ブログを頑張っておくと、セルフベーシックインカムが実現できる

SPONSORED LINK

写真は今いる千葉県金谷の風景

写真は今いる千葉県金谷の風景

ブログで稼ぎながら旅をしている八木仁平です。

最近、他の楽しいことがあってあまりブロガーらしい活動をできていませんでした。

ひたすら遊んだり、本を読んだり、オリジナルグッズを作ったりしていました。

そんな風に好きなことに力を入れられたのは、ブログがぼくのベーシックインカムとなってくれているからです。

 

ベーシックインカムとは

ベーシックインカム(basic income)とは最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想。

引用:ベーシックインカム – Wikipedia

毎月一定額の収入を国が保証してくれる制度のことをベーシックインカムと呼びます。

この仕組みを自分で作ってしまったものをぼくはセルフベーシックインカムと名づけました。

セルフベーシックインカムは言い換えれば不労所得ですね。

自分が働かなくても一定額は毎月口座に入ってくるような状況ができている、一般的に考えれば夢の様な状況です。

これがブログを頑張って続けていれば誰でも作れるというのが本題です。

 

ブログはどんなビジネスよりも最初に取り組むべき

前述したようにブログはセルフベーシックインカムになります。

ベーシックインカムがあるメリットは以下の2点。

  • 別に働かなくても良い
  • 好きなことがあれば全ての時間を注げる

人生の夏休みと言われる、大学生活に似ています。

特に「好きなことがあれば全ての時間を注げる」というのは大きなメリットです。

やりたいことが出来た場合、週5出社の会社で働いていると、始業前・就業後の時間をやりくりしなきゃいけません。

だけどセルフベーシックインカムが作れちゃえば、目の前の興味があることに全力投球できます。最高です。

 

逆に最初に時間を奪われる仕事を持ってしまうと、残りの時間でブログを書かなきゃいけなくなるので遠回りなんです。

だからこそ最初にセルフベーシックインカムを作っちゃうのが良い。

作っちゃえば、1日の大半の時間を好きなことに注げるようになりますよ。

全力で没入できる環境は何よりも大事です。

 

ブログでの発信は蓄積する

ブログの特性として、他のSNSと違いストックされるという特性があります。

TwitterやFacebookでの発信は、投稿して数日は多く見られます。

ですが3日もすると他の投稿に埋もれて読まれることがなくなってしまいますよね。

 

ブログは対照的で、過去の投稿にもブログ内からリンクを貼ったり、GoogleやYahoo!などの検索エンジンから読まれます。

実際にぼくのブログではアクセス数の80%は検索エンジンから過去の投稿が読まれているもの。

つまり、他のSNSでは数日で読まれなくなり価値を失ってしまう投稿が、ブログでは資産になってずっと働いてくれます。ガッポガッポ。

 

例えば、ぼくがヒッチハイクについて書いた記事は「ヒッチハイク」と検索したときにGoogleで2-3番目に表示されるんですよ。

100回して分かった、ヒッチハイクのコツ総まとめ

そして毎月5000人ほどに読まれ、ぼくが何をしなくてもヒッチハイクのコツを読者に伝えてくれます。

ヒッチハイクを1000回以上している友人もいますが、ブログで発信してないので勝負の土俵にすら上がれていません。

 

自分の中の経験や知識をブログに蓄積しておくと、他人が価値を感じてくれるようになる。

こんな仕組みで、ブログがセルフベーシックインカムになっています。

 

セルフベーシックインカムを作ってよかった

ぼくは大学時代の1年半でこのブログの大枠を作り上げました。

大学時代は生活が保証されていたので何も気にせずにブログに全力投球できたんです。

何事も長い目で見てコツコツ継続。

これからもコツコツをブログを育てて、誰かの役に立てていきます。

 

関連記事

これだけ読んどけ!ブログで稼ぎたい人が読むべきおすすめ本7選

・[ブログ初心者向けノウハウ] ブログを始めて1年で毎月9万円稼げるようになった超具体的な方法

・[ブログ中級者向けノウハウ] 収益が月39万を越えたので、ブログで稼ぐポイントをガチで解説するよ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

経験を価値に変える「ブログカレッジ」開校中

f:id:jimpeipei:20160229152514p:plain

「ブログを使って個人の経験を価値に変える」というコンセプトの元に、ブログで収益を上げる方法を教えるコミュニティを運営しています。

ブログという自分メディアを使ってワガママに生きてみませんか?