New Balanceスニーカーのおすすめの型番、それぞれの種類と特徴まとめ

SPONSORED LINK

f:id:jimpeipei:20150608171257j:plain

ニューバランス買う時にもう迷わないよね? | roomie(ルーミー)

 

こんにちは、スニーカー大好き八木仁平です。

あなたは「ニューバランスのスニーカーが欲しいけれど、種類が多すぎてどれを選べばいいか分からない・・・」と感じた経験はないですか?

僕も最初のニューバランスを買う前には、ニューバランスの型番についている英語と数字の意味が全く分かりませんでした。

いざ買おうと思って調べると、種類がありすぎてわけわからないので全く選べないんですよね。ネット上にまとまってる情報もあんまりない。

ということで、New Balanceのスニーカーについて徹底的に調べて、どの型番が一番おすすめなのかを調べてまとめました。

この記事を読めば、自分に合ったニューバランスの種類が見つかるように作っています。

それぞれAmazon、楽天の商品ページへリンクを貼っているのでご利用ください。

それではまいりましょう。

 

New Balance(ニューバランス)とは

1906年、アメリカのボストンでアーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴の製造メーカーとして誕生した〈New Balance/ニューバランス〉。「履いた人に”新しいバランス”感覚をもたらす」というコンセプトに基づいたブランド名の通り、足の解剖学的な知識、整形外科や運動生理学への深い理解など、長年の間に培ったノウハウをもとに、60年代にはカスタムメイドのランニングシューズの製造を開始。70年代の後半には「インステップレーシング」なる独創的なシューズコンセプトを確立。それを具現化したシューズを発表するや、ランナーから絶大な支持を獲得。以降、伝統を継承しながらも、最新のテクノロジーを集結し、よりよいフィット性を追求するシューズづくりを行っている。

MRL996 VINTAGE | ニューバランスのスニーカー通販 | JACKET REQUIRED [BEYES] | ジャケットリクワイヤード

「履いた人に新しいバランス感覚をもたらす」というコンセプトのブランド。かっこいい。

靴メーカーならどこでも足については徹底的に考えてると思うけど、色んな人の話を聞くと、ニューバランスはやっぱり歩くのが楽だという人が多いです。うちの親も大好きでした。

 

ニューバランススニーカーの数字の前についているアルファベットの意味

ニューバランスの型番は色々とあります。数字の前のアルファベットの意味の一覧です。

 

  • M…正規ライン。製造国がUKかUSA
  • CM…M廉価版。製造国が中国・ベトナムといった東南アジアの国々
  • UK…イングランドでの企画製造
  • J…日本企画
  • MR…男性ランニング用
  • WR女性ランニング用
  • MT男性トレイル用(クロスカントリー)
  • WT女性トレイル用
  • MO男性アウトドア用
  • WO女性アウトドア用
  • MW男性ウォーキング用
  • WW女性ウォーキング用
  • MX男性クロストレーニング用
  • WX女性クロストレーニング用
  • KJ子供ランニング用
  • KV子供ランニング用(マジックテープ仕立て)
  • KT子供テニス用
  • RC競技用

 

 

それぞれの型番の特徴

たくさんのニューバランスの中から買うべき一足を選ぶためにそれぞれの特徴を調べました。参考にしていただけたら幸いです。

 

300番台

ランニングやウォーキングのエントリーモデル。

M340は約5000円とかなり安いので「とりあえずニューバランスが履きたい!」という人にはかなりいい選択肢だと思います。

 

CRT300 (8,000~13,000円)

流行ってる感じのニューバランスとはちょっと違うけど、この形もいいかも。

6/9追記:コメントによると今流行ってるらしいです!

若干体育館履きっぽい気がします。笑

 

M340(5,000円~6,000円)

めちゃくちゃ安い。

グレー、ホワイト、ネイビー、えんじ色とカラーも豊富でいい感じなので、メインのスニーカーとしてではなくファッションで時々履くならかなりアリな選択肢だと思います。

 

400番台

ランニングシューズ中心の細身タイプ。

スタイリッシュなデザイン。

 

U420(14,000~17,000円)

黒ベースの3色。

 

CM496(16,900円)

ソールが特徴的でスポーティなデザイン。あまり履いている人がいないから狙い目。

 

500番台

山野などオフロードでの走行に対応したM575からスタートした500番台。

M576が人気に火をつけて、ストリートで大ブレイクすることになった。

ソールがごつくてシルエットが丸めなのが特徴。足元にボリュームが欲しいならこれ!

 

M576 (28,000円)

M575を継承したモデル。ボリュームのあるつま先部分の形が特徴。

20年以上前から販売されている超ロングセラー商品。

 

ML574(8,100~11,500円)

M576の廉価版モデル「ML574」。廉価版というだけ合って安さが魅力。

ニューバランスが欲しいなら、一番無難な選択肢だと思います。カラーバリエーションもめちゃくちゃ多いので自分好みの一足を見つけてください!

