【レビュー】竜神大吊橋で日本一100メートルのバンジージャンプに挑戦!圧倒的達成感…!

SPONSORED LINK

バンジージャンプ。それは男の晴れ舞台。

ついに日本一100メートルの竜神大吊橋からのバンジージャンプに挑戦してきたぜいぇー!!

 

 

竜神大吊橋100メートルからのバンジージャンプ

f:id:jimpeipei:20150906155544j:plain

バンジージャンプの料金

一般料金
・1回目: 15,000円
・同日2回目: 7,000円
・2回目以降: 10,000円(要認定書&身分証明書)
・みなかみ・猿ヶ京・五木バンジーの経験のある方: 1,000円割引
(要認定書&身分証明書) 

日本一の竜神バンジージャンプは普通に飛ぶと15000円。リピート割引もあります。

 

同じバンジージャパンの運営する、みなかみ・猿ヶ京・五木バンジーは竜神に比べると安いです。他には関東だと、よみうりランドマザー牧場でできるみたいです!

バンジージャパン

 

予約方法・日時

【定休日】 木、金
【時間】 9:00 ~17:00(16:30受付終了)
【予約方法】 予約ページから

電話予約・問合せ
0278-72-8133 (8:30 – 17:30)
ryujin@bungyjapan.com

予約はネットもしくは電話で可能。ぼくが行った9月1日でもそんなに混んでなかったので、基本的には普通に空いてそうです。

 

 

日本一竜神大吊橋からの100mバンジージャンプに挑戦してきた

高田馬場駅からレンタカーで3時間程。山を登って到着。

見えた!これだ!

f:id:jimpeipei:20150904153610j:plain

車内に湧き上がる悲鳴。

「絶対無理無理無理無理無理!!」

「えっマジで舐めてた」

「もう帰りたい」

「きゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

f:id:jimpeipei:20150904153620j:plain

駐車場に車を停める。意外と人がいました。

f:id:jimpeipei:20150904153616j:plain

車から降りて高さを確認する一行。

「無理。」溢れ出る悲痛の声。

f:id:jimpeipei:20150905221058j:plain f:id:jimpeipei:20150904153614j:plain

引きつった笑顔で集合写真。誰も心の底から笑っていない。。。

f:id:jimpeipei:20150905215241j:plain

 

受付…そしてバンジーへ…

バンジージャパンの受付へ。予約していた名前を伝える。

料金は…15000円。笑

高い。高すぎる。でも日本一だから仕方ない。

f:id:jimpeipei:20150904153626j:plain

名前、電話番号を入力。

なんか「死んでも責任取りません」的な同意書にもサインさせられた。(嘘)

f:id:jimpeipei:20150904153621j:plain

同意書にサインをした後は体重測定。

f:id:jimpeipei:20150904153625j:plain

体重測定が終わったら手に受付番号を書かれる。

と思ったら、みんな番号がバラバラ。これなに?と思って確認すると

f:id:jimpeipei:20150904153623j:plain

貰った受付票にWeight(PLUS 3KG)の文字が。つまりもとの体重に装着する器具の重さ3kgくらいを足した数字か書かれていた。

f:id:jimpeipei:20150904153624j:plain

体重測定後、器具の装着。インストラクターさんがちょいちょいギャグを挟んでくるけれど全然笑えない。

f:id:jimpeipei:20150904153632j:plain

器具装着後、小雨の中バンジー台へ。

f:id:jimpeipei:20150904153639j:plain

橋を渡るときの謎のテンション。

皆「うぇーい!」って言って恐怖をごまかしてた。

f:id:jimpeipei:20150905220829j:plain

橋の途中にバンジー台への入り口が。めっちゃ狭くて雨で足元がすべって怖い。

「狭いので後ろ向きに入ってくださいー」とのこと。

f:id:jimpeipei:20150905220007p:plain

 

もう逃げられない…いよいよ本番!

橋の下に降りてバンジージャンプの説明を受ける。

f:id:jimpeipei:20150905215931j:plain

見本のための人形がぶら下がっていてシュール。

f:id:jimpeipei:20150905220036p:plain

いよいよ…

飛ぶ順番を決めていったんですが、体重別で飛ぶ順番を指定されました。

赤(60キロ台)→黄(50キロ台)→青(70キロ台)という順番に。なんのためにジャンケンしたんだ!と最初に飛ぶことになった赤の人たち怒るww

飛ぶのを控えてビビる一同。

f:id:jimpeipei:20150905221345j:plain

下を見ると高過ぎるし、怖すぎる。出来るだけ下を見ないように。f:id:jimpeipei:20150906144709j:plain

f:id:jimpeipei:20150904153658j:plain

無理に笑おうとしても全く笑えない。

f:id:jimpeipei:20150904153651j:plain

飛ぶ直前の、装備の確認。怖い。怖すぎる。

f:id:jimpeipei:20150905221515j:plain f:id:jimpeipei:20150904153644j:plain f:id:jimpeipei:20150905221440j:plain

