お金を払うと学びが受身になってしまう。人が努力できるシステムを構築出来る人が最強説。

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ
f:id:jimpeipei:20150704232959j:plain

 

Twitterでつぶやいたもので、この考えはブログにも書いておきたいなと思ったものをまとめました。

 

1.お金を払うと受け身になってしまう

大学生活で、自分の中に変化が起きた時はいつもお金を稼いでいるとき。

ブログを書いたり、ラインスタンプ作ったりしているときに気付きました。「あれ、俺めっちゃ成長してる」と。

逆に大学の授業やその他お金を払って習っていることからはあまり吸収できていない。お金を払って、「何かくれるんでしょ?」という受身な姿勢では何も得られないんだなー。お金を払ったって事実があるから頑張れるって人もいるかもしれないけど、自分の場合はそうじゃないみたい。

どんどんお金稼いでいこう。

 

2.自然に努力できるシステムを作れる人になる

めちゃくちゃシェアされていた記事なので読んだことある人多いと思います。Facebook5万いいね!ってやべえな。一部引用。

そもそも僕自身勉強が嫌いでしたので、そこがきっかけでしょうね。僕も興味のないことはとことんやらない性格なので。やっぱり勉強する意味ってわからないじゃないですか。だからわかる形にしてしまう。

この前、社会科で観光大使っていう取り組みをやってみたんです。それも「勝手に観光大使」っていうちょっと洒落た名前をつけて、「今日からみんな、観光大使に就任するからな」とか言ったら、子どもは「はぁ?」みたいな。

「全員好きな都道府県をやっていいぞ。パワポで資料作りにいくぞ」って言ったら、パワポ使っていいの?みたいな大喜びで。「戻るボタン」の素晴らしさと、ググり方、そして著作権についてだけ教えました。

こうやって、努力と思わせずに自然と努力させる仕組みを作れる人がえげつなくすごいと思う。ヤバイ。

大学1年くらいまでは「努力できない人って何?」みたいに考えてたんです。そこから今は180度考え方が変わって「努力できないのはシステムが悪いせい。個人に5%くらいしか責任はない。」と考えるようになりました。

人間のモチベーションを理解して、思わず体が動き出すようなシステムを作れる人になりたい。無理して頑張ってる人がたくさんいるよりも皆楽しくゆるゆるできたら最高だ。

 

3.社会は楽しい。多分

2.の努力のシステムにも近いけれど、頑張ることが当たり前の社会は嫌だ。「もっと頑張らないとやってけないぞ!社会は厳しいぞ!」と言う人の側にいたくない。

「こんな楽しいから一緒にやろうぜ!」って自分のやってることの楽しさを共感させられるようになればすごい楽しいよね。

共感。最近のキーワード。

 

4.みんな美味しいご飯食べてしあわせになろう

人を批判したくなる時ってあるけれど、それって自分が幸せじゃないから周りの人を下げて自尊心を満たそうとしている時に出る感情なんだと理解した。そういう感情が湧いてきたら美味しいものを食べよう。好きな曲を歌おう。

【目標達成型より瞬間燃焼型】最近聞かれる10の質問。ー 「幸せになるために生きている」という意識が日本は希薄だ。 – いばや通信

 

5.みんなそれぞれすごいもの持ってる

最近、友達が次々とブログを始めた。やぎろぐの影響。笑

ブログの超基本的なことなんか教えたけど、すぐに独り立ちしてそれぞれが個性的で面白いブログを書き始めた。17万PVすごくね!?と天狗になってたけど、すぐに追い抜かれそうな気がする。

誰もが面白いコンテンツ持ってるんだなー。これは面白い気付き。

皆がもっと自分の持ってるものを誇って声を上げるようになったらもっと楽しくなるかも。

 

今日の一曲:高橋優 「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」

自分の中にあるものもっと出してこうぜ!という自戒を込めて今日の一曲は高橋優さんの「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」。

超いいよ。

www.youtube.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で