早大生が教える!就活における自分にあった会社の選び方

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ
http://www.pakutaso.com/assets_c/2015/02/TSU88_awaitoykyo500-thumb-1500x1000-5997.jpg

最近目覚ましを布団から出なきゃ押せない位置に置いて起きています。じんぺいです!

サポーターズフェスタというものに行ってきました。

企業が多すぎて選び方が分からない

f:id:jimpeipei:20141024180530j:plain

まず、世の中にどんだけ会社あんねん!総務省によると日本の全企業数は「421万社」…。

ん?421万社?昨日12社を知るのに5時間のイベントだったから、日本の全企業を知るには421万÷12×5時間=175万時間かかります

薄々気付いていましたが、闇雲に説明会参加して全部の企業を知るのは絶対に不可能です。

何か自分の判断軸を持って企業をふるいにかけなきゃやってらんない。

自分にとって企業を選ぶ為の軸はなんだろうか・・・?

 

自分にとって企業選びの軸は?

今のところ企業を選ぶ上で自分にとって大事な軸が2つあります。

 

雰囲気がイケイケすぎない

これ超重要です。ヒッチハイクやってる僕で、よくスーパーアクティブ人間と勘違いされますが、全然違います(笑)

どっちかと言ったらパソコンで1人で作業をする方が好きです。 

3社くらいイケイケな企業がありました。イケイケな企業のブースって面白いんですよね、社員さんが常に冗談を混ぜて笑いを取りに来る感じです。

端から見たらかなりキラキラしているので、惹かれます。けど、ずっとその空気を感じていたいかと聞かれるとそんなことなくてですね。自然にイケイケな空気を作れる人にはすごいいい環境だと思います。たまにははっちゃけたいけれど、いつもだと気を使って疲れる。

このことをあんまり理解していなかったので「元気で面白い=素晴らしいこと」みたいな考えを持ってました。

実際ぼくも元気で面白い感じの人間っぽく振る舞ったことも多々あります。だけどもう辞めます(笑)

人はホント適材適所で誰にでもその人に合った空気を持つ場所があることを最近やっと理解しました。ほどほどに明るい人たちの集まっている空間が一番好きです。落ち着いているけど実は時々ある祭りが大好きみたいな。

▼イケイケおもしろグラフ

 

f:id:jimpeipei:20141024180558p:plain

「明るくて元気な人間像」を就活中演じきって、空気が合ってない企業に入った時のことを考えたら恐ろしい…。

 

モノを作っている会社ではない 

f:id:jimpeipei:20141026010639j:plain

これも結構大事です。今ってかなりモノ余りの時代じゃないですか。これ以上にモノを増やしてどうすんの?って思います。

もちろん、品質の高いものを少数生産している企業は好きです。「安さこそ正義!」的な大量生産大量消費を象徴している企業はあまり好きじゃありません。  

最近日本で新しいシェアサービスがガンガン出てきているのも、余っているものをどう使うか、という段階に来ていることを示してますよね。

ぼくにとっては、モノよりもサービス。今ある資源で世の中をどうやって上手く回すかについて考える方が楽しいです。

ということで2つめの軸は「サービスを作っている会社」であることです。 

▼最近シェアビジネスが流行ってます

起業のアイデア。身近で使える「シェア・レンタル」系サービスの課金ビジネスモデル10選 | Find Job ! Startup

大学生の就職活動はスタートが肝心

f:id:jimpeipei:20141024180618j:plain

皆がまだ就職活動に本格的に取り組んでいない段階でスタートすることはかなりプラスだと思います。

今年、就職活動を終えた先輩(現在大学4年制)に聞いたのですが、就職活動が進むにつれて多くの人が「大手病」にかかっていくそうです。会話が「〜〜の会社のリクルーターに気に入られてる」「〜〜から内々定貰った」などの自慢話ばかりになるなど。

もちろん大手の魅力もあると思いますが、「大手信者になること=自分の軸を作れていない」ということです。

周りが就職活動に焦ってざわざわし始めてから開始すると、自分の判断ではなくて、周りの空気に流されたまま就職活動本番に突入してしまうでしょう。それだけ企業選びの軸を作ることは重要だと思います。

 

f:id:jimpeipei:20141103202532p:plain

ぼくが今持っている2つだけではどう考えても絞り切れません。これからの就職活動を通じて時間をかけて考えて行きます。読んでくださってありがとうございました。 

 

八木仁平@ ‘ェ’ @

 

▼就職活動を風刺した有名な動画


アニメーション「就活狂想曲」 – YouTube

 

就職活動中に読んだおすすめの本

ぼくが就職活動前・中に読んだおすすめの本を紹介しておきます。海老原さん、常見さんの本は本当におすすめです。読み物として単純に面白いし、もちろん就職活動に役に立ちます。行動も大事だけれど行動前の情報収集も同じくらい大事だとぼくは考えています。就活は情報戦!デァ! 

2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本 ― 受ける「順序」を変えるだけで、内定率アップ!

2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本 ― 受ける「順序」を変えるだけで、内定率アップ!

 

 

面接の達人2016 バイブル版 (MENTATSU)

面接の達人2016 バイブル版 (MENTATSU)

 

 

くたばれ!就職氷河期  角川SSC新書  就活格差を乗り越えろ (角川SSC新書)

くたばれ!就職氷河期 角川SSC新書 就活格差を乗り越えろ (角川SSC新書)

 

 

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと – 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!

 

 

内定を決めたひと言

内定を決めたひと言

  • 作者: 常見陽平
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2009/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

銀のアンカー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

銀のアンカー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で