「まだ詳しくないので、勉強してから始めます」が口癖の人は、一生そこで足踏みしてなさい

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ

今日から新しくWEARでファッションコーディネートの投稿を始めました。

20161122172703873_1000

やぎぺーのコーディネート一覧 – WEAR

 

ファッションについての知識はほとんどありませんが、詳しくなりたいので、未熟な姿のまま晒します。

 

「やるぜ!」って今日思い立ってから、準備したのは30分ほど。

あまり考えずに即行動です。

 

世の中には沢山の自己啓発書が溢れています。

それらの本全てに共通して書かれているのは「とにかくやれ」ということ。

 

 

その「とにかくやれ」という行動出来ない人の典型的な理由は、

「まだその分野については詳しくなくて準備が出来ていないので、もうちょっと勉強してからやります……。」

というもの。

 

 

平凡な人の多くがそう考えます。

 

でも残念ながら、そう言い訳している人は一生踏み出せません。

なぜなら、自分より詳しい誰かは常に存在し続けるから。

自分が詳しいか詳しくないかを規準にしている時点で間違っているんです。

 

でも逆に言えば、みんなそう考えています。

ということは、その凡人群から抜け出すためには、考えを180度変えてやればいい。

 

 

みんながやらないからこそ、すぐやる。

やりながら勉強する。

 

 

 

ぼくみたいに飽きっぽい人間は、何でも始めてみて、ハマったら続ければいいんです。

飽きっぽい人が成功するための生存戦略は以下から。

1つのことが続けられない、飽きっぽい人が成功するための具体的な生存戦略

 

 

ちなみに、せっかく始めたのに、「始めたばかりなので、右も左も分かりませんが…」とか言っちゃう人もアウトです。

 

誰がわざわざそんな自信なさそうな人に興味を持つんでしょうか?

 

未熟なときから偉そうに、「俺が一番おしゃれですが何か?」くらいの勢いで始めればいいんです。

 

 

誰かが「やってもいいよ」という許可を出してくれるまで待っているつもりなんでしょうか?

 

社会は学校じゃないので、自分の背中は自分で押すしかありません。

 

足踏みするのはやめて、やってみたかったことに一歩踏み出してみましょうよ。

 

 

これからイカしたコーディネートをアップしていくので、フォローよろしくよろしくお願いします。

やぎぺー|ZARAのブルゾンを使ったコーディネート – WEAR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で