飛ぶ直前のタイミングでのカメラマンによる写真撮影。いらない。いらないすぎる。

f:id:jimpeipei:20150905221555j:plain

無理。無理。怖い。無理。怖い。

生きてるだけで幸せだったんだ。こんなところ来なかったらよかった。。。なんでしようと思ったんだ。

「もう15000円払っているから。」という事実だけが背中を押す。

f:id:jimpeipei:20150905221457j:plain

カウントが始まる。

5.4.3.2.1.

バンジー!!

もう飛ぶしかないっ!!!あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

f:id:jimpeipei:20150905221930j:plain f:id:jimpeipei:20150906150055p:plain f:id:jimpeipei:20150906150035p:plain f:id:jimpeipei:20150906150122p:plain f:id:jimpeipei:20150906150216p:plain f:id:jimpeipei:20150906150300p:plain f:id:jimpeipei:20150906150345p:plain f:id:jimpeipei:20151024212828g:plain

 

落下している間の自分にはどうにもできないという無力感。そして、初めての感覚に対する新鮮さ。怖い。けど楽しい!!!生きてる!!!

f:id:jimpeipei:20150905221528j:plain

 

地上への生還。

f:id:jimpeipei:20150905221252j:plain

 

解放。

f:id:jimpeipei:20150905221522j:plain

 

その時に沸き起こる感情。それは。

f:id:jimpeipei:20150906152944p:plain f:id:jimpeipei:20150906152925p:plain f:id:jimpeipei:20150906152901p:plain f:id:jimpeipei:20150906153004p:plain f:id:jimpeipei:20150905221535j:plain f:id:jimpeipei:20150905221508j:plain

 

認定証とburnを受け取る。

あなたは勇気を持って恐怖に立ち向かい、見事に克服しました。今日の達成感は、必ず今後のあなたの人生における様々な問題に立ち向かう自信と勇気を与えてくれるでしょう。あなたのチャレンジ精神の大きな一步を讃え、ここに認定いたします。

バンジー認定証からの引用

f:id:jimpeipei:20150905221542j:plain

 

burnでお互いの健闘を祝福。burnあんまり美味しくない。もしかしてバーンとバンジーがかかってるのか?今気づいたけど。聞けばよかった。

f:id:jimpeipei:20150905221914j:plain

美味しいソフトクリーム、クレミオで戦いの傷を癒やす戦士たち。

f:id:jimpeipei:20150905221239j:plain

お疲れ様でした。

 

日本一のバンジージャンプを飛んでみての感想

一度30メートルのバンジーを飛んだことがあったけれどそれとは全く違いました。からだから溢れ出る恐怖がもう尋常じゃない。けれど飛んでしまえばこっちのもの。

飛んでいる時の爽快感と、飛んだ後の達成感は他のものでは味わえないんじゃないかと思います。15000円というなかなかの料金ですが、その価値はありました。だって「日本一のバンジージャンプ飛んだよ!」って自慢したいじゃん。笑 ちなみに一緒に行った6人も全員飛ぶことが出来ました。その中には高所恐怖症の人も。

無理だと思っても、やってみればなんとかなるもんだ!自分に打ち勝ったという自信はすごく大事なので、怖いけれど、気になる人は飛んでみたらいいと思います。

最高でした!人生の「人生の100のリスト」確実に達成していってます。ドンドンやっていこう!

 

ちなみにぼくは面白そうな場所を探すときに、「日本最大級のレジャー・体験・遊びの予約サイト あそびゅー!」をよく使ってます。

このバンジーもランキング3位くらいに入ってました。

一緒に遊ぶ人がいない!って人はどこにもない旅を、みんなでつくる。 – トリッピースでメンバー集めると面白い人が集まっていいですよ!

夏休みが終わるまでもうひと遊びいっとこう!

 

バンジー飛ぼうと思うようなぶっ飛んだ人は多分こういう記事も好きだと思うので読んでください!笑

アホすぎる!吹っ飛んでなんぼのスポーツ「バブルサッカー」を体験してきた感想

【検証】渋谷ハチ公前でフリーハグではなくフリービンタをすると愛は生まれるのか

大学生3人が相席屋でワンチャン狙ってウェイウェイしてきた話|相席屋を120%楽しむコツを3つ紹介するよ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で