面接で緊張しない3つの方法・コツ|たった3分でOK!

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ

f:id:jimpeipei:20150224163242j:plain

こんにちは!絶賛就職活動中の八木仁平です!

去年の12月ごろ、就職活動で最初に受けた面接でボコボコにされました。受けている企業をただ褒めただけの志望動機と具体性の無い自己PRを喋っている内に自分でも「何言ってるんだろう?」と感じてきて、かなり目が泳いでいたと思います。

ボコボコにされてから就職活動に対してかなり焦りを感じて面接についてかなり研究しました。

事前に志望動機や自己PRを用意していくことはもちろん重要です。ですが、内容よりも堂々と緊張せずに自信を持って発言出来ていることが面接では大事です。

面接をいくつも受けていく中で自信を持って面接に臨むために使える技術を身につけました。面接前にちょっと意識するだけで面接で緊張せずに自信を持ってしゃべることが出来るようにぼくが実践している3つの方法を紹介します!

 

1.面接会場に30分前に到着する

f:id:jimpeipei:20150224163354j:plain

履歴書を書いたり慣れないスーツを着たりしていると思っていたよりも時間がかかってしまい、ぎりぎりの電車に乗って面接会場に息を切らせて到着。このパターンで臨んだ面接はほぼ失敗しました。

余裕を持って到着して悪いことはありません。

「20分前に到着しよう」と考えているとぼくの場合10分前に到着してしまいます(笑)早すぎるくらいの到着で気持ちを落ち着けて面接に臨みましょう。

 

2.トイレの中で2分間強者のポーズを取る

f:id:jimpeipei:20150224155944j:plain

この記事には2分間強者のポーズと言われる堂々とした姿勢をとることで自信を持って面接に臨めるようになるということが書かれています。

就職面接に臨む前は、どんなふうにしているでしょうか? こんなふうですよね? 座ってiPhoneをいじり、誰かを押しのけようなんてしません。手帳を見て、背を丸め、体を小さくします。でも本当はこんなふうに(手を上に堂々と広げて立つポーズ)したほうがいいんです。トイレにでも行って2分間やるんです。

 話す内容ではありません。「その人が話す態度」が重要なんです。私たちは能力を示す条件を評価していると思っています。「話はどれだけ筋道立っているか」「内容は良いか」「資質はあるか」。でもそういったものに効力はなく「態度」こそ影響を与えているものなんです。

 

面接会場に30分前に到着することの意味は、強者のポーズをする時間を作れるということにもあります。本当に強者のポーズを2分間とるだけで面接の結果が変わるのか?とぼくも最初は思っていました。これ、本当に劇的に変わるんです。

面接会場に着くとまずトイレに向かって個室に入り、壁に向かって強者のポーズを取るようにしています。強者のポーズをすると最初の1分間は心拍数が早くなりドキドキとしてきます。後の1分間はだんだんと落ち着いて来て、心に謎の自信が湧いてきます。

面接前の2分間に背中を丸めてiPhoneをつつくか、トイレの個室で強者のポーズを取るかのちょっとした違いで面接の結果を変えてやりましょう!

 

3.伊勢谷友介さんの写真を見てイメージを高める

f:id:jimpeipei:20150224161335p:plain

引用:「本物の英語」が身につく英会話スクール COCO塾(ココジュク)

見てください。伊勢谷友介さんの自信に満ち溢れた表情を。就職活動の面接でこの表情が出来れば間違いなく受かります。

スマホに一枚写真を入れておいてトイレの中で開きましょう。伊勢谷友介さんと向き合って自信に満ち溢れた笑顔を真似してみてください。待合室でニヤニヤしていたら変な人ですがトイレの中なら何でもやって大丈夫です。

f:id:jimpeipei:20150224161404p:plain<君なら受かる!

 

小さな積み重ねが大きな差になる

強者のポーズを取ることを勧めている方がスピーチの最後でこう言っています。

最後にお伝えしたいのは、小さい変化が大きな違いに繋がるということです。たった2分間の積み重ねですが、この次、ストレスを感じる評価される場面に臨むとき、やってみてください。エレベーターのなかで、トイレの個室で、自分の部屋で、やってみてほしいんです。脳をその状況に最適な状態にし、テストステロンを上げ、コルチゾールを下げるんです。せっかくのチャンスに「自分らしさが出せなかった」なんてことにならないように。

「自分がどんな人間か言ってやろう、見せてやろう」という気持ちになってください。そしてお願いしたいのは、力のポーズを試し、この科学を広めてください。すごく簡単なんですから。エゴで言っているのではありません。みんなに教え、共有してください。

これが一番役立つのは、リソースも、技術も、ステイタスも、力もない人たちです。ひとりでできるんですから。必要なのは自分の体と、ひとりになれる2分間だけです。それらが彼らの人生を大きく変えられることになるはずです。ありがとうございました。

今回挙げた3つの方法を実際にやってみることで小さな自信がつきます。小さな自信を持って成功することが出来れば、いつの間にか成功体験に基づいた本当の自信になります。後悔のないように就職活動をやり切りましょう!

 

八木仁平@ ‘ェ’ @ 

 

就職活動中に読んだおすすめの本

ぼくが就職活動前・中に読んだおすすめの本を紹介しておきます。海老原さん、常見さんの本は本当におすすめです。読み物として単純に面白いし、もちろん就職活動に役に立ちます。行動も大事だけれど行動前の情報収集も同じくらい大事だとぼくは考えています。就活は情報戦!デァ! 

2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本 ― 受ける「順序」を変えるだけで、内定率アップ!

2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本 ― 受ける「順序」を変えるだけで、内定率アップ!

 

 

面接の達人2016 バイブル版 (MENTATSU)

面接の達人2016 バイブル版 (MENTATSU)

 

 

くたばれ!就職氷河期  角川SSC新書  就活格差を乗り越えろ (角川SSC新書)

くたばれ!就職氷河期 角川SSC新書 就活格差を乗り越えろ (角川SSC新書)

 

 

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと – 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!

 

 

内定を決めたひと言

内定を決めたひと言

  • 作者: 常見陽平
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2009/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

銀のアンカー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

銀のアンカー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で