八木仁平オフィシャルブログ

発信力を鍛えて、好き勝手生きる

アイキャッチ講座を開いたんだけど、開催前にビビって逃げたくなった

昨日、ブログのアイキャッチ画像作成講座を開催しました。

Photoshopを使ってブログのアイキャッチ画像の作成スキルを身につける2時間の講座です。

正直この講座、開催前はめちゃくちゃビビってました。

デザインを学びはじめて3週間、人に教えたことはありません。

「2時間で満足してもらえるレベルまで教えられるのか?」と不安でした。

 

開催の当日朝には「何でこんなことやろうとしたんだ…。」、ともはや後悔し始めてました。

このブログには行動した結果ばかりを書いているので、読んでもらっている人からすると僕はリスクを取りまくれる人間のように見えるかもしれません。

が、実際は全くそうではありません。実は何かにトライする前はいつもビビりまくってます。

 

実際には受講者の方にも満足してもらえたみたいなので良かったのですが、開催前にビビっていたのは間違いありません。

 

僕は何でビビってしまったのか、そしてどうすればビビらずに行動を起こせていたのか。

やりたいことがあるのにビビって行動に移せていない人の参考になると感じたので共有します。

初めてのことをするリスクにビビってしまう人間でも、最初の1歩が踏み出しやすくなる方法。

 

ハードルを最低まで下げる

恐れをなくすにはこれしかありません。ハードルを徹底的に下げましょう。

ジャンプしなくても、スタスタ歩けば越えられるハードルを設定してください。

 

ビビってしまう原因は、自分が想定出来ない要素が多過ぎるからです。

ビビるというのは脳科学的に言うと、感情を司っている「大脳辺縁系」という場所が行動にストップをかけてしまっている状態。

 

僕は今回初めてPhotoshopを教えるのにも関わらず友達1人、知人2人の合計3人に教える講座を開いてしまいました。

これだとハードルが高すぎる。

まずは友達1人にだけ教えて、「Photoshopを教えるってこんな感じなのか」という感覚をつかむべきでした。

そして次に開催する時は、知人程度の人に教えてみる。もしくは教える人数を1人増やしてみる。

 

小さく始めて徐々に大きくしていった具体例:ブログ指導編

僕は今ではブログで200人のコミュニティを作っています。

ですが、最初の一歩は興味を持っている友だちに教えるという本当に小さなものでした。

ブログ指導のアウトプットを大きくしていった7ステップ

  1. ブログをやりたいという友達に大学でブログを教える
  2. 1時間1000円の相談で知らない人のブログ相談を受ける
  3. ブログ相談の料金を1時間3000円に上げる
  4. 大学生限定のブログ勉強コミュニティを2000円10人限定で始める
  5. ブロガーを70人集めた新年会を開く
  6. 大学生限定でないコミュニティを始めて100人集める
  7. コミュニティを徐々に拡大して200人にブログ指導を行う

 

このように、最初は自分が恐怖を感じない小さなところからスタートさせましょう。

一気に成長するのではなく、少しずつゆるやかに右肩上がりで出来るレベルを上げていく。

 

今回は結果的に上手く行ったので良かったのですが、理想的な形ではありませんでした。反省。

この反省を次の行動に活かして行こうと思います。参加してくださった方、ありがとうございました!

講座の感想記事を書いていただきました【朝会】ブロガーに教えてもらうフォトショの使い方は実用性がある。 | たっけのメモ

 

 

関連記事

Return Top