就活スタートには小説「シューカツ!」がおすすめ!

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ
f:id:jimpeipei:20141103204246p:plain

こんにちは。現在大学3年の10月、八木仁平です。

今、就活に焦りを感じています。そろそろ考え始めなきゃヤバいなと。3年生なら同じように焦っている人は多いんじゃないでしょうか? 

ぼくは何かを始める時、動き始めるよりもまず手当たり次第本を読んで知識をためるタイプです。それは就活でも変わらず、まずはザッと就活の全体像をつかむために本を読みました。

そこで、就活に対して漠然とした不安を抱えている人に読んで欲しい、オススメの本を紹介します!

 

就職活動を描いた小説「シューカツ!」 

シューカツ! (文春文庫)

シューカツ! (文春文庫)

 

 

大学3年生の水越千晴は学内の仲間と「シューカツプロジェクトチーム」を結成。

目標は最難関マスコミ全員合格!クールなリーダー、美貌の準ミスキャンパス、理論派メガネ男子、体育会柔道部、テニスサークル副部長、ぽっちゃり型の女性誌編集志望と個性豊かなメンバーの、闘いと挫折と恋の行方。

直球の青春小説。

 よく分からない、業界研究なんかから始めるより、リアリティのある体験談をぼくはまず集めるべきだと思います。その為にこの小説はかなりオススメ。

就職活動の1年間を、登場人物の気持ちに焦点をあてて描かれていて、就活を1回経験したかのような満足感が得られます。

この、「就活を経験したかのような」というのが重要です。

 

就職活動もスポーツも同じ

f:id:jimpeipei:20141103204450j:plain

就職活動もスポーツも本質は変わりません。どちらも準備がとても重要。 

ぼくはバドミントンをやっています。試合に向けて練習する時に必ずイメージトレーニングをします。

  • ここにこういうショットが来たらこう返す。
  • 追い込まれたらこのショットを使って体制を立て直す。
  • 点数差をつけられたら作戦をこう変える。

など、試合前にあらゆる状況を想定しておきます。すると、試合でその状況が来た時に体が勝手に反応するんですね。

イメージトレーニングをしたことによって、脳がその状況にスムーズに対応出来るようになっているからです。

なんとイメージトレーニングだけで筋トレの効果があることまで証明されています!

実際に筋肉を動かさなくても、動かしたと想像し、それを訓練のように続けていると、筋力がアップすることが実験で証明されています。

この実験が面白いのは、実際に筋肉を動かし訓練した人は筋力が30%アップしたのはもちろんですが、頭の中だけで動かしたことを想像しただけの人でも20%の筋力がアップしたことです。

これは想像を繰り返すことによって、脳の中に新しい筋肉を素早く動かすためのプログラムができたことを証明しています。

脳は想像が繰り返されると、実際に脳の中の回路も作り替えてしまうのです。

活脳塾:イメトレで筋力がアップ?想像するだけで脳は変化する | BizCOLLEGE <日経BPnet>

 

就活もイメージトレーニングが重要 

f:id:jimpeipei:20141103204602j:plain

何故、業界研究よりもSPIよりも、小説「シューカツ!」を読むべきなのか?ここまで読んでくださった方なら分かると思います。 

実際に自分がその状況に直面する前に、小説に入り込み疑似体験する。

それにより、実際にその状況に直面した時に落ち着いて対処することができるようになります。

シューカツ!の中にこんな一節があります。

千晴は空いている席に座り、入社し某所の再確認をした。先方の面接官にはこのシート一枚しか情報がないのだ。もう何度も読みなおしているので、ほとんど暗記しているのだが、それでも不安で読むのをやめられなかった。三十分ほどの時間があっという間に過ぎて行く。

首から社員証をさげた局員が通路の橋で言った。

「つぎは730番から739番までの方、会場におはいりください。」

いよいよほんおつのシューカツがこの時間から始まるのだ。千春は胸を張ってソファから立ち上がった。

〜中略〜

映画館のように重いダブルドアを開けた。なかは驚くほど広い会場だった。テニスコート二面くらいは楽にとれそうである。受付と同じ横長テーブルが十卓並んで、それぞれの前にパイプ椅子がおいてあった。

千晴は両手と両足が左右同時にでてしまいそうだった。

初めての面接で主人公が緊張しているシーン。 状況が細かく描写されているので文章を読むと想像してしまいドキドキしますよね。

そのドキドキを出来るだけリアルに感じることが小説を読む上でとても重要。千晴に自分を重ね合わせて疑似体験をすることでイメージトレーニングになります。

 

就職活動のスタートとして小説を読もう

まとめると

  • 就職活動をリアルに描いた小説を読む。
  • 疑似体験効果で1回就活を経験できる。
  • 就活筋が鍛えられる!
  • 実際に取り組む時の対応がスムーズになる。 

就活に役立つだけではなく、青春小説としても面白いので、最後まで飽きずに読むことが出来ますよ。

まだ就職活動に取り組み始めてない人は、漠然とした不安を抱えずに、まず小説を読むことから始めるのがいいんじゃないでしょうか?

 

就職活動中に読んだおすすめの本

ぼくが就職活動前・中に読んだおすすめの本を紹介しておきます。海老原さん、常見さんの本は本当におすすめです。読み物として単純に面白いし、もちろん就職活動に役に立ちます。行動も大事だけれど行動前の情報収集も同じくらい大事だとぼくは考えています。就活は情報戦!デァ! 

2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本 ― 受ける「順序」を変えるだけで、内定率アップ!

2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本 ― 受ける「順序」を変えるだけで、内定率アップ!

 

 

面接の達人2016 バイブル版 (MENTATSU)

面接の達人2016 バイブル版 (MENTATSU)

 

 

くたばれ!就職氷河期  角川SSC新書  就活格差を乗り越えろ (角川SSC新書)

くたばれ!就職氷河期 角川SSC新書 就活格差を乗り越えろ (角川SSC新書)

 

 

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと – 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!

 

 

内定を決めたひと言

内定を決めたひと言

  • 作者: 常見陽平
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2009/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

銀のアンカー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

銀のアンカー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で