八木仁平オフィシャルブログ

発信力を鍛えて、好き勝手遊ぶ

「読書」を「お金」に変える。 八木仁平流本の読み方4ステップ

 

▼僕がやっている本の読み方がTwitterで分析されていました。

 

ほぼほぼその通りでした。

僕の場合は本を読むというインプットだけで終わらせずに、アウトプットして収入に繋げることまで意識しています。

この記事では、僕の本の読み方を掘り下げて解説します。

 

 

本の読み方1. 色んなジャンルの本を読んで知識の幅を広げる

信頼できる人がおすすめしていた本は問答無用で買います。

興味がなくてもとりあえず買ってみる。

 

実際に開いてみて「これは難しくて読めないわ」と思ったら大体売ります。また読みたくなったら買い戻せばいいや精神。

この、興味がわかなければ放置する精神もとても大事にしてます。

無理して頑張って読んで、本を読むこと自体がつまらなくなるのが一番ダメなので。

関連記事信頼出来る人のおすすめで本を買い始めてから、ほとんど失敗がない

 

▼なのでAmazonの購入履歴は本だらけ。(大学時代はお金がなかったのでずっと図書館で借りてた)

 

あとは、ブクマという中古本売買アプリもよく使います。

関連記事不要な本をお金に変えるために「ブクマ!」で13000円分出品してみた

 

本の読み方2.その本の重要なポイントをTwitterで共有する

本を読んでインプットするだけだともったいないので、有益だと思った部分はTwitterでつぶやきます。

▼実際のツイート

 

内容を140文字で伝わりやすく切り取るのはあんまり得意じゃないのでトレーニング中。

経験値が溜まってきて徐々にコツが分かるようになってきました。

 

ちなみに紙の本の中の図の写真を撮る時には「Evernote」を使っています。

スキャンしたみたいな写真が撮れるのでおすすめ。

Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶

Evernote – あらゆる情報をまとめて記憶
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

 

本の読み方3. ついでにAmazonのリンクも貼る

もちろん、ツイートのリンク内にはAmazonアソシエイトのリンクを貼ってます。

そのリンクを踏んで購入してくれると僕に本の購入代の3-8%が入ってくる仕組み。

面白い本を紹介すれば100冊くらいは売れるので実は本代金分は回収できちゃいます。

 

本の読み方4. Twitterで反応が良ければブログ記事にする

読んだ本は

  • Twitterでの反応が良い
  • めちゃくちゃ面白い

と思ったらブログ記事にまとめます。

この記事とか書評です→2020年人工知能時代の幸せな働き方

 

書評の書き方も今トレーニング中。上手い人の書き方をとにかくパクってます。

 

アウトプットから収入に繋げるための本の読み方

以上が僕の本の読み方です。

  1. とにかく色んなジャンルの本読んで知識の幅を広げる

  2. その本の重要なポイントをツイッターで共有する

  3. ついでにAmazonのリンクも貼る

  4. ツイッターでの反応が良ければブログ記事にする

コツコツ続けて、

やぎぺー
この人のおすすめする本は当たりが多いな!

と思ってもらえるようになれば、好きな本を買って読み続けられるループが完成します。

ぜひ真似してみて下さい。

 

「読書」を「お金」に変える活動をさらに突き詰めたい方は、以下の書籍がおすすめ。むさぼるように読んでしまった。

まさに読書を仕事にしているDaigoさんがその方法論について書かれてる本です。

気軽にコメントをどうぞ

*

Return Top