キャンピングカー引退宣言。たった4ヶ月で車上生活を挫折した理由

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ
7b43508747f44d98ffc9b966e562f8ce

大学卒業後、キャンピングカーで移動生活をしていたやぎぺーです。

新聞に掲載され、テレビにも出て、キャンピングカー雑誌で特集を組んでもらったりしました。

これまでブログにもキャンピングカーの購入前から実際の生活中まで大量の記事を書いてきました。

  1. キャンピングカーが欲しい編キャンピングカーで「移動生活」を送りたい
  2. キャンピングカー購入宣言編就職するのを辞めて、350万円のキャンピングカーを購入します
  3. キャンピングカー買いました編キャンピングカーでの移動をスタート
  4. キャンピングカー生活の実態編キャンピングカーで生活して分かった10のこと
  5. キャンピングカー生活引退宣言たった4ヶ月で車上生活を挫折した理由今ここ

しかしながらタイトルの通り、キャンピングカー生活を卒業することにしました。

キャンピングカーを購入してから、たった4ヶ月しか経ってませんが辞めます。

4ヶ月前に書いた宣言記事にはこんなことを書いてます。

ぼくがキャンピングカー生活を始めた理由は2つ。

  1. 自分だけの秘密基地を持つという男のロマン
  2. 家ごと移動して、場所に縛られない生き方をしたい

引用:早稲田大学卒23歳のプロブロガー、キャンピングカーでの移動をスタート

 

この記事ではぼくが一瞬でキャンピングカー生活に挫折した理由を説明します。

あんな自慢気に「キャンピングカーで生活するぜ!」と宣言したのに挫折したヤツを罵ってやってくださいませ。

 

①そもそも運転が好きじゃないし怖い

img_0188

キャンピングカーを購入した4ヶ月前、なんとぼくはペーパードライバー。

大学1年のときに合宿免許で取ってからずっと東京にいたので全く運転してませんでした。

山梨でキャンピングカーが納車され、そのまま2日間かけて高知まで700キロ爆走。いやー怖かった。

幸い道路上で事故は起こしてませんが運転中は常に、

やぎぺー
車怖い車怖い車怖い車怖い

とブルブル。

 

バックが下手すぎて1回駐車場で物にぶつける事故は起こしちゃいまいた。事故ったときの絶望感すごかったです。保険でなんとかなりました。

img_0182

 

結局5500キロほど走りましたが、運転が好きじゃないのは変わらず。

運転が好きになれなかったことが一番の要因。

 

②内向的な人間にとって、旅をしながら働くのは無理だった

7b43508747f44d98ffc9b966e562f8ce-1

 

ぼくはものすごく内向的人間です。

内向的か外交的かというのは、未知の外部のものに対してどんな反応をするかの違い。

内向的な人は外部からの刺激を受けたときの反応が高い

外交的な人は外部からの刺激を受けたときの反応が低い

 

そんな内向的人間であるぼくが、旅をしながら稼いで生きようと考えたのが間違いでした。

知らない電話番号から電話がかかって来ても怖くて出れないのに、いきなり旅しながら暮らすとか無理です。

旅なんて外部の脅威だらけなので。

高城剛さんに憧れてたんだけどそもそもタイプが違うという当たり前な結論に着地しました。

高城剛さんは3日以上同じ街にいない生活をしているそうで。

そこからですね、世界中を転々とする生活は。2007年頃かな。

以降は今まで、半年以上同じ町で暮らしたっていう記憶がありません。

ここ数年は、3日と同じ街にいません。

引用:【対談】佐々木俊尚から高城剛へ「どうして今、南の島をまわっているんでしょう?」 | TABI LABO

 

今は部屋にこもって、自分の頭をひねくり回して働いてたいです。

小学生でも分かると思いますが、安心できる場所が一番大事ですね。

キャンピングカーを降りて、欲求階層説の下から2番目の安全欲求を満たしてやりたいと思います。

maslow

引用:マズローの欲求5段階説 |モチベーション向上の法則

 

③男のロマン「キャンピングカー」は所有した時点で満足してしまった

cld_qtlwgaqj3jq

キャンピングカーを買う前は、「キャンピングカーを買ったら日本中の面白い人と出会おう。観光スポット周りまくってやろう。」とか考えてました。

けれど納車された瞬間に気づきました。

やぎぺー
あ、キャンピングカー手に入れた今この瞬間にもう満足したわ

と。

ぼくの幼い頃からのあるあるパターンです。手に入れること自体が目的になっちゃうやつ。

「キャンピングカー欲しい!」と感じたのは単なる所有欲で、その機能を求めていたわけじゃありませんでした。

 

あと、キャンピングカーに乗ればモテると思ったけれど全然モテません。

興味は持たれるけど「車に住んでるの?かっこいい!」とはなりません。そりゃそうだ

 

まとめ:やってみる力は大事だけど、これはやらなくて良かった

日頃からやってみる大切さを主張しているぼくですが、こればっかりはやらなくても良かったです。

普通に時間を無駄にしたなと後悔しています。

ぼくにとってのキャンピングカー生活は失敗でした。

 

ですが、1つ想定通りなこともありました。

20代で、キャンピングカー生活で、旅をしながら稼ぐというポジションはがら空きだったということ。

なので、メディアからも大量に取材依頼をもらうことができました。

ぼくが引退して今誰もそのポジションにいないので興味のある方はぜひ狙ってみてください。

キャンピングカー市場は伸びているので、そこで飯食っていくのもそんなに難しくないです。

単にぼくに合わなかっただけなので実現可能な人もいるはず。

軽キャンピングカーなら100万円台から買えますよ。→100万円台から購入可能な、軽キャンピングカー18選

 

ぼくのキャンピングカーは持っていてもしょうがないので売ります。

350万円で買ったキャンピングカーは果たしていくらで売れるでしょうか……。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で