主体性を教育することは不可能。勝手に成長してください

SPONSORED LINK

20160831-EY9A9839_original

こんにちは、プロブロガーでキャンピングカーで移動生活中のやぎぺーです。

2016年8月6日から1ヶ月間、千葉県の金谷で行われた田舎フリーランス養成講座に講師として携わらせていただきました。

 

田舎フリーランスとは、以下のような内容の講座。

田舎フリーランス養成講座では「WEBコース」「独立コース」「地域コース」の3つの講座内容を用意しています。
それら3つの講座内容を参加者のニーズに合わせ、講座を提供しています。

WEBコースでは「サイト制作」「WEBデザイン」「ECサイト運営」を中心にITスキルを学び、独立コースでは「ブログ運営」「アフィリエイト」「独立術」など稼ぐスキルを高めます。

地域コースでは「空き家改築」「仕事体験」など田舎や地方を体験しつつ、どんなことができるか議論する機会を多く設けています。

引用:【11月開催!】田舎フリーランス養成講座6期生募集! | 田舎フリーランス養成講座

 

千葉県の金谷という田舎で共同生活をしながら過ごした1ヶ月はほんとうに楽しくて、とても充実していました。

リア充な写真をたくさん貼っておきます。

 

開催場所の千葉県金谷は海と山が近い田舎町。

2016-08-20-14.49.10

 

バーベキューは何回したか分からないくらいやりました。

これは海沿いのジビエBBQ。

13923241_1108190929257700_5734395494439710052_o

 

これはシェアハウスの庭でやったブロガーがたくさん集まったBBQ。

20160831-EY9A9833_original 0137_xlarge

 

午前中は毎日フリーランスでやっていくスキルを身につけるための講義。

午後はフリー時間で各自の方向性に合わせた作業をする時間。

20160820-EY9A7813_original

 

朝夕は、徒歩2分の場所にある海沿いの公園でトレーニング(希望制です)

EY9A7445_original

 

トレーニング後そのまま海に飛び込んでもOK!

S__8708118

 

肉を食って、ビール飲んで。

焼き肉だどん!!!_2891

 

ぼくは行ってないけど近所の稲刈りの手伝いも。

2d7d7321706b2dbf73f21d60676400ac

 

夜は本気の人狼ゲーム。

S__8396807

 

最後には色紙までもらえて幸せだったなあ。

EY9A1836_original

 

このように、遊びと勉強に全力で取り組んだ1ヶ月でした。

ぼくは講師としてブログを本気で教えていました。人前で話すことに対する苦手意識を克服できたのがすごく良かったです。

 

田舎フリーランス養成講座は現在11月生の募集中なので興味ある方はどうぞ!

価格設定間違ってるんじゃないかってくらい安いし、写真見てもらった通り素晴らしい環境で1ヶ月過ごせます。

 

前置きが長くなりましたがそんな田舎フリーランス養成講座で思ったことの話。

 

頭がいいから成功するのか、成功しようと必死になるから頭がよくなるのか

田舎フリーランス養成講座の参加者と、講座終了後にこんな会話をしました。

やぎぺーって頭いいよね。だからブログでも上手く行ってるんだろうな〜
んー、本当にそうなのかな?
いや、違う
主体的に自分でやると決めたから、必死に考えるようになり、結果的に頭が良くなった。というのが正しいと思うな。

 

話していて初めて気付きました。

上手く行くかどうかに能力はあんまり関係ないんですよね。

「やる」と決めて、必死に考え続けること。そしたら勝手に頭なんて良くなる。

そう、強く思いました。

 

ぼくは今年の2月に新卒でフリーランスになるという決断をしてから、考え続けたからこそ今があります。

価値を生み出さないと死ぬ…

という緊張感と毎日向き合っています。

こういう正解のない中で、正解っぽいものを作り上げて掴み取る力が、この会話で出てきた頭の良さのように思えます。

 

そして、非常に冷たい言い方になってしまうのですが、そんな頭の良さは教えることが出来ないとぼくは思います。

自分でやると決めて、脳に汗をかいて考え、失敗体験と成功体験を積み重ねていくことでしか培えない能力なのではないかと。

 

元LINE株式会社のCEO森川亮さんは著書『シンプルに考える』の中でこう書かれています。
※太字部分は八木仁平によるもの

仕事は与えられるものではなく、自らつくり出すものです。つまり、すべての根底には主体性があるということ。主体性がなければ、絶対にいい仕事はできないし、活躍することもできません。会社に「教育」を求める人は、その時点で問題があると思うのです。

しかも、そういう人に限って、こんなことを言い出します。
「成長できないのは、会社が教育しないからだ」
これは、「教育」を言い訳にしているだけ。
こんな言い訳を許さないためにも、できるだけ会社は「教育」という言葉を使わないほうがいいと、僕は考えています。

むしろ、こういう人たちにとっては、「教育」こそが害悪となるのではないでしょうか? なぜなら、「主体的になること」を教育することはできないからです。

それよりも、
「自分には足りないものがある」
「このままでは誰にも必要とされない」
と気づくまで放置したほうがいい。
それに気づいたときはじめて、人は真剣に学び始めるからです。
それ以外に、主体性を身につける方法はないのではないでしょうか?

引用:シンプルに考える

 

そんな主体的に考える力が、これから変化が激しく不安定な時代を生きていくためには

まずは与えられた仕事から抜けだして、自ら体を張って試行錯誤していきましょう。

 

誰かが作った正解だけをなぞっているだけでもスキルは身につきます。

でもそれじゃ、いつまで経っても自分の人生を生き抜くための頭の良さは身につかないんだろうな、と思った出来事でした。

そんな受け身な生き方を変え得る環境が「田舎フリーランス養成講座」にはありました。気になったら申し込んでみてね。

 

前のめりな生き方をした方が、人生は楽しいんだよなぁ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

経験を価値に変える「ブログカレッジ」開校中

f:id:jimpeipei:20160229152514p:plain

「ブログを使って個人の経験を価値に変える」というコンセプトの元に、ブログで収益を上げる方法を教えるコミュニティを運営しています。

ブログという自分メディアを使ってワガママに生きてみませんか?