実は「人の目を気にしてしまうこと」があなたの得意なこと

得意なことを見つける

お知らせ:本が出ました!Amazonで在庫切れ中

僕の「自己理解メソッド」が本になりました。現在予想以上に売れてしまい、Amazonで一時的に在庫切れしていました。

「人の目を気にしてしまう」という悩みを持っている人は多いです。

僕もまだまだ人の目を気にしてしまうことがもちろんあります。

しかしですね、これって考え方を変えてみればチャンスでもあるんです。

「人の目が気になる」という時は自分が得意なことを見つけるチャンスなんですよ。

 

 

「人の目が気になる」ということは「自分の目が気になっている」ということ。

自分のことを良いか悪いか判断しまくっているから、周りの人もそうしているように思えてしまう。

「人の目」を気にしているときに、本当に気にしているのは「自分の目」なんです。

だって実際に人からは何も言われていない訳なので。

勝手に自分で想像して、勝手に自分で気にしているだけ。

「人の目」の正体は「自分の目」なんです。

 

ここからがポイント。

ですが人の目が気になるタイミングは人それぞれ違います。

人の目が気になる時は、自分が無意識のうちに大事にしていることの現れなんです。

あなたが人の目が気になるのはどんなタイミングでしょうか?

 

僕の場合は「人から尊敬されているか」を常に気にしてしまっています。

人前に立つ時など「今尊敬されているかな?」と常に気になります。めちゃくちゃめんどくさいですよね。笑

けれど、その裏には「人から尊敬されるために努力できる」という得意なことが隠れていました。

 

 

人の目が気になってしまう部分は、裏返せば自分が「無意識に出来る得意なこと」でもあるんです。

だって自分が全く気にしていない部分で、人の目って気にならないですよね。

 

いくつか例を挙げてみますね。

人が気分を害していないか気になる人は、人の気持ちに寄り添うのが得意。

 

変な言動をしていると思われないか気になる人は、空気を乱さずに物事を円滑に進めるのが得意。

 

仕事の出来がどう思われているか気になる人は、質の高い仕事をするのが得意。

 

こんな風に人の目が気になる裏には、自分の得意が隠れてる。

こうやって考えてみれば、ちょっと人の目が気になるという現象が楽にならないでしょうか?

「なんだ、自分が無意識にこだわっているからこそ、人からの目が気になってたんだ」って。

 

改めてまとめます。

 

「人の目が気になる」という時、実は気にしているのは「自分の目」

自分が意識を集中させていることだからこそ、気になる

無意識に自然とできることは、自分の得意なこと

 

こういう流れです。

 

実は「人の目を気にしてしまうこと」があなたの得意なこと、という話でした。

自分の得意なことを見つける1つのアプローチとして使ってみてくださいね。

 

同じように、怒りの裏側にも得意なことが眠っていたりします。