンピングカーなんて買っても何の負担にもならないでしょう。

ですがぼくは、今回のキャンピングカーをありったけのお金をはたいて買いました。

誰がどう見ても身の丈に合ってません。

「最悪なくなってもいいや」と考えられない物は持たないほうが良い。

所有している物の少なさは、思考と行動の軽やかさに直結する。

背負えば背負うほど、不自由になっちゃうんですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で