【断捨離の効果】朝、洋服を迷う人へ。無駄にエネルギー使ってません?

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ
f:id:jimpeipei:20150220143354j:plain

こんな記事がありました。

ザッカーバーグ氏がグレーのTシャツばかり着ている理由 – WSJ

 ザッカーバーグ氏は、自分がグレーのTシャツにこだわるのは、洋服の選択肢をなくし、重要な物事に集中するためだと説明する。洋服を選ぶ時間を減らすことで、フェイスブック利用者のユーザーエクスペリエンスを高めるために時間を増やすことが可能になり、それがいずれは会社の利益につながるとの考えだ。 

 CEOは、服装にこだわらないという自分の主張が研究でも裏付けられていると指摘。「多くの心理学の理論で、朝に何を食べるかといった日々の小さな意思決定でも、エネルギーを消費するといわれている」と説明した。 

この考え方すごい共感しちゃいました。

 

物を減らすと人生がときめく

高校3年くらいからファッション楽しいな〜って思ってたくさん服を買っていました。

最近までクローゼットにはかなり服があふれている状態だったんです。そんな時に超有名なこの本に出会いました!

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

題名の通り「ときめくものだけを身の回りに残そう!」 という内容。

この本を読んでクローゼットの中をすべて見直し、「これはずっと着たいな〜!」というもの以外は捨てて行った結果、服が激減しアウターは2枚まで減りました(笑)

 

服を迷うのに時間を使うのは愚か

服を減らしまくった結果、朝家をでる前に服を迷うことがなくなりました。

正確には

迷うことができなくなりました。

選択肢が少ないので迷いようがありません。

恥ずかしい話ですが、色んな選択肢があったときは選択肢が多すぎて平均10分くらいは服選びに時間をかけていたと思います。

なんか服がしっくりこないと、「もう今日の授業切っちゃうか…」とか考えて大学を休むこともありました(笑)

 

選択肢が多いのは悪いこと?

「選択肢が多いこと=生活が豊か」と一般的には考えられています。ぼくもそう思います。でも服に関してはそうではないです。服を迷うことはすんごい無駄なことだな〜と思います。

 

愛着が大事!

服の選択肢が多いとそれだけ1つのものに対して注げる愛情は少なくなります。

服を沢山買うと1つ1つの値段も安くなります。いくつかのまあまあ好きな安いものを買うよりも、すんごい気に入った高いものを買うほうがワクワクしません?最近考え方が成長したのか、そう思います。

 

最近のぼくの服装

毎日同じような格好をしています(笑)

池袋のライトオンで買ったマウンテンパーカー

その下にグレーのパーカ

中には白のTシャツ

ズボンはUNIQLOのジーンズ。履きやすいです!

こんな風に決まっているのでほとんど迷いません(笑)朝シャンして髪を乾かして一瞬で家を出られます! すごいいいことだな〜と我ながら思います。

 

f:id:jimpeipei:20141108135833j:plain 

選択肢を少なくすることによってエネルギーを節約するという考え方はとても大事!自分が力を入れたいことに集中するために、合理的な方法です。

こんな小さな積み重ねがいつか大きな差になるでしょう。

 

八木仁平@ ‘ェ’ @

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

人生がときめく片づけの魔法2

人生がときめく片づけの魔法2

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で