やぎろぐ君の時給は10円!ブログの凄さに気づいた日

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ

こんにちは!八木仁平です!これから本当にオチのない話します。

やぎろぐのアクセスの状況。

1ヶ月で約3万5000回表示されてます。1日あたり1200回も見られてるんですね。すごい。1回あたりの閲覧時間は約1分(59秒)です。ということは1日あたり1分×1200=1200分、つまり1日に20時間このブログが読まれています。

今まで意識していませんでしたが、これって本当に凄いことじゃないですか?ただの大学生の書いた記事に1日あたり20時間が使われているということ!

 

ブログを書くことは自分の分身を作ることだった

f:id:jimpeipei:20150312193654j:plain

自分の考えたことや経験を記事に書いています。その書いたブログ記事がぼくの分身になってブログに来てくれる人に話しかけてくれてるイメージ。1日20時間あたり分身がブログを読んでくれてる人の対応をしてくれてるんですね。

そう考えると記事1つ1つが子供のように思えてすごい愛着が湧いてきました(笑)

 

他人の時間を貰った分だけお金が稼げると気づいた

f:id:jimpeipei:20150312193740j:plain

このブログも初めて4ヶ月くらいですが少しお小遣いになってます。このお金ってどこから発生してるんだろうって考えてました。

記事を書いている時点では、その記事にかけた労力自体はお金になってません。今この記事を書いても発信欲求が満たされるだけです。その記事が読まれることで読んでくれてる人の時間がこのブログに積み重なっていく。つまりお金になっていく。

そもそもの前提として役に立たない、面白くない記事は読まれないのでお金になりません。ある程度のボリュームがあって役立って初めて読まれることになります。

 

大学生のアルバイトは時給1000円くらい、つまり…

f:id:jimpeipei:20150312193831j:plain

大学生がアルバイトをした場合自分の人生1時間あたり1000円で売っていることになります。このブログで考えてみると、1日20時間を人に使わせといて200円くらいにしかなってません。「やぎろぐ君」の時給は10円です(笑)

どうやってこの時給を上げていくか、もしくはもっと長時間「やぎろぐ君」に働いて貰えるようにするかを考えるのがブログで貰えるお金を増やすときに考えなきゃいけないことです。

 

このマーケット的な感覚、どうすれば時給じゃなく他人からお金を貰えるのか考えることが就職活動をしていてめちゃくちゃ重要だなと感じるわけです。時給でずっとバイトして社会人になってからの受け身で給料もらっていくだけじゃ培えない感覚。マーケット感覚。

自分の文章を読んで貰えていることに感謝しつつ、マーケット感覚を身につけていかなきゃなと思いました。という話でした。

ちきりんさんのこの本すごい読みたいです。誰か買って…

マーケット感覚を身につけよう

マーケット感覚を身につけよう

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

経験を価値に変える「ブログカレッジ」開校中

f:id:jimpeipei:20160229152514p:plain

「ブログを使って個人の経験を価値に変える」というコンセプトの元に、ブログで収益を上げる方法を教えるコミュニティを運営しています。

ブログという自分メディアを使ってワガママに生きてみませんか?