八木仁平オフィシャルブログ

発信力を鍛えて、好き勝手生きる

コミュニティ0の孤独フリーランスは、オンラインサロンに入れば幸せになれる

フリーランスになって1年とちょっと経ったやぎぺーです。

やぎぺー
フリーランスってめっちゃ孤独やん

1年かけてそれを実感しました。

 

「孤独が人を成長させる」そんなん嘘やで

フリーランスになってすぐに、孤独だなーと感じていましたが、

やぎぺー
孤独が人を成長させる

とか中二病的な考えを持っていたので、これでいいやと思ってました。

 

けどですね、徐々に仕事が上手くいかなくなってきたんですよ。

半年くらい知り合いの少ない福岡に移住していたのですが、その時の孤独感はすごかった。

所属してるコミュニティが0の状態。

寂しすぎて全然仕事が手につかないんです。福岡に住んでた頃に書いてたブログのクオリティ本当に低いですからね。

しかも孤独だと心が荒んでいく。

 

その時に、1人で内省する時間は必要だけれど、長すぎる孤独は人をダメにすることを知りました。

それが理由で半年ほどの福岡生活を経て、今は東京に住んでいます。

東京に引っ越して定期的に友人と会うようになってからは精神的にも満たされていて、仕事も満足行くレベルで出来ています。

 

誰とも会わずに仕事が出来るフリーランスはヤバい

ブロガーという働き方がかなり特殊なのもあって、僕は誰とも合わなくても仕事が出来ます。

ですが、フリーランスは同じような悩みを抱えているのではないでしょうか?

在宅フリーランスだと、誰にも会わずに1日が終わることも多いはず。

 

かと言って、僕は新しいリアルコミュニティに所属するのもめっちゃ苦手なんですよ。

何か無理。4人以上の飲み会だと空気になってしまう僕には、いきなり初対面の人だらけのコミュニティに突撃するのは難易度が高すぎる。

関連記事僕が4人以上の飲み会で空気になってしまうワケ

 

インターネットフリーランスは、オンラインサロンで同じ興味を持つ人と繋がればいい

そんな人は、オンラインのコミュニティ、いわゆるオンラインサロンにお金を払って所属すればいいんじゃないかと思うのです。

いや、別にリアルの関係をガンガン開拓していける人には必要ないかもしれないよ。

これは僕みたいなインターネット大好きだけど、それと同じくらい人も好きで、でもなかなか新しいコミュニティに突入するのが苦手な人に言いたいです。

普通にマッチングアプリを使う20代の感覚を持ってる人には分かると思うんだよな。

 

オンラインサロンって何やねんという人のためにWikipediaから引用しておきます。

オンラインサロンは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティ(クローズド)の総称である。

作家、実業家、アスリート、アルファブロガー等、専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。

オンラインサロン – Wikipedia

 

僕もこれまでかなりの数のオンラインサロンに参加してきました。10以上は参加してます。

  • インターネットで共通点がある人と出会う→リアルでも仲良くなる

みたいな今っぽい出会いの流れが作れるので、凄く良い。

会社員の魅力の1つは、毎日意識しなくても人と会えることだって強く思いますもん。

 

僕は何でも自分で作っちゃうタイプなので、オンラインサロンを運営する側でやってます。

そこでも共通の興味がある人達が集まっててやっぱり楽しいんですよね。

関連記事【2週間無料】発信力を鍛えて、好きなことで稼ぐ。『イントラサロン』メンバー募集ページ

 

まとめ:孤独フリーランスはコミュニティに所属した方が良いで

孤独ってかっこいいけど、あんまり良いことがないと痛感しております…。

孤独で死にそうになってるフリーランスのあなた…。

今すぐ何かしらのコミュニティに所属するのです…。

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. まさにその通りですね。

    私も在宅ワーカーなので一日家に引きこもってますが、何もしないのに頭使い過ぎて精神的に疲れることがあります。

    これは働いていた時にはない疲れです。きっと精神が病んでるんでしょう。

    私は今のところ月1~2回のペースで帰省し気分転換をしてますが、このままでは自分のために良くないとやぎぺーさんに記事を読んで改めて感じました。

    フリーランスやブロガー系でなくていいので何かコミュニティに入って現実の人間とつながりたいです。

    研修時代の仲間に連絡でも取ってみようかなぁ・・

    やぎぺーさん、大事なことを教えてくださりありがとうございます。

気軽にコメントをどうぞ

*

Return Top