褒めるコツ!アドバイスは褒め言葉の間に挟んで伝えると上手く伝わる

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ

ぼくはいつもカットモデルとして髪を切ってもらいます。ちなみにいつも使っているんはこのサービス。500円で髪が切れるので最高としか言いようがありません。

若い人は本当に使ったほうがいいよ!

【評判】誰でもカットモデルになれるカッタロカが最強

とまあそれは置いておいて、いつもカットモデルとして行っている美容室で、褒め上手な人に出会って感動した話を聞いてください。

 

 

切ってもらうのはもちろん見習い美容師

カットモデルなので、カットしてもらうのは入社して2年とかの見習い美容師。下手ではないけど、上手くもないくらいのレベルの人です。

その見習い美容師さんが髪を切っている時にはいつもベテランの美容師さんが後ろについてアドバイスをしているんです。

その美容師さんのアドバイスが本当に上手い。

 

褒め上手なベテラン美容師のアドバイス

f:id:jimpeipei:20151004221805j:plainおー!上手いじゃん!いつも誰に見てもらってるの?しっかり形取れてるねー!

 

f:id:jimpeipei:20151004221805j:plain強いて言うなら、このモデルさんの襟足って結構ハネてるじゃん?だからもう少し長めに残してかぶせる感じにしたらよかったねー!

 

f:id:jimpeipei:20151004222226j:plainいやでも全然悪くないよ!この調子で切ってみて!

 

一番伝えたいアドバイスは褒め言葉の間に挟んで伝える

このベテラン美容師さんの何が上手いか分かったでしょうか?

この例以外にも5回くらいアドバイスをしていましたが、全部がこの形になっていました。

改善させたい部分を、褒め言葉でサンドイッチしているんですね!

2人の美容師さんはすごくいい関係なんだろうなと髪を切られながら感じていたくらいでした。

 

頭ごなしに「ここはもっとこうしろ!」と伝えられたら、反骨心のある人間は伸びるかもしれません。

ですが、ぼくみたいな褒めてもらわないとやる気をなくす人間にだと、「改善点ばっかり指摘されて全然認めてもらえない」となってしまう可能性があります。

こういう人間にとって、褒め言葉から始まるアドバイスはスッと受け入れられるんです。

 

褒めて伸ばすのがこれからの教育

褒められないと人は伸びない。ぼくはそう思っています。

何かを上達するプロセスの一番最初に、「褒められて嬉しい!」というステップがあるんです。

皆さんが上手くなった習い事の先生は優しくて面白い先生じゃなかったでしょうか?優しい先生に教えてもらった人ほどその後能力が伸びるというデータもあります。

 

ぼくは他人にアドバイスするときに率直に伝えてしまいがちですが、ベテラン美容師さんの姿勢を見て、褒め言葉でサンドイッチして伝えるように心がけます。

 

まとめ:褒め言葉でサンドイッチ理論

ただ改善点だけを伝えるのではなく、承認欲求を満たしてあげるための褒め言葉から入り、褒め言葉で終わらせるように意識する。

そうするとアドバイスされた側が気持ちよく成長できる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で