八木仁平オフィシャルブログ

発信力を鍛えて、好き勝手生きる

親の口出しは100%間違っているんだから、許可なんて求めるな

 

親しい友人に、親子関係で悩んでいることを相談された。

自分が最近会社を辞めてフリーランスになったことを否定され、「正社員としてまともに働け」と言われているとのこと。

正社員として働くまでは実家に帰ってきて仕事を探せ、とまで言われているらしい。

 

何だよ、まともって。

安定した給料がもらえていれば人間は幸せだと思ってるのかな?

 

親が子供の選択に干渉するのはよくある話だと思うけれど、親しい友人の話だったから心底ムカついた。

 

親も子もただの他人同士なわけで、してもいいのは「提案」までだ。

子供の人生選択に「干渉」し始めるとロクなことがない。

親の与えてくれる正解で生き続けたら、自己重要感は希薄になっていってしまい、最終的には何も自分で決められない人間が出来上がる。

 

そして親のアドバイスは100%間違っている。生きてる時代が違うから。

 

干渉してくる親との縁は、一旦スパッと切ってしまったほうが良い。

縁なんて切れる時は切れるし、その時が来たら勝手に修復するから。

病気状態のまま放置しちゃうとどんどん悪化しちゃうから、一回大手術を行うべき。

お互いに自立した人間として尊重し合える環境を無理矢理作り出したほうが良い。

 

親と子はどこまでいっても他人同士。

お互いの行動に許可なんているはずがない。

 

関連記事「フリーランスになる時に、親に何て言われましたか?」って聞いてくる人多すぎ

Return Top