他者への想像力が欠如したおっさんと出会った @ やよい軒

スポンサーリンク



今日もいつものように、昼にやよい軒へ行きました。

サバの塩焼定食(630円)が最高です。

 

一番店が混むお昼時12時半。

美味しくサバの塩焼き定食を食べていた僕の目に、信じられない光景が飛び込んできました。

 

店内は7割くらい席が埋まっていました。

店内におっさんが入って来ました。

「空いてる席におすわりください〜」と言う店員さん。

だけどそのおっさんは、まだ前のお客さんの食器が残っている状態の席に向かって行きました。

店員「こちらのお席ですか…?」

おっさん「(無言で指を指して頷く)」

1人がけの他の席が普通に空いてるにも関わらず、なぜか忙しく動いてる店員さんを呼び止めて、座ろうとする。

店員さんは仕方なく食器を片付ける。

満足げなおっさん。

 

やぎぺー
いやいやいや、空いてる席に座れや

 

店員さん、忙しそうじゃん。

こういうおっさんは、他者への想像力が生まれ持って欠如しているんだろうか。

もしくは「お客様は神様」とか思ってるのかな。

それ、飲食店の店員側が言うなら分かるけど客が言い始めたらただのモンスターだからね。

 

店員さんの忙しさを想像出来ずに、自分のわがままで動いてしまうおっさん。

こういう人は129%の確率で、仕事も大して出来ない。

そして家では夫婦関係は冷え切ってるに違いない。

 

反面教師にしましょう。

スポンサーリンク