「感謝」という言葉の意味が全く理解できなかったけど、最近ようやく分かった

ポジティブな言葉として使われる代表として「感謝」と言うものがあると思うんです。

けれど正直僕は、最近まで「感謝」という言葉の意味が理解できていませんでした。何か単なるきれいごとかのように感じていました

感謝感謝言ってる人も正直心の中ではそんなことを思ってないんだろうなぁと斜に構えて見ていました。

 

最近僕が感謝を感じるタイミングは、周りの人のおかげで自分の才能発揮できる分野だけに集中させてもらっているなー」と思う時。

僕の会社では、ストレングスファインダーエニアグラムウェルスダイナミクスなどの才能診断ツールを使ってメンバーそれぞれの得意分野を明確にしています。

以下の画像はストレングスファインダーだったの強みを並べたものです。これだけ見てもメンバー同士の才能が違っていてすごく面白いですよね。

 

 

3ヶ月前ぐらいまではフリーランスとして個人で働いていたので、自分があまり得意じゃないことや気分が乗らないこともやらなければいけないことが多々ありました。

会社を起こしてチームで仕事をするようになってからは、自分が出来ない事でも他の人からしたらやっていて楽しいことが多々あることがわかり、仕事を任せられるようになったんです。

そうなると自分が得意だったりやってて楽しいことだけに集中して仕事ができるようになり、仕事をしている時に「何て幸せなんだろう」と感じることが多くなりました。

なぜ好きなことだけやって生きていけてるかというと、それはもう一緒に働いてくれてるメンバーのおかげでしかないんですよね。

これまでは自分を過信していて、今うまくいってるのは自分の能力だと感じていたのですが、それが周りの支えによるものだと理解出来てきました。気付くの遅い。

この感覚こそが「感謝」なのではないかと気付きました。これに早い段階で気づく人ってすごいなーと尊敬しています。

 

周りの人が一緒に働いてくれることに「感謝」しているので、自分のできることで精一杯「貢献」ができたらいいなと今は純粋に感じてます。

 

自分のことを知ると、自分ができないこともわかってくるので良い意味であきらめがつくんですよね。

今までは変なプライドを持っていて、自分にできないことがあるのはかっこ悪いという感覚がありました。

 

周りの人が楽しく働けるように、自分ももっと楽しく働けるようにさらに才能について理解を深めていこうと思います。