僕は、初めてのニューバランスとして大学時代にML574を購入しました。

その後2年ほど履きつぶしてから、次に履き心地を重視してM1400を買いました。

 

574シリーズは非常に種類が多いので、特殊なカラーリングのものも574紹介しておきます。

 

ML574LRR(12,700円)

この色履いている人をほとんど見たことがないので、ネイビーがいいけれどかぶるのが嫌な人はこれがおすすめ。

 

ML574LRR(12,700円)

ニューバランスの定番カラーのグレー。足幅が大きい人用にワイドサイズもありました。

 

WL574(7,600~10,800円)

ML574のレディースモデル。カラーが豊富!

 

MRT580(6,000~15,000円)

これ!見たことがない人多いと思います。

ソールがゴツめの作りで、他のニューバランスにはない雰囲気を醸し出しています。他の人と被らないしかっこいい!これは結構ありだ。

 

WRT580 (10,000円)

上のMRT580のレディースモデル。パステルカラーがめっちゃかわいい!かわいい系のニューバランス探してるならこのカラーが一番いいかもしれません。

値段も10000円と手頃。これ女の子だったら買ってた。笑

 

990番台

1982年に発売されたM990から始まった900番台。

当時は一般的なランニングシューズなら数足購入できる価格だったけれど、良い物を購入したいユーザーから支持を受けてニューバランスの定番ラインとなっています。

990、996、998などの型番が代表。シルエットは細めが多い。

ランニングシューズだけあって、履き心地は抜群。

 

M990 (26,000円)

990番台の皮切りとなったモデル。非常に高性能なランニングシューズ。

かなりハイテク感のある作り。

 

M991(19,000円〜)

あのスティーブ・ジョブズが愛用していたモデル。

M990のアップグレードモデル。

 

MRL996(13,000~22,000円)

ニューバランスを代表する超ロングセラーモデル。

990よりも更にクッション性が向上している。

ニューバランスをかなり履いている人が、コスパ的に一足目のnew balanceとしておすすめだと言ってました。

 

WR996(8,400~17,900円)

レディースモデル。

 

M998(26,000円)

初めてアブゾーブテクノロジーが採用されたモデルで、クッション性が非常に高い。

アブゾーブとは、均一に発泡するクッションフォームを採用し、ほぼ100%の衝撃吸収性と反発弾性をそなえたクッション素材のこと。

 

M1300・1400に比べてNマークが若干小さいので、カジュアルになりすぎないのが良い。大人向けニューバランス。ソールが厚めで細身のパンツに合いそう。

 

1000番台

ニューバランスのフラッグシップモデル(最上級に位置する製品の型)

1985年のM1300発売以来、ニューバランスの象徴として展開されてきたモデル。

1500以降のシリーズはNマークが小さくて、ハイテク系と呼ばれている。

M1300は5年ごとに復刻モデルが発売されます。限定生産のため手に入れるのは非常に難しい。次は2020年の予定。

ラルフローレンが「雲の上を歩いているようだ」と絶賛した逸話も。

 

M1400(25,000~30,000円)

サンプル生産は可能だったものの、当時の技術では量産が難しいとされてM1500の後に発売された。

伝説のモデルとなっているM1300を継承した大きめのNマークがポイント。

 

 

M1500(28,000円)

M1400より先に登場したモデル。M1300に比べてかなりハイテクなイメージとなっている。

Nマークが小さく、ハイテク感がかなりある。ボリュームも結構ある。

 

結局おすすめのニューバランスは?

ここまで、ニューバランスの型番の種類を細かく説明してきましたが「結局どれがおすすめなのか分からねーよ!」と思った方が多いかと思います。

うん、種類が多すぎるよね。そこで、最後に3つの選び方を紹介します。

  1. 高くてもいいから機能性重視➝M1400
  2. そこそこの値段で、履き心地も重視➝MRL996
  3. とりあえずニューバランスが欲しい➝ML574

 

僕の最初のニューバランスはML574でした。

「流行りに乗っかってとりあえず買っておこう」と思ったのがきっかけです。

その後ニューバランスの魅力に取りつかれて、お金をかけてでも履き心地の良い靴が欲しかったのでM1400を購入しました。

参考にしてみてください。

機能性を重視するならM1400

色んなレビューを見ても機能ではやはりM1400が群を抜いているよう。いいものを長く使いたい方はこれ!

僕は最高の物が欲しかったのでM1400を選びました。

 

コスパ重視ならMRL996

そこそこの値段で、ある程度の履き心地を求めるならMRL996。

コスパ最高のニューバランス!

 

とりあえずニューバランスって感じならML574

「とりあえずNのマークがついてる靴が欲しい!」って人はML574。

入門用ニューバランスとしてかなりお買い求めしやすい金額。僕も最初はML574を購入しました。

 

New Balanceの種類と選び方まとめ

記事を読んでピッタリのニューバランスは見つかったでしょうか?

僕も最初は種類が多すぎてどのニューバランスを買うか選びきれませんでした。

最後まで読んでくれた方も、お気に入りのニューバランススニーカーにたどり着けるよう願っています。


Twitter➝
直接話せるLINE➝友だち追加

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ書いて飯食ってます。大学時代にミニストップのバイトを2ヶ月でクビになったのがきっかけで、好きなことしかやらないと決意しました。
その時から、自分の得意なことだけやって生きていく方法を模索して今に至ります。

■目指していること
誰もが得意なことを仕事にした社会を目指しています。 現在は得意なことで収入を得る1つの手段としてのブログ運営のプロとして活動中。