【レビュー】THE NORTH FACE「BIGSHOT」の使い勝手が良すぎる

SPONSORED LINK

どうも、がまたろうです。
突然ですが、荷物を持ち歩くときのカバンは何を使いますか。

「バッグ派」それとも「リュック派」!?

ぼくはもちろん「リュック派」
だって使い勝手がいいんですもん。

 

愛用しているリュックはノースフェイスのBIGSHOT(ビッグショット)CLNM07107です。
かれこれ使い始めて5年ほど経っていました。
でもまだまだ使い足りない!!

それだけ長い間使っても使い足りないんですよ。
そんな長く連れ添ってきたノースフェイスのビッグショットについて紹介します。

■ がまたろうの自宅前で撮影(撮影者:おばあちゃん)

f:id:jimpeipei:20160518085727j:plain

 

きっかけは登山

なぜノースフェイスなのか。

ぼくは登山が好きで学生の頃は年に3回くらい白山に登山していました。
白山の頂上からの景色が素晴らしく登山にハマってしまい、毎年恒例のように登っていました。

そのときにノースフェイスのリュックを担いでいたんですよね。
その担いでいた時の感触を忘れることができなかったことが、ノースフェイスに愛着を持っている理由です。 

 

■ 白山からの頂上の景色(パノラマ)

f:id:jimpeipei:20160518085736j:plain

そのときに担いでいたリュックがこれ。

■ ノースフェイス テルス25

f:id:jimpeipei:20160518085746j:plain

 

■ 白山から下山して登山口へと向かう

f:id:jimpeipei:20160518085753j:plain

何年も登山で使っていて思っていたことなんですが、ノースフェイスの1番の魅力はその担ぎ心地のよさ。
その魅力から抜け出せずにまちなか用のデイパックもノースフェイスで買うことにしたのです。

それが今回紹介しようと思っているBIGSHOT(ビッグショット)のCLNM07107になります。

 

ビッグショットのモデルCLNM07107の特徴

ノースフェイスのBIGSHOT(ビッグショット)はノースフェイスの人気モデルで容量が大きいことが特徴です。

だいたい30リットルちょっとの容量があります。どれくらいかというと、2泊ぐらいの荷物を入れる容量はありますし、PCも簡単に入るのでビジネスマンも使うことができます。

ぼくが使っているモデル、BIGSHOT(ビッグショット)のCLNM07107は、90年代に絶大な人気を博したノースフェイスのデイパックのリバイバルモデルです。

このモデルのいいところは登山用に見えにくいところです。
他のノースフェイスのリュックに比べてデザインが『まちなか』っぽいんですよ。あまりアウトドアな気配がない。

■ 自宅前にて撮影(撮影者:がまたろう)

f:id:jimpeipei:20160518085816j:plain

そしてこの色!あんまり見かけないですよね!
実際この色はノースフェイスでも珍しい、アズテックブルーという色です。

 

ビッグショットの容量と収納

ビッグショットの容量は34リットルです。
34リットルというとイメージ湧きにくいかもしれませんが、かなりの量が入ります。

試しにMac book proの13インチをリュックに入れてみました。

f:id:jimpeipei:20160518085841j:plain

余裕で入っちゃいます!!

ぼくは忘れものをしないか心配になってしまう性格のため、ものを何でも詰め込んでしまいます。
そんな人にも安心です。

■ 外側には簡単なポケットが2つあります。意外にたくさん入る。

f:id:jimpeipei:20160518085851j:plain

■ チェストにストラップがあるので担いだときに安定します。

f:id:jimpeipei:20160518085923j:plain

 

これだけの容量と収納があればものを入れるのにはもちろん困らないし、2泊くらいなら『お茶の子さいさい』です。
もちろん、ものをドサっと詰め込んでサクッと『まちなか』にもでれます。

この身軽さがたまらないんですよ〜。

 

担いだときのフィット感と爽快感が止まらない!

5年間もこのリュックを使っている理由は『フィット感』と『爽快感』でしょう。

『爽快感』の源は生地をこだわっているところ。
生地にこだわっているリュックの部位はショルダーと背面パット。

背面パネルにはEVAをボンディングした素材を使用し、ショルダーハーネスは通気性・クッション性に優れるエアメッシュパッドを採用しています。
アウトドアショップ[ヘイジリー]より

担いだときにショルダーの温もりを感じます。良い意味で。
夏場とか重宝しますね。速乾性もあるから、汗をかいても気にならない。
リュックを担ぎながら『爽快』にダッシュなんてこともできちゃう……。
あとはチェストストラップもついているので、重い荷物を持っても『フィット感』があり安定します。

この動画で機能やらリュックの触り心地など解説しています。

 

さあ、ノースフェイス・ビッグショットを担いで「まち」や「やま」に出かけよう!!

ビッグショットのいいところはストリートとの相性の良さです。

ぼくの住んでいる金沢の竪町には『たてまちストリート』という小洒落たストリートがあります。
そこにノースフェイスの金沢店があるのですが、そちらのスタッフさんの写真がかっこよかった。

「まちなか」に映えます。

THE NORTH FACE+金沢店さん(@tnf_kanazawa)が投稿した写真 –

もちろん、アウトドアとの相性もバッチリ!!

この写真は山に散歩に行ったときの写真ですね。
緑と青って色的に相性がいいな。ハイキングとか好きな人にもおすすめです。

「やま」にも映えます。

f:id:jimpeipei:20160518090015j:plain

いかがでしたでしょうか。
リュックを担いで外に出かけたくなりましたか。
そう思っていただけると、ぼくとしても嬉しい限りです。

 

write by がまたろうがまたろうのブログ | 次の一手を行動するためのメディア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で