通学・通勤時間を有意義に変える「オーディオブック」がもう手放せなくなってしまった

SPONSORED LINK

スクリーンショット 2016-08-12 20.40.58

ぼくはキャンピングカーで移動しながら生活をしています。

車の運転中、特に高速道路で一本道を走っているときはとても暇なんですよね。

 

電車に乗った時に周りの人を見てみると、ボーッとしてるかスマホでゲームをしているかの二択。

移動時間をもっと有効活用するべきなのになーとその光景を見るたびに思います。

 

ぼくも、ずっと気になりつつ手を出していなかったのですが、始めて使った瞬間に良さにオーディオブックの良さに気づきました。

それから怒涛の勢いで購入しまくっています。

 

毎日の移動時間が長い方は、無駄な時間を減らすために使ってみてください。

これまでは通勤通学に時間をかけるあんてアホだと思ってましたが、オーディオブックがあるなら許せる。

主に使っているのはFebeのオーディオブック

FeBe

 

絶賛ハマっているオーディオブックを実際に使ってみた感想をまとめておきます。

 

AmazonAudibleとFebeどっちがいいの?

ぼくが使っているFebeのオーディオブックとは別に、

月1500円でオーディオブックが聴き放題になるAmazonAudibleというサービスもあります。(登録後1ヶ月無料、Amazonプライム会員なら3ヶ月無料なので使うならAmazonプライムに登録してからがお得です)

こちらは読めるオーディオブックの数が少ない&音声が全体的に雑なので、登録したもののほとんど使っていません。

Amazonなのでこれから在庫を増やしてくれそうな気がしますが、今はまだ使える段階ではないというのが結論。

 

手を使わなくても本が読めるのがオーディオブックの一番の利点

Febeのアプリ画面

Febeのアプリ画面

車の運転中に本なんか読めるわけありません。

でも、そんな不可能なことが実現できちゃうのがオーディオブック!!!

最近はずっと、iPhoneを車のスピーカーにつないでオーディオブックを流しながらドライブしています。

 

今では、30分の徒歩移動でも音楽を聞くよりもオーディオブックを聞くようになりました。

歩きスマホならぬ、歩きオーディオブックやで。

これが今の最先端。

ちなみに大体標準速度の1.5倍くらいがちょうど良いですね。アプリで自分好みの速度にして聞けますよ。

 

音声でもスラスラ頭に入ってくるし、むしろ文字より理解しやすい

懸念点であった音声で頭に入るのか?という点は全然大丈夫でした。

むしろ紙の本よりも集中力がいらず受け身で聞けるので楽です。

Febeのオーディオブックだと、プロの声優さんがそれぞれの本だけのために読んでくれているので理解しやすいんですよね。

小説の「世界から猫が消えたなら」と「もしイノ」では登場人物のセリフに感情を込めて読んでくれていたので、こちらもすごく感情移入しやすかったです。

 

1ヶ月オーディオブックを使ってみてのまとめ

  • AmazonAudibleよりも圧倒的にFebeが蔵書数が多く、音声が丁寧
  • 通勤通学時間を有効活用するならオーディオブックはとても良い
  • 音声は文字に劣らず頭にスラスラ入ってくる

1週間に1冊以上購入しているので、月4冊読書量が増えました。

インプット不足になっている方は、新しい習慣としてオーディオブックを取り入れてみてはどうでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で