やっと分かった、圧倒的な結果を出すたった1つのコツと2つの実例

SPONSORED LINK

f:id:jimpeipei:20151230092318j:plain

 

半年前、まだブログで月2万円くらいしか稼げてなかったころ、ぼくは「2015年度中に月8万円稼いで社会人になった後の家賃をまかなう。」ということを目標にしていました。

ブログを続けた結果、10月には9万円稼いで目標達成し、11月には18万稼げて200%達成できました。

今思えば半年前は本気で達成できると思ってなかったんですよね。

 

 

なんで結果出せたんだろ?と分析してみました。

そして結果を出すために必要なことが分かったのでまとめておきます。

まあこれを知るのと、やるのとはかなり別の話なので役に立つかは微妙かも。笑

 

結果を出すコツは「意識の9割を結果を出したいことに注ぐための、仕組を作ること」

これです。

意識は思考、時間って言葉におきかえてもいいかもしれません。

ぼくが上手くいったことは全てこの法則に従ってました。

2つほど実例を紹介させてください。

 

1.バドミントンでインターハイ出場

f:id:jimpeipei:20151228180039j:plain

中学高校とやってきたバドミントンではかなりいい成績を収められました。

当時はひたすらバドミントンのことしか考えてなかった。

朝起きて学校へ行き、7時から8時半まで朝練。

学校の授業の時間もぼくにとってはバドミントンのことしか考えてなかった。

机の中にバドミントンラケットのグリップの部分だけ入れて、授業中にひたすらニギニギ。

ニギニギしながら実際の試合の場面を思い浮かべてイメージトレーニング。

そして放課後にはイメトレしたシーンを部活で試してみる。

部活が終わって家に帰ったらパソコンでバドミントンの試合動画を見る。

こんな感じでした。

まあバドミントンのことしか考えてなかったのでそれは結果出ますよね。

最高成績としては、中学の時はダブルスで県2位、高校では1位。

大舞台に弱くて勝てないことも多々ありましたが、成功と言っていい成績だと思います。

 

2.ブログで月18万稼げるように

f:id:jimpeipei:20151205085716j:plain

2014年の10月から本格的にブログを始めました。

半年くらいやっていると月2万ほど稼げるようになりました。

そしたら欲が出ますよね。

これ家賃くらい稼げるんじゃね?って

そこからぼくがブログを伸ばすためにしたこと。

  • ブロガーコミュニティーに参加
  • エンジニアインターンを辞めてブログ一本に集中
  • 友達をブログに引き込み、いつでもブログの話ができるように
  • 自らオンラインサロンを作り

Facebookを開いても、友達とランチをするときでもブログについて自然に考えるような仕組みを作りました。

仕組みをつくってあげるといつの間にかブログにハマって、どんどん時間をかけるように。

そうするといつの間にか結果が出てました。

これも9割の時間をかけて上手く行った例の1つ。

 

意識の9割を注ぐための仕組みを作ること

つまり、結果を出したいなら、自分が勝手に努力できるような仕組みを作る。もはや努力じゃないか。

そのことにハマる仕組みを作ってあげる。

そしたら勝手に結果なんて出る。

ぼくは来年からエンジニアになるので、一旦そこに集中するため、エンジニアの同期とシェアハウスをします。

意図的に仕組みを作るのが重要。

逆に、それ以外のことをやらなくていい状態を作るのも重要。

たぶん自分が絶対にやらなきゃいけないことなんて本当に少ししかないんだと思うんです。

ぼくもやってしまうときがありますが、熱意のわかないものに惰性で時間を注ぐのは本当に無駄なのでやめましょ!

 

色々細かいコツはあるけど、結局ハマれるかどうかが全て

意識の9割を注ぐ、それはハマってないと無理です。

義務感でイヤイヤやらなきゃいけないことに時間を注ぐのはしんどい。

ぼくがハマれるポイントを見つけられたのは、「ストレングスファインダー診断」で自分の強みを見つけられたからでした。

ストレングスファインダー診断」は33種類の要素から自分の5つの強みが分かる診断。

目標を立てるとハマりやすいし、目立つことが好きだし、戦略を立てるのも得意。

これが分かるとホント自分のハマりポイントが分かるようになります。

ストレングスファインダー診断」は1700円かかるので、まず無料でやりたい人はリクナビNEXT 」に登録すると無料でできるグッドポイント診断がおすすめ。

 

ハマれば何でも結果が出るんですよね。

嫌々やっていい成果なんて出るわけがない。

ハマれないことに無駄な時間をかけるのはやめて、1つのことにエネルギーを注ぎまくりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で