自分の行動を変える唯一の方法

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ
f:id:jimpeipei:20160315163046j:plain

行動を変えるにはもうね、環境を変えるしかない。

自分の中の自分でできている部分なんて実はほとんどなくて、

9割以上が周りの人の影響で作られているように感じます。

 

ぼくはいろんなことに手を出しているときが楽しいから、

自分が軽やかになれるような人と一緒にいることが好き。

 

思いついたらリスクを考えずに即行動できるひとと一緒にいたら、

いつの間にか自分も行動できるようになってました。

 

でも、そうじゃない場所に属しているときは、

やっぱり影響されて、まぁ周りに合わして楽しとけばいいかってなる。

ぼくはそうなってしまうとあんまり楽しくないタイプ。

 

今日、リア充さで有名な青山学院大学の友達からおもしろい話をききました。

青学の学生は入学したてのころはみんなキラキラしてないらしいんです。

本人いわく入学式のときに見た先輩がキラキラしすぎててまぶしかったらしくて、

そういう人が周りにいて、キラキラを目指すのが当たり前な環境にいると、

いい意味で洗脳されていつのまにか友達がみんなキラキラになっていたと。

キラキラキラキラ言いすぎました。

 

つまり人間は環境のいきものってことですね。

 

だから、自分の憧れに近い人とできるだけつながるべきなんですよ。

誤解を恐れずに言えば、もうそれだけで上手くいったも同然。

 

人間は適応力がすごいから、勝手にまわりの人の思考に似ていく。

「あれ、自分いつの間にか変わってるな」という経験したことある人も多いんじゃないでしょうか?

ぼくはしょっちゅうしています。

 

付き合う友達は選ばなきゃいけないし、

自分に必要のないと判断したつながりは絶っていっていいと思うんです。

 

憧れのコミュニティに飛び込んだらいい意味で洗脳されて行動が変わり、

いつの間にかなりたい自分になれちゃいますよ。

超簡単だね!:D

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で