こうしときゃよかった。3年後期のテスト終了後の大反省会

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
早稲田大学を2016年に卒業後、そのまま新卒でフリーランスに。
ブログを書くことで生活しているプロブロガー。
個人で稼ぐ力を身に着け、ワガママに生きる方法を発信しています。
>>詳しいプロフィール
>>お問い合わせ

こんにちは、やぎじんぺいです!

終わりました!テスト期間が終わりましたー!

3年後期ではテストが7つあったので結構しんどかったです。

 

普段から勉強してないせいで、ドーピング剤を注入し(レッドブル)2日間連続3時間睡眠で勉強しました。

 

f:id:jimpeipei:20150128102947j:plain

 

普段は8時間(もしくはそれ以上w)寝てるのですんごい辛かったです。

なんとかテストは乗り切れたんですが、もっと上手くテスト勉強ができたんじゃないかと思うので大反省会を行いたいとおもいます。

その名も

 

ヤギジンペイ春の大反省会!(ヤマザキ春のパン祭り的な)

 

ではいってみよう。

 

 

そもそも授業を理解していない

f:id:jimpeipei:20150128104748j:plain

 

テストの前日になるまで準備していないから、何も理解していない。

授業を真面目に聞いてないせいで、配られたプリントは手元に大量にあるものの頭のなかには何も残っていない。

これじゃ一夜漬けになるのも仕方がない。

 

全体像を把握していないから訳が分からない

f:id:jimpeipei:20150128114848j:plain

実際は頭の中に何も残ってないわけではなく、授業で聞いた断片的な知識は残ってます(笑)

その知識同士がどうつながっているのかを理解していなくて、頭のなかがカオス状態。

カオスとはもともとギリシア神話に出てくる神で、混沌のことをいう。また、物理学などでは「初期条件によって以後の運動が一意に定まる系においても、初期条件のわずかな差が長時間後に大きな違いを生じ、実際上結果が予測できない現象」(広辞苑第五版)を意味する。これらが転じ、日常会話の中でも混沌としたさま、雑然としたさまをカオスという。(「部屋がカオス」、「頭がカオス」といったように、単に『グチャグチャ』の代わりとしても用いられる)

カオス(かおす) – 日本語俗語辞書

頭のなかがぐちゃぐちゃなのは、本で言う目次がない状態だと思いました。

  1. まず授業を通して何を学ぶかを理解していない
  2. 1回1回の授業で知識がつながっていかない
  3. カオス!

という感じです。

授業の全体を見渡す習慣をつけて、今日の授業はどの部分なのかというのを意識して取り組めばテスト勉強に入る前の頭の中はもっとすっきりしているんだろうなー。と思いました。

 

興味のない授業を取り過ぎていた

http://www.pakutaso.com/assets_c/2013/02/C789_enpitutonote500-thumb-750x500-2529.jpg

 

平日に週2日インターンに行くため、授業を月火木の3日間に集中させていました。

休みの日はインターンに集中できたので悪くはないのですが、3日に集中させたので20単位を埋めるため(週1回の授業で2単位)、興味のない授業も結構とってしまいました。

今回、特に興味がわかなかったのは「税法B」。先生ごめんなさい。

法律関係とかなんとなく重要そうなのは分かるけれど、具体的に必要な場面が想像できないのかな?

「組織経営論」なんかは結構身近な問題なので(サークル運営、終活など)、楽しく勉強することができました。

仕方ない部分もあるけれど次の履修選択の時には意識しようと思います。

 

f:id:jimpeipei:20141103202532p:plain

テスト期間終わって一段落ですが、やっぱり反省を次に活かさなきゃ意味がない!

大学生活もいつの間にかあと一年間だけになってしまいました。

勉強もその他もろもろも出来るだけ色んなことに挑戦していく一年にしよう!

 

ほんならまた!